デーブ・スペクター

デーブ・スペクター


■デーブ・スペクター

 

□肩書き

 タレント 放送プロデューサー

 

□本名

 デービッド・スペクター

 

□生年

 1954(昭和29)05.05(牡牛座/O型)

 

□出身地

 アメリカ シカゴ

 

□出身校

 フレメネンエレメンタリースクール

 レモインジュニアハイスクール 

 レインテックハイスクール

 シカゴIB放送大学卒業

 

□略歴(満年齢)

 83年(29歳)テレビ「笑っていいとも!」出演。

 92年(38歳)ドラマ「ゴーストスープ」主演。

 97年(43歳)映画「GOING WEST西へ…」主演。

 ※他の主な出演:

  テレビ「ザ・ワイド」「情報ライブ ミヤネ屋」「サンデージャポン」

  CM 「日清やきそば UFO」

 

□趣味

 ミニチュアカー収集 競馬

 

□資格・免許

 剣道初段 画商資格 放送免許 セスナ操縦免許


■デーブ・スペクター

 

□幼少時代〜

・9歳の時、父親が経営していた建設会社が倒産。

   郊外の一軒家からシカゴ市内のアパートに引っ越した。

 生活ランクは下がったが町の中心部に住めたのが嬉しかった。

・11歳の時、日本人の転校生(ワタル君)に日本語をホメられて日本オタクになった。

 日本語教本で丸暗記して「郵便局はどこですか?」と話しかけた。

・週に1回日本語学校に通って本格的に日本語を習得。

 日本語のマンガや雑誌「週刊明星」「平凡パンチ」などを読んだ。

 ワタル君の姉に手紙を出した。

・ワタル君の家でチキンラーメンをごちそうになってインスタントラーメンが好きになった。

・中学時代、日本語弁論大会で2年連続優勝。

 「剣道と武士道精神」「三島由紀夫の生涯と自殺」を論じた。

・工業高校で電気工学などを勉強した。

・高校は全校生徒約6000人であらゆる民族・人種がいた。

・日比谷高校生と文通していた。

・ハイスクール時代、日系人向けに企画された大阪万博のツアーに参加して初来日。

・17歳の時、父親が他界。

・18歳の時、来日して上智大学に1年半留学。

   子役時代にためた自分の貯金から毎月5万円を仕送りして貰って下宿生活。

 生活費が足りなかったのでアメリカから持ってきたレコードのコレクションを売った。

 百科事典のセールスのアルバイトをした。

   現金が5円足りなくてインスタントラーメンが買えなかった事があった。


■デーブ・スペクター

 

□私生活

・好物…坦々麺。インスタントラーメン。鶏肉。ファーストフード。

・食事はほとんど外食か出前。

・髪の毛を脱色して金髪にしている。

・平均睡眠時間は3〜4時間。

・好きな歌手…郷ひろみ(大ファン)。

・衣食住にお金を惜しまずに今を楽しむ主義。

・洋服が好き。

・衝動買いが好き。

・あらゆる番組を朝から晩までチェックする。

 全部の番組を同時にチェックできるように多数のモニターが並べている。

 日本のテレビ番組(主にバラエティ)を多数買い付けてアメリカのテレビ局に紹介する。

・常に新鮮な情報を仕入れる為に海外の雑誌を30誌定期購読。

・世界限定300枚のアンディ・ウォーホールの絵画を所有。

・ネクタイを数えきれない程所有。

・高い所にある部屋に住むのが好き。83年に来日後11年間ホテルで暮らしていた。

 一番長かったのは東京ヒルトンの25階のスイート(約8年間)。

・住んでいる所…東京都千代田区(超高級マンション、広大な1LDK、

 リビングの窓から国会議事堂が見える、リビングの一角にバーカウンター=20.03現在)。

 自宅と同じフロアに仕事&衣装部屋がある(=15.09現在)。

 広さ50坪以上家賃300万円(=99.03現在)。

・自宅マンションの駐車場で愛車のエンジンが爆発した事がある。

 消防車30台が出動する大騒ぎになった。

・これまでに使った約30機種の携帯電話機を全部取っておいてある。

・メールが大好き。

・自宅に50人を招待してホームパーティー。

・若い頃、ディスコで酔いつぶれた女性を狙ってナンパしていた。

・制服フェチ。特にマクドナルド、小田急ロマンスカーの制服が好き。

・友達の彼女とセックスした事がある。

・外国の女性にモテる。イギリス、フランス、中国、香港の女性とセックスした事がある。

・番組の生放送中にセットの裏で出演者の女の子とセックスした事がある(=ネタか?)。

・20代前半の頃、9歳年上の客室乗務員と4年間同棲。

・妻はアメリカ・ロサンゼルスのホテルオークラ(仕事でよく利用)でフロント係をしていた。

・交際1年で結婚。

・妻の方からプロポーズされた。

・妻はほとんど料理は出来ないので食事はほとんど外食。

 妻に「料理を作る時間があったらエステに行って綺麗にしてなさい」と言っている。

・妻が寝た後も仕事をして毎朝コーヒーと新聞を持って行って妻を起こしてあげる。

・会社の経理を妻が担当。

・レストランや映画はまず自分で試して確実に良い店・作品に妻を連れて行く。

・結婚記念日、バレンタインデイ、誕生日に手作りのカードとプレゼントを妻に贈る。

・妻の前でくしゃみ、おならなどの生理現象をしない。


■デーブ・スペクター

 

□人間関係

・笠井信輔…親友。

・曙…友人。結婚式や断髪式に出席。

・橋下徹…友人。橋本を「サンデージャポン」に紹介した。

・キャメロン・ディアス…友人。キャメロンが来日すると必ず会う。

・安倍晋三、石田純一、片岡鶴太郎、デーブ・スペクター、酒井ゆきえ、松任谷由実

 …昭和29年会のメンバー(04年発足)。

・アグネス・チャン…上智大学留学時代の同級生。

・和田アキ子…同じマンションに住んでいる(=09.04現在)。

 和田に英語を教えた事がある。

・マイケル富岡…CM「日清やきそば・UFO」で共演。

・橋下徹…デーブの紹介で全国ネットのバラエティに出演。

・電撃ネットワーク…デーブの紹介でアメリカの番組に出演したのをきかっけに世界に進出。

   「TOKYO SHOCK BOYS」海外用グルー名をデーブが命名。

・ウエンツ瑛士…好きなタレント。

・加山雄三…憧れている芸能人(大ファン)。

・羽野晶紀…生放送中に羽野を口説いた事がある。

・京子…81.11.08シカゴのシアーズタワーで挙式。2歳年上。


■デーブ・スペクター

 

□エピソードなど

・子役としてテレビ、ミュージカルなどに多数出演。

 コーンフレークのCMに出演してナレーションを担当。

・大学卒業後、DJ、雑誌編集、放送作家などをしていた。

 放送作家としてプロのコメディアンのためにジョークやギャグを考えていた。

・アメリカAB放送のプロデューサーして番組の買い付け等の為に来日した。

・世界のパパラッチ映像をインターネット回線を使って送って貰って日本の番組に提供する。

・アメリカの友人に「お前の英語はおかしくなっている」と言われる。

・芸能プロダクション・スペクターコミュニケーションを設立(=90年)。

・CM「日清やきそば UFO」に悪役ケトラーで出演。

 ヤキソバン(ヒーロー)の宿敵、日本中のヤカンの独占を企む悪役。

・ビデオ映画「UFO仮面ヤキソバン怒りのあげ玉ボンバー」に出演(=94年)。

・英検1級の合格証書を大切にとっておいてある(=ネタか?)。

・「実は日本人で埼玉県出身」「実はアメリカのスパイ」と噂されている。

・芸人のギャグや突っ込みを解析して自分なりにアレンジして使う。 

・ワイドショーでのコメントの為に膨大な資料を集めて勉強する。

・くだらないダジャレ、笑えないギャグが得意。

 「芸名を『だいぶ・すべったー』に変えました」という自虐ネタを持っている。

 カンペで「つまらない話をして下さい」と指示を出される。

・副業として画商の仕事を手掛ける。

・義母・青木きみ、義兄・青木壽男が「ウチくる!?」にVTR出演(=06年7月1日放送分)。

・芸能プロダクションと制作会社を経営。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=09年6月13日放送分)。

・自宅を「火曜サプライズ」で公開(=15年9月29日放送分)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=19年4月6日放送分)。

・主な著書:

 「英語で外人を笑わせる法」

 「日本人は英語が得意」

 「僕はこうして日本語を覚えた」

凡例:20.01現在=2020年1月現在