IKKO

IKKO

関連項目:芸能人目次 LGBT 1962年誕生


■IKKO(いっこー)

 

□肩書き

 タレント ヘアメイクアーティスト

 

□本名

 豊田一幸(とよだ かずゆき)

 

□生年

 1962(昭和37)01.20(水瓶座/A型)

 

□出身地

 福岡県田川郡方城町

 

□出身校

 方城町立伊方小学校

 方城町立方城中学校

 福岡県立西田川高校 

 北九州美容専門学院

 

□略歴(満年齢)

 89年(27歳)ヘアメイクアーティストの仕事を始める。

 04年(42歳)テレビ「ジャスト」出演。

 14年(52歳)テレビ「バイキング」出演。

 ※他の主な出演:

 ドラマ「独身貴族」

 テレビ「メレンゲの気持ち」「行列の出来る法律相談所」「ダウンタウンDX」

 CM「ロッテ レモビタのど飴」「NTT東日本 フレッツ光」「カネボウ化粧品」

  

□特技

 書道

 

□サイズ

 靴のサイズ25.5㎝

■IKKO

 

□幼少時代〜

・実家はトヨダ美容室。

・4人きょうだいの長男(4歳年上の姉、2歳年上の姉、6歳年下の妹)。

・父親は典型的な九州男児だった。

・物心がついた時に「自分は女」だと思った。

・姉や姉の友人と家の中でままごとや人形遊びをするのが好きだった。

・山本リンダの曲で踊るのが好きだった。

・父親に男の子の遊びを仕込まれたがやっていて全然楽しくなかった。

 キャッチボールをするとボールが顔面に当たった。

・子供の頃、男の子相手にお医者さんごっこをしてパンツを下ろした。

・子供の頃、身長が大きくならないようにあえて小さいサイズの靴を履いていた。

・小学校時代、半ズボンの裾をパンツの中に入れてブルマーっぽく着ていた。

・小学校時代、運動が大嫌いで運動会前には体調を崩して発熱した。

・小学校時代、ドラマ「アテンション・プリーズ」を見て客室乗務員に憧れたが、

 姉に「あなたは男なんだから無理」と言われてショックを受けた。

 その姉は後に客室乗務員になった。

・小学校時代、担任の男性教師が好きだった。

・小学校時代、成績優秀でスポーツ万能の同級生(男の子)が好きだった。

・小学校〜中学時代、きょうだいと一緒にヤクルト配達のアルバイト。

・中学時代、「オカマ」と呼ばれてイジメられて登校拒否になった。

・中学時代、校則の坊主頭と学ランが大嫌いだった。

・中学時代、母親が仕事をしているのを見て美容師を志した。

・中学時代、体を見られるのが嫌だったので修学旅行で真っ先にお風呂に入った。

・高校時代、内面を隠して男らしくふるまっていた。

・高2の時、女子と交際に挑戦したがプラトニックな関係以上には進めなかった。


■IKKO

 

□私生活①

・好物…寿司(大好物、特にエンガワの握りが好き)。

 カレー味のカップラーメン(納豆をのせて食べる)。

 プテチゲ(韓国ラーメン)。豚キムチ。肉。焼鳥の皮。餃子(大好物)。

 明太子。マーボーナス。小山ぷりん。炭水化物。和食。韓国料理。

・嫌いな食べ物…なます。

・得意料理…カレーライス。特製チャーハン。豆腐チヂミ。

・夜中に目が覚めて冷蔵庫の中のものを半ば無意識に食べてしまう癖がある。

・自宅で摂る夕食はシンプルな和食。

・毎日料理をする。

 食材を大量に作りおきしておく(日付シールを貼ってタッパーで管理)。

・酒はあまり飲めない。

・健康法…酵素。青汁。生姜茶。タウリン。薬草風呂。

 頭皮マッサージ。入浴した時にハチミツを体に塗る(数分後に流す)。

 抗糖化コスメ。イオンスチーマー。リンパマッサージ。

 鍼。ヒアルロン酸水光注射。560倍プラセンタ注射。

 皮膚再生(臍帯血)。皮膚再生(PRP)。レーザーリフティング。

 自らの血液から分離させた血小板を顔面に注入する美容メンテ(1回40万円)。

 ウォーキング(1日1時間、海外でも歩く)。

・30歳の時から数年間、仕事のストレスによるパニック障害を患った。

 パニック障害による呼吸困難と血圧上昇で入院した。

 夜になると症状が出て何度も緊急病院のお世話になった。

・気管支炎で入院(=09年)。

・1日3時間のウォーキングで2年間で20㎏のダイエットに成功(85㎏→65㎏)。

・花粉症。

・冷え性。夏場はゆたんぽを持ち歩く。

・体温が低い(35℃程度)。

・「自分は女だ」と強く思い込んで自分でホルモンのバランスを変える。

・緊張すると歯磨きの回数、トイレに行く回数が増える。

・エキストラバージンオイルを使った天然石鹸「ガミラシークレット」を愛用。

・超高級ベッドを愛用(ベッドと寝具で250万円)。

・夜中に3回目が覚める。目が覚める度に美容液で保湿する。

・機械オンチ。

・1回使う度にトイレ掃除をする。

・片付け魔。

 部屋にゴミ箱を置かずゴミが出る度に家の外のゴミ箱に捨てる。


■IKKO

 

□私生活②

・韓流ドラマが大好き。

・ドレクセルの家具、シリックの家具、ペルシャ絨毯、バカラのグラスを愛用。

 300万円のソファセットを持っている。

・自宅にオンドルソファがある。

・アンティークの家具、食器が好き。

・自宅にいる時は家中のドアを開けっ放しにする。

 トイレを使う時もドアを閉めない。

・胡蝶蘭が大好き

・普段はノーメイク。

・香水が好き。濃厚な香りが好き。

 世界各国の香水を収集。自分でブレンドする。

・着物、ジャージが好き。

・セーブルの毛皮のコート(値段は1000万円)を愛用。

・ウンガロのドレスが好き(1点200〜300万円)。

・衣装は好みではなく流行しているものの中から選ぶ。

   1ヵ月の衣装代は最低200万円、多い時は1000万円。

・13㎝以上のヒールしか履かない。

・エルメスのバッグを多数所有(総額約3800万円=14.05現在)。

・時価650万円のバッグ(バーキン・ポロサス)を長年愛用(=18.10現在)。

・収集…かんざし(約1000個所有)。

・ペット…

 犬(名前はドゥース、2歳=20.01現在)。

 犬(名前はペコ、牡8歳=20.01現在)。

 犬(ロングコートチワワ、名前はユウ、牡9歳以上=13.05現在)。

・引越しが好き。更新の度に引越す。

 これまでの引越し回数は15回(=12.03現在)。

・3階建ての一軒家(02年落成)を衣装部屋として使っている(=13.03現在)。

・住んでいる所…

 賃貸マンション(7LDK、300㎡、リビング・ダイニング45畳=14.04現在)。

・住んでいた所…東京・中目黒(ワンルーム、家賃8.5万円、上京当初)。

・別荘がある所…

 群馬県北軽井沢(敷地600坪、国立公園の中にある、天然温泉=18.11現在)。


■IKKO

 

□私生活③

・いきつけ…

 「鮨一」(銀座=14.03現在)。

 「ぶどうの木」(銀座、スフレがおいしい)。

・買物をする時は値段を見ずに即決で買う。

   気にいった洋服は同じものを2〜3着まとめ買いする。

・温泉が好き。よく混浴の露天風呂に入る。

・馬から落馬した事がある。

・新大久保が好き。

・韓国が好き。韓流スターが大好き。

 最低でも月1回、多い時は月3回行く。

 韓国のガイドブックを多数出版。

・就寝中に不審者に自宅に侵入された事がある(上京当初、被害なし)。

 道路に面した1Fの部屋で窓を開けて寝ていた。

 ※「幸せ!ボンビーガール」20年4月14日放送分

・カラオケの十八番…山本リンダ「どうにもとまらない」。

・神経質。

・手紙をよく書く。

・両親に彼氏を紹介した事がある。

・父親は肝細胞がんで他界(享年78=08年)。

・84歳の母親は現役の美容師(=20.01現在)。

・好きなタイプ…細身で筋肉質の男性。

・ノンケの男性が好き。

・幼稚園の頃からゲイの自覚あり男性が好きだった。

・子供の頃から「魔性の女」を研究していた。

・19歳の時に男性を相手に初体験。

・20代の頃はたくさん遊んだ。

・狙った男性と外食した時に好きな料理を覚えて味覚に合わせて料理を作る。

・さんざん尽くした彼氏に「ウザい」と言われてフラれた事がある。

・約17年交際した彼氏と09年2月に破局。


■IKKO

 

□人間関係

・KABA.ちゃん…親友。

・相田翔子…友人。相田のヘアメイクを長年担当。

 「ビーチク1号」「ビーチク2号」と呼び合う。

・植松晃士…友人。

・泉ピン子…「おねえさん」と呼んで慕っている。

・松尾駿(チョコレートプラネット)…IKKOのモノマネをする。

 松尾に衣装をたくさんプレゼントした。

・高橋ひとみ、多岐川裕美、檀ふみ、羽田美智子、萬田久子、余貴美子

 …ヘアメイクを担当。

・逸見政孝…逸見の専属ヘアメイクをやっていた。逸見から仕事のアドバイスをして貰った。

 93年に逸見が他界した時に死化粧をした。

・松崎しげる…顔が似ているとよく言われる。

・竹田純…バレエダンサー。IKKOのコンサートでバックダンサーを務めた(=10年)。

・モモエママ…親友。ゲイバーのママ。同じ九州出身。

・澤飯公子…ヘアサロン「髪結処サワイイ」時代の師匠。

・池田重子…着物デザイナー。毎月着物を作って貰う。

・武田修宏…憧れている人。

 テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」の企画でディープキス(=11年6月27日放送分)。

・綾部祐二(ピース)、島田紳助…憧れている芸能人。

・チョ・ハンソン…憧れている芸能人(韓流スター)。

・梓みちよ…子供の頃から憧れている歌手。

・澤飯公子…「髪結処サワイイ」のフロアマネージャー。相談相手。

・姉…経理を担当。


■IKKO

 

□エピソードなど

・専門学校卒業後、夜行列車で上京。

・ヘアサロン「髪結処サワイイ」で8年間修業。

 最初の約3年間は住み込み(与えられた部屋は3畳だった)。

 修業はとても厳しかった(同期入社の殆どは途中でやめた)。

 毎日ロッドを巻く練習をして数々のコンテストで優勝、

 25歳の頃に店のトップスタイリストになった。

・上京当初の給料は5万円。

 食費節約の為にインスタントラーメンを4分割して味を変えて食べていた。

・アトリエIKKOを設立(=92年)。

・舞台、テレビ、CM、女性誌で数多くのモデル、女優、タレントのメイクを手がける。

 NHK紅白歌合戦、雑誌「美しいキモノ」「家庭画報」の表紙を担当。

・完璧を目指し過ぎて弟子が次々と辞めていった時期があった。

・ストレスによる過換気症候群で倒れて入院(=02年)。

 退院後約4年間度重なる発作に悩まされた。

・初エッセイ集「超オンナ磨き」出版(=06年)。

・自宅を「天才!志村どうぶつ園」で公開(=07年6月23日放送分)。

・シングル「どんだけ〜!の法則」をリリース(=07年)。

・「どんだけ〜!」が流行語大賞に選ばれた(=07年)。

・別荘を「おしゃれism」で公開(=08年2月17日放送分)。

・雑誌「anan」でセミヌードを披露。

・サインをかく為の筆やペンを約100本持ち歩く。

・日本に紹介した韓国製化粧品「BBクリーム」が女性の間でブームになった。

・トークとメイクと歌と踊りのショーを各地で開催(=09年)。

・韓国観光名誉広報大使(=09年)。

・主なギャグ(?)…

 「どんだけ〜」「まぼろし〜」「も〜うそ〜う」「グイグイ来る〜」。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=11年10月8日放送分)。

・顔を綺麗に見せる為に髪の生え際にテープを貼って顔面を引っ張りあげる(カツラで隠す)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=12年8月11日放送分)。

・本番前のメイクに3時間かかる。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=13年5月4日放送分)。

・モデルとしてファッションショーに定期的に出演。

・女性ファッション雑誌の表紙に何度も飾った。

・海外セレブのレセプションパーティーに度々ゲスト出演。

・顔のたるみをテープで補正する。

・自宅を「ウチくる!?」で公開(=14年3月16日放送分)。

・自宅を「バイキング」で公開(=14年11月17日放送分)。

・別荘を「メレンゲの気持ち」で公開(=15年6月6日放送分)。

・福智町観光大使(=19.10現在)。

・副業…セレクトショップ「Pink」(福岡)。コスメプロデュース。

・主な著書…「美脚革命」「IKKO キレイの魔法」「IKKO心の格言200」。

凡例:20.01現在=2020年1月現在

関連項目:芸能人目次 LGBT 1962年誕生