桜庭和志

2016/01/01更新

■桜庭和志(さくらば かずし)

 

□肩書き

 プロレスラー 格闘家

 

□本名

 桜庭和志

 

□生年

 1969(昭和44)07.14(蟹座/O型)

 

□出身地

 秋田県南秋田郡昭和町

 

□出身校

 秋田市立秋田商業高校 中央大学商学部中退

 

□略歴(満年齢)

 92年(23歳)UWFインターナショナルにに入門。

 98年(29歳)高田道場へ移籍。PRIDEに参戦。

 08年(39歳)総合格闘技ジム「Laughter7」を開設。

 ※主な出演:

  テレビ「39 LOVER'S」「浜ちゃんが!」「中居正広の8番勝負!」

  CM「東洋水産 緑のたぬき」「ユニクロ」「久光製薬 アレグラFX」

 

□趣味

 テレビゲーム パチンコ

 

□資格・免許

 自動二輪免許

 

□サイズ

 180㎝ 靴のサイズ28㎝

有名人データベース PASONICA JPN

■桜庭和志

 

□幼少時代〜

・妹がいる。

・小さい頃、家の裏にあった川でよく遊んだ。

・幼稚園時代、集団で下校途中にウ○コを漏らしたが、

 平気な顔で家まで歩き続けて誰にも気付かれなかった。

・小学校時代、バスケットボールをやっていた。

・小学校時代、スポーツは苦手だった。

・小5の頃までよくおねしょをしていた。

・中1の時、深夜のテレビ中継でタイガーマスクを見てプロレスに興味を持ちはじめた。

・中3の時に進路相談で「中学卒業後にプロレスジムに入門したい」と希望を表明すると、

 両親と先生に「高校を出てからでも遅くはない」と説得され、

 アマレスが強い高校を探して進学した。

 ※秋田市立秋田商業高校は全国2位の実績があった

・高校時代、レスリング部。

・高校のレスリング部に入った頃、腹筋は1回もできず、

 柔道経験のある体の小さい相手に簡単に投げられた。 

 弱い選手は監督も目をかけてくれないので自分で練習テーマを決めていた。

   高3の時にインターハイの団体で2位。

・大学時代、内装(電気工事、じゅうたんクリーニングなど)のアルバイト。

・大学時代、レスリング部。

・大学時代、レスリング部の寮に住んでいた。

 1年時の部屋は寮の電話がある部屋で夜中にかかってきた電話もすぐに取らなくてはならず、

 熟睡できなくて電話恐怖症になり、ノイローゼで髪の毛がたくさん抜けた。

・大学1年の時、インカレで後にアトランタ五輪で銅メダルを取った太田拓也に勝利。

・大学3年の時、大学選手権4位。

・大学3年の秋にレスリング部主将になるが、当時の監督と練習方法で意見があわず、

 4年になってすぐに退部した。

   桜庭は実践的なスパーリング重視、監督は基本練習や長時間のロードワーク重視だった。

・スポーツジムの会社の内定を貰っていたが単位を落として留年。

 一時はやる気をなくしてしながら毎晩酒を飲んでいた。

・UWFインターナショナルの面接で「いますぐ入門するなら」と言われて大学を中退した。

有名人データベース PASONICA JPN

■桜庭和志

 

□私生活

・好物…アメリカンクラブハウスサンド。ハンバーグ。フォアグラの串焼き。

 魚(特に煮魚)。くじらベーコン。

・嫌いな食べ物…火の通ったレバー。伊勢海老。

・肉はあまり好きではない。

・得意料理…鍋。

・酒が好き。好きな酒はビール、チューハイ。

 酔うと持っている現金を一緒にいる人にあげる癖がある。

・タバコが好き。

・湯船につかると水圧で息苦しさを感じる。サウナが大嫌い。

・昼寝が大好き。

・好きなマンガ…「ドラゴンボール」。

・好きな映画…「ニューシネマパラダイス」。

・いきつけ…「もつ焼専門店 やきとん家」(渋谷・道玄坂)。