有森裕子

有森裕子

2016/06/09更新

■有森裕子(ありもり ゆうこ)

□肩書き
 元陸上選手(マラソン) 

□本名
 有森裕子

□生年
 1966(昭和41)12.17(射手座/AB型)

□出身地
 岡山県岡山市

□出身校
 岡山市立牧石小学校 岡山市立岡北中学校 私立就実高校 日本体育大学 

□略歴

 92年(26歳)バルセロナ五輪で銀メダル。

 96年(30歳)アトランタ五輪で銅メダル。プロ転向を宣言。

 07年(41歳)プロランナーを引退。

 ※主な出演:

  テレビ「スタジオパークからこんにちは」


□趣味
 絵画(イラスト) アンティークカップ収集 ショッピング

□特技
 英会話

□特記事項
・バルセロナ五輪銀メダル、アトランタ五輪銅メダル

有名人データベース PASONICA JPN

■有森裕子

 

□幼少時代〜

・父親は高校教師。

・母親は看護学校職員。

・兄がいる。

・父親が家族新聞「ラ・ポルト」を作っていた。

・先天性股間節脱臼の為に矯正バンドを着けていたので立って歩くのが遅かった。

・山や川で遊ぶのが好きなお転婆だった。よく怪我をした。

   実家の裏に小さな川が流れる山があった。

・小学校時代、勉強しようとして机に向かうと眠くなった。

 主要科目の成績は良くなかったが体育と図工だけトップクラス。

・小学校時代、ミニバスケ(ポートボール)をやっていた。

・小学校時代、将来体育教師になろうと思っていた。

・小2の時、ダンプカーにはねられて右足を骨折。

・小5の時、好きな先生が顧問だったので新設された陸上クラブに入った。

 ほめ上手の先生のおかげで陸上が好きになった。

・中学時代、陸上をやりたかったが陸上部が盛んでなかったのでバスケットボール部に入部。

 試合中に一度ボールを持つとひたすらドリブルをしてゴールを目指した。

・中学時代、毎晩自主的に走っていた。

・中学時代、体育祭の800m走で3年連続優勝。

・中学時代、「あしたのジョー」の主人公・矢吹丈が大好きだった。

 部屋中にポスターを貼った。矢吹丈を真似て猫背で歩いた。

・高校は陸上の名門校。

・高校時代、体調不調で良い記録を出せなかった(3年間補欠だった)。

 貧血で半年間ドクターストップ、子供の頃の脱臼の後遺症の腱鞘炎に悩まされた。

・日本体育大学入学試験の実技試験の成績はビリから2番目だった。

・大学時代、1年の時に関東インカレ3000mで2位になったが、

 それ以降は右足の故障に悩まされて良い記録を出せなかった。

・大学時代、トライアスロン転向を考えて練習をするが、

 無理して購入した高価な自転車を盗まれたのをきかっけに断念。

・大学4年の時、寮を出て大家が酒屋をやっているアパートに入居。

 入居条件として大家の酒屋でアルバイトをした(ビールケース2箱同時に運んだ)。

・大学時代、教育実習を受けた。

・学生時代、絵で賞を貰った事があった。

有名人データベース PASONICA JPN

■有森裕子

 

□私生活

・好物…寿司。おにぎり。スープ。

 チーズケーキ(若い頃は目標達成のごほうびにワンホール食べた)。コーヒー。

・健康法…自家製梅ジュース。スズメバチドリンク。

 ウォーキング(品川から新宿まで歩く事がある)。

・視力は0.03。

・扁平足。

・歯磨きが嫌い。気が向かないと磨かない。虫歯が多い。歯医者が嫌い。

・モノを片付けるのが大好き。

・好きなマンガ…「あしたのジョー」。

・好きなミュージシャン…エンヤ。ホリー・コール・トリオ。

・アンティークカップが好き。たくさん持っている。

 高いモノは1個30万円(基本的に1脚だけ買う)。

 高いモノも飾っておかずに普通に使う(来客に選んで貰う)。

・ペット…熱帯魚。

・アメリカに住んでいた。

・カラオケの十八番…荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」。

・父親が胃がんで他界(享年73=08年)。

・借金問題で一時的に別居する事を釈明する記者会見で元夫がゲイだった事を明らかにした。

・元夫と会話は普段はたいてい日本語、ケンカをする時は英語だった。

 英語の方がストレートな表現が出来るのでケンカをしやすかった。

凡例:16.01現在=2016年1月現在