なすび

なすび

2016/05/06更新

■なすび

 

□肩書き

 俳優 タレント 

 

□本名

 浜津智明

 

□生年

 1975(昭和50)08.03(獅子座/O型)

 

□出身地

 福島県

 

□出身校

 専修大学法学部

 

□略歴(満年齢)

 98年(23歳)テレビ「電波少年」に出演(懸賞生活)。

 99年(24歳)テレビ「メレンゲの気持ち」に出演。

 05年(30歳)ドラマ「TRICK」に出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ファンタスティックス」

  映画 「Rodeo Drive」「るにん」「M」

      ドラマ「OUT 妻たちの犯罪」「嫌われ松子の一生」「水戸黄門」

  テレビ「おしゃれカンケイ」「天才てれびくん」

  CM  「ハウス食品 うまかっちゃん」

 

□趣味

 お菓子作  献血 サッカー

 

□特技

 料理

 

□サイズ

 180㎝ 靴のサイズ29㎝

有名人データベース PASONICA JPN

■なすび

 

□幼少時代〜

・父親は警察官。

・姉がいる。

・子供の頃は丸顔だった。

・幼稚園の先生に初恋。

・子供の頃から人を笑わせるのが好きだった。

・小学校に入った頃には顔が長くなってイジメられた。

・父親の転勤で小学校を3回転校した。

・中学〜高校時代、卓球部。

・高校は男子校。

・成績は優秀で、専修大学法学部に推薦で合格。

 

□私生活

・顔の長さは約30㎝。

 ※両親、きょうだいは全員普通の大きさ

・懸賞生活終了後しばらくは普通に服を着ていると汗をかいた。

・語尾あげなどの若者言葉が大嫌い。

・「バカ真面目な人」と言われた事が何度もある。

・25歳まで女性と交際経験がなかった。

有名人データベース PASONICA JPN

■なすび

 

□懸賞生活のエピソードなど

・正式な企画タイトルは「電波少年的懸賞生活」。

・「人は懸賞だけで生きてゆけるか?」に1年2ヵ月挑戦した(日本で11ヵ月、韓国で3ヵ月)。

 6畳一間のアパートで懸賞ハガキを出し続ける生活を送った。

 日本のアパートは新宿にあった(日本テレビの近所)。

・企画のノルマは「懸賞商品の合計金額100万円」だった。

 ※その後の「韓国編」は「懸賞商品の合計金額が日本ー韓国の航空券のチケットの金額相当」

・出したハガキの総数は7万枚以上(ハガキ代は350万円以上)。

・出演者は「今回のネタは運だけが必要だから」とクジびきで選ばれた。

・企業が宣伝の為にわざとなすびを当選させる可能性があるのでプロフィールを伏せていた。

・据え置きのビデオテープは2時間おきに自分で交換した。

・スタッフがビデオテープを取りに来た時に一生懸命話しかけたが殆ど答えてくれなかった。

・身に付けるモノが当たるまで全裸で過ごしていた。

 最初は恥ずかしかったがそのうちに見られているという意識もなくなってきた。

・ファイバーゼリーが当たるまで乾パンと水で半月間過ごした。

・常に空腹だったので性欲が生じなかった。

・鍋がなかったのでパック飲料のケースを使って米を炊いた。

・ドッグフードの味は「ちょっと変わったスナック菓子」で食べるうちに慣れてきた。

・企画を放り出して途中で出て行こうと思った事があった。

・イギリスの高級紙「ザ・タイムズ」に1頁に渡って紹介された(=99.07.20日号)。

・途中で何度か健康診断を受けた。

 終了後の健康診断で「栄養失調」と診断された(身長180㎝で体重40㎏台)。

・懸賞生活中に書いた日記をまとめた著書「懸賞日記」がベストセラーになった。

・懸賞生活であたった変な商品:

 アントニオ猪木写真集

 第51回日本選手権競輪ビデオ

 広末涼子ポスター(非売品)       

 英会話体験レッスンチケット

 浮き輪

 東京ワギガ研究所のビデオ「悔いのない多汗・ワキガの治療法」

 裁縫セット

 自動翻訳機「流暢ユーロトラベルⅢ」

 地球儀(5月10日放送)

  力石徹の人形

  モデルさん使用済パンティー(小さすぎてはけなかった)

凡例:16.01現在=2016年1月現在