高橋幸宏

高橋幸宏


■高橋幸宏(たかはし ゆきひろ)

 

□肩書き

 ミュージシャン 音楽プロデューサー

 

□所属グループ

 サディスティック・ミカ・バンド

 イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)

 

□本名

 高橋幸宏

 

□別名

 高橋ユキヒロ

 

□生年

 1952(昭和27)06.06(双子座/A型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 立教中学校

 立教高校

 武蔵野美術大学中退

 

□略歴(満年齢)

 78年(26歳)YMOとしてアルバム「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」をリリース。

   87年(35歳)映画「4月の魚」主演。

 94年(42歳)テレビ「AXEL」出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「だいじょうぶマイフレンド」「天国にいちばん近い島」「ノルウェイの森」

  テレビ「極楽TV」「恋のバカンス」「デカメロン」

  ラジオ「オールナイトニッポン」

 ※YMOの主な楽曲:

  「ライディーン」「テクノポリス」「君に、胸キュン。」

 

□趣味

 ビリヤード ボウリング 釣り

■高橋幸宏

 

□幼少時代〜

・兄、姉がいる。

・子供の頃、近所の多摩川が遊び場だった。

・10歳の時にドラムをはじめた。

・小学校時代、ロックバンドを結成。

・中学〜高校時代、映画が大好きだった。

 映画「男と女」を映画館で10回観た。

 映画「個人教授」を10回観た。

 

□私生活

・ワインが好き。

 バキュバン(飲み残しワイン保存用の栓)を愛用。

・色々な健康食品を試すが2週間で飽きる。

・東日本大震災が起きる直前に動けないくらい重いギックリ腰になり、

 その1か月後に急性虫垂炎で緊急手術を受けた(=11年)。

・脳腫瘍の摘出手術を受けた(=20年8月)。

・花粉症。

・好きな映画…「明日に向って撃て!」「リバー・ランズ・スルー・イット」。

・釣りが大好き。

 19歳の時、母親が急死したショックで神経症になり、医者のすすめで釣りを始めた。

 東京鶴亀磯釣り会会長。

 以前は海釣り(石鯛釣り)専門だったがルアーもやるようになった。

 釣りに行った場所で熊、マムシ、ススメバチ、ヤマヒルに遭遇した事がある。

・Twitterをやっている(=13.04現在)。


■高橋幸宏

 

□人間関係

・上原さくら…親戚ぐるみのつきあい。テレビ「AXEL」の司会で共演。

・竹中直人…友人。コンビを組んでコントをやっていた。

・豊川悦司…友人。飲み友達。

・高橋幸宏、坂本龍一、細野晴臣…YMOのメンバー。

 高橋の60歳の誕生日に坂本が赤い帽子をプレゼント。

・松任谷由実…高校時代に一緒にバンドをやっていた(当時の松任谷は中学生)。

・加藤和彦…サディスティック・ミカ・バンドのメンバー。

 加藤が自殺する約1週間前に電話で話した。

・加藤あい…情報番組「AXEL」の司会で共演。

・安田成美…ファーストアルバム「安田成美」をプロデュース。

・山下久美子…山下のデビュー20周年アルバムに高橋が参加。

・槇原敬之…中学時代にYMOの影響でシンセサイザーと作曲をはじめた。

・ピエール瀧…子供の頃にYMOを聞いて音楽に目覚めた。

・笑い飯…YMOのファン。

・高橋信之…兄。音楽プロデューサー、作曲家。


■高橋幸宏

 

□エピソードなど

・16歳の時にスタジオミュージシャンの仕事をやり始めた。

・20歳の頃に洋服のデザインをやり始めた。

・スパイダースのカバーアルバム「スパイダース・カバーズ」に参加(=89年)。

・小説「キャッチ&リリース」を上梓(大栄出版=97年)。

・ファッションブランド「YUKIHIRO TAKAHASHI COLLECTION」をプロデュース。

・主な著書:エッセイ集「犬の生活」「ヒトデの休日」。

・音楽を作る時にコンセプトをあまり立てない。

・細野晴臣とユニット・スケッチショウを結成(ライブに坂本龍一がゲスト出演=02年)。

・世界屈指のエレクトロニック・ミュージック・フェスティバル・sonarに出演(=03年)。

・原田知世、高野寛らとバンド・pupaを結成してアルバムをリリース(=08年)。

・海外のミュージシャンと多数コラボレートしている。

・生放送のトーク番組が苦手。

凡例:20.01現在=2020年1月現在