柄本佑

柄本佑

■柄本佑(えもと たすく)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 柄本佑

 

□生年

 1986(昭和61)12.16(射手座/B型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 和光高校

 早稲田大学芸術学校空間映像科

 

□略歴(満年齢)

 10年(24歳)朝ドラ「ゲゲゲの女房」出演。

 13年(27歳)映画「フィギュアなあなた」主演。

 19年(33歳)映画「火口のふたり」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「エドワード二世」「グッドバイ」「シュート・ザ・クロウ」

  映画 「美しい夏キリシマ」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「GONINサーガ」

  ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「風林火山」「知らなくていいコト」

  テレビ「メレンゲの気持ち」「さんまのまんま」「しゃべくり007」

  CM    「大塚製薬 カロリーメイト」「ソフトバンク」「WONDA モーニングショット」

 

□趣味

 映画観賞 写真

 

□特技

 キャベツの千切り

 

□サイズ

 182㎝ 

 

□特記事項

・父親は柄本明

・母親は角替和枝

・弟は柄本時生

・妻は安藤サクラ

■柄本佑

 

□幼少時代〜

・父親は俳優の柄本明。

・母親は女優の角替和枝。

・姉、3歳年下の弟がいる。

・大の映画好きだった両親の影響で自然に映画に興味を持った。

 両親は映画を見ているか、映画の話をしているか、家にいないかだった。

 両親の話について行く為には映画を観るしかなかった。

 両親に「今日学校どうだった?」と訊かれたは一度もなかった。

 小学校の卒業文集に「将来映画監督になりたい」と書いた。

・劇団東京乾電池(両親がやっていた劇団)の舞台をよく本多劇場で観た。

 楽屋にランドセルを置いて舞台裏を探検した。両親が稽古中は劇団員に遊んで貰った。

・小学校時代、机にあった500円玉をくすねて弟と一緒にお菓子を買って父親に激しく怒られた。

・高校時代、コミュニケーションの取り方が判らなくてバスケットボール部を半年で辞めた。

・学生時代、団体行動が苦手だった。高校最後の体育祭を近所の喫茶店でサボった。

・学生時代、マンガ部。※要確認

・学生時代、卓球部。

・学生時代、友人が少なかった。友人と遊ぶより映画館で映画を観る方を選んだ。

・毎年家族旅行でハワイに行った。

・反抗期の時期に映画の仕事を始めたので本格的な反抗期はなかった。

 親に「撮影から帰って来たら(子供が)おじさんになっていた」と言われた。


■柄本佑

 

□私生活①

・好物…冷や飯。ラーメン(ラーメンの箸上げ動画を撮るのが好き)。

 辛いもの。

・嫌いな食べ物…甘いもの。

・食事は1日1回(基本は昼食)をしっかり食べる。

 朝は果物のみ、夜は酒のつまみ程度。

 このパターンで過ごすようになってから体重が10㎏以上落ちた。

・外出自粛期間中に料理を始めた(=20年)。

・歯を磨いて寝る前にタバコを1本だけ吸う(=19.06現在)。

・健康法…筋トレ。

・天然パーマ。梅雨の時期に髪の毛を伸ばしていると外ロールになる。

・汗っかき。

・単純作業を黙々とやるのが好き(洗い物、洗濯物をたたむ、など)。

・好きなマンガ…「銀魂」。

・好きな歌手…フィロソフィーのダンス(4人組女性アイドルグループ)。

・好きな映画監督…マノエル・ド・オリベイラ。デビッド・クローネンバーグ。

・映画のディスクを約500本所有。

 様々な作品の気に入ったシーンを延々見る。

 1作品まるごと見る事は殆どない。

・TikTokをよく見る。

 ダラダラと5時間見続ける事がある。

・日本のギャルは世界に誇れる文化だと思っている。

・仕事で貰った花束をドライフラワーにする。

・写真が好き。カメラをたくさん持っている。自分で現像する。

・ジーパンを多数所有。

・スニーカーが大好き。ニューバランスの靴が好き。

・子供の頃から下北沢に住んでいる(=20.12現在)。


■柄本佑

 

□私生活②

・いきつけ…居酒屋「コシャリ」(下北沢=21.01現在)。

・映画館で映画を観るのが大好き。

 年間100本以上観る事を自らに課している。

 一番観ていた時期は年間250本観た。

・にっかつロマンポルノ、ピンク映画が大好き。

 ピンク映画専門館で鑑賞中に男性に手を握られた事がある

 (以来ひとりで行けなくなった)。

・スマホ(iphone)からガラケーに戻した。

・父親と仲が良い。一緒に映画を観に行く。

・母親は18年他界(享年64)。

 母親を「和枝さん」と呼んでいた。

・姉は映画制作の仕事をしている(=12.07現在)。

・弟と仲が良い。一度もケンカした事がない(=14.07現在)。

・自分の家族と妻の家族全員が芸能活動に関わっている。

・女性の脚フェチ。

・あきた十文字映画祭で弟の紹介で妻と知り合った。

 初対面で妻の「はじめまして」という声を聞いた瞬間にビビっと来た。

・奥田瑛二に交際の許可を求める台詞を義母(安藤和津)と妻が考えてくれた。


■柄本佑

 

□人間関係

・高良健吾…友人。手をつないで歩いた事がある。

 一緒に長野にキャンプに行った。

・小栗旬…友人。筋トレ友達。小栗の自宅に遊びに行った事がある。

・菅田将暉…友人。菅田の自宅に遊びに行った事がある。

・柄本佑、えなりかずき、小島瑠璃子…よく3人で食事(食べ歩き部)。

 えなりを「なりさん」と呼ぶ。

・森山直太朗…友人。

・市原隼人…映画「チェケラッチョ!!」で共演して男同士でキスシーン。

・吉高由里子…ドラマ「知らなくていいコト」で共演、キスシーンが話題になった。

・爆笑問題…大好きな芸人。DVDを多数所有。

・ダウンタウン…大好きな芸人。

・城島茂…憧れている芸能人。

・薬師丸ひろ子…中学時代から憧れている芸能人。

 ライブに招待されて挨拶した時に緊張でまともに話せなかった。

・柄本時生…弟。俳優。

・奥田瑛二…義父。よく一緒に食事。酔うと「パピー」と呼ぶ。

 奥田が監督した映画「今日子と修一の場合」に出演。

・安藤和津…義母。タレント、エッセイスト。

・安藤桃子…義理の姉。映画監督。

・安藤サクラ…女優。12.03.14入籍。交際3年で結婚。

 映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」ドラマ「書店員ミチルの身の上話」で共演。

・子供:

 第1子…17.06.27発表。


■柄本佑

 

□エピソードなど

・オーディションに合格して映画「美しい夏キリシマ」に主演。

 キネマ旬報ベストテン新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。

・舞台「ジョンとジョー」で弟・柄本時男と共演(=08年)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=13年6月22日放送分)。

・映画「帰郷プレスリー」を監督(初監督作品=11年)。

・体調不良の妻の代打としてラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に出演(=14年)。

・妻に言われて描いた独特なタッチの絵がドラマ「まんぷく」に使われた。

凡例:20.01現在=2020年1月現在