はるか、ノスタルジィ

はるか、ノスタルジィ

1993.02.20公開

関連項目:芸能人目次 俳優 女優

顔写真クリック→プロフィール

 柴山智加  女学生(公園)
 石田ひかり  はるか / 三好遥子
 松田洋治  佐藤弘(慎介の青年時代)
 尾美としのり  太田登(はるかの家庭教師)
 増田恵子  佐藤統策の妻
 永島暎子  信乃(はるかの母)
 根岸季衣  紀宮の妻
 ベンガル  紀宮あきら(挿絵担当)
 勝野洋  綾瀬慎介(ペンネーム、小説家)
 岸部一徳  岡崎(編集長)
 入江若葉  居酒屋「雪むし」
 川谷拓三  佐藤統策(慎介の父)
   
 久石譲  音楽
 阪本善尚  撮影監督
 大林宣彦  監督
 薩谷和夫  美術監督

◯4分頃 小樽の港が見える坂の上(広大な奥行きのショット)

◯22分頃 小樽運河の撮影隊(セット?)

◯23分頃 ある朝突然あの海にアメリカの軍艦がびっしりと並んで浮かんだ

◯26分頃 忘れるという能力を持っていなかったら人生はほとんど地獄だ(港を見下ろす丘)

◯33分頃 少女をナメるんじゃないよ(強い表情のクロウスアップ)

◯36分頃 囁くように歌う校歌(小樽のアクセント)

◯40分頃 昔風の寿司屋(ごつい湯飲み茶碗)

◯50分頃 昔の色町(運河のそば、セット?)

◯57分頃 母親が客を取っている所を目撃

◯68分頃 佐藤弘と対面

◯82分頃 メインテーマのシンセアレンジ(中締め)

◯86分頃 昔風のカフェ

◯89分頃 ガラス越しのクロウスアップ(不気味な陰影)

◯92分頃 私を抱いてから行って

◯123分頃 三好遥子と対面〜キャミソールを強引に

◯149分頃 私たちはひとつの時間の中に全身を委ねた(新緑の輝き)

◯154分頃 佐藤弘が消える(明るい所に初登場?)

◯156分頃 海から舞い登ってくる小樽の雪

◯159分頃 老年の慎介が遥子(はるかの子)に本を渡す

◯2時間ドラマ的ムードもある叙情的なメインテーマ

◯小樽は坂が多い港町(尾道と共通)

関連項目:芸能人目次 俳優 女優