川井梨紗子

川井梨紗子

2016/08/19更新

■川井梨紗子(かわいりさこ)

 

□肩書き

 レスリング選手(58㎏級、63㎏級)

 

□生年

 1994(平成06)11.21(射手座)

 

□出身地

 石川県津幡町

 

□出身校

 至学館高校

 至学館大学

 

□略歴(満年齢)

 14年(20歳)世界ジュニア連覇。

 15年(21歳)世界選手権準優勝(63㎏級)。

 16年(22歳)リオ五輪金メダル(63㎏級)。

 

□サイズ

 160㎝

 

□特記事項

・リオ五輪金メダル

有名人データベース PASONICA JPN

■川井梨紗子

 

□幼少時代〜

・父親はレスリングをやっていた。グレコローマン学生2冠(74㎏級)。

・母親はレスリングをやっていた。89年世界選手権7位(63㎏級)。

 レスリングクラブのコーチを務めていた。

・妹が2人いる。

・小2の時、父親に勧められてレスリングをはじめた。

・母親に「攻めないとレスリングじゃない」と言われて育った。

・小学校の卒業式の壇上で「将来の夢は夢を与えるスポーツ選手になる事です」と宣言した。

・高校時代、寮生活。

 

□私生活

 

□人間関係

・川井友香子…妹。リオ五輪代表の座を争った。

・栄和人…担当コーチ。

 リオ五輪の勝利パフォーマンスで投げ技連発後に肩車をした。

 

□エピソードなど

・本来の階級は58㎏級。

 14年全日本選手権の58㎏級で伊調馨に敗れて63㎏級で五輪を目指す事にした。

 リオ五輪後に58㎏級に再転向する事を表明。