増田英彦

増田英彦

関連項目:ますだおかだ


■増田英彦(ますだ ひでひこ)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優 

 

□所属コンビ

 ますだおかだ

 

□本名

 増田英彦

 

□生年

 1970(昭和45)02.09(水瓶座/O型)

 

□出身地

 大阪府守口市

 

□出身校

 守口市立梶中学校

 関西外国語短大

 関西外国語大学

 

□略歴(満年齢)

 93年(23歳)ますだおかだを結成。

   02年(32歳)M-1グランプリ優勝。

 11年(41歳)テレビ「ハピくるっ!」司会。

 ※他の主な出演:

  舞台 「道頓堀喜劇祭り」

  映画 「釣りバカ日誌18」「オンナゴコロ」「ルパンの奇巌城」

  ドラマ「だんだん」「カーネーション」「戦力外捜査官」

  テレビ「テレビでハングル講座」「名作ホスピタル」「アッコにおまかせ!」

  ラジオ「関西ラジオワイド」「週刊ますだスポーツ」「MBSベースボールパーク」

  CM    「宝塚ファミリーランド」「ファースト引越センター」「アピタ」

 

□趣味

   詩 総合格闘技観戦 野球

 

□特技

 英会話 フラッシュ暗算 柔道

 

□資格・免許

 珠算準1級 英検2級 書道初段 ペン習字2級 

 普通自動車免許 4級小型船舶 柔道初段 

 

□サイズ

 161㎝

 

□特記事項

・M-1グランプリ優勝


■増田英彦


□幼少時代〜

・実家は寿司屋→石屋→青果店→スナックと寿司屋→工務店とスナック。

・父親は淡路島出身。

・1歳の頃、タバコを1箱食べて病院に運ばれた。

・子供の頃は太っていた。

・小学校時代、お笑いが大好きで、もんたよしのりのモノマネが得意だった。

 文集に「おもろい漫才師になりたい」と書いた。

・ダウンタウンのラジオ番組でハガキが採用された事がある。

 実家にカセットテープが残っている。

・中2の時、学園祭の出し物としてクラスで作ったスポ根映画の脚本を書いて脇役で出演。

 ※渡辺鐘(世界のナベアツ)が準主演

・中2の時、バレンタインに女の子から初めて告白された。

・中学〜高校時代、プロレスが好きだった。

 休み時間に友達とプロレスごっこをした。

 プロレス会場に望遠レンズを持ち込んで写真を撮ってファンに売って小遣い稼ぎをした。

 写真のやりとりで知り合った東京の女の子からラブレターを貰った。

 プロレスラーを志して高校で柔道部に入った。

・高3の時、リングアナを志してアントニオ猪木に手紙を書いて新日本プロレスの事務所に押しかけた。

・高校の卒業式の日に寝坊して遅刻した(高校時代唯一の遅刻)。

 タクシーを利用して卒業証書の授与になんとか間にあった。

・一浪して大学に進学。

・短大時代、クラスメイトの8割は女性だった。

・短大時代、学生会の会長。学園祭の実行委員を務めた。

・岡田は短大の同級生。

・19歳の時、彼女と初キス。

・夜学の短大を卒業後、3年編入で関西外国語大学に入学。

・大学時代、ノースリーブのGジャンを素肌に来ていた。

・大学時代、クルマをぶつけてきた酔っぱらいのおじさんにいきなり殴られたので、

 アームロックで押さえ込んだら自分が警察に捕まった。


■増田英彦

 

□私生活①

・好物…玉ねぎ。大学いも(薄切り)。野菜。

・嫌いな食べ物…マグロ。ウニ。イクラ。牛乳。チーズ。日本酒。

・得意料理…ピザトースト。広島風お好み焼き。

・酒はあまり飲めない。

・健康法…半身浴。

・花粉症。

・乳首が敏感すぎる(不快感がある)。仕事の時はニプレスを使う。

・お尻にお灸の跡がある(番組の企画で挑戦)。

・服は綺麗にたたまないと気がすまない。

・掃除が好き。

・泣ける映画やドラマが好き。

・ドラマ「北の国から」の大ファン。

 東京都内のロケ地巡りをする。

 「北の国から」の劇中で使われた式場で自分の結婚式を挙げた。

 妻も「北の国から」のファン。

・韓国映画、韓国ドラマが大好き。仕事で韓国に行くとロケ地巡りをする。

 チェ・ジウの大ファン。

・テレビはあまり見ない。


■増田英彦

 

□私生活②

・いきつけ…「やさい家めい」(五反田、パーニャカウダ=20.10現在)。

・韓国語を勉強。単語をダジャレで覚えた。

・草野球チームに入っている。ポジションはピッチャー。

 多い時は年間70試合以上。

 大阪と東京の2チームに入っている。

 大阪のチーム名は「阪神タイガーズ」(ユニフォームは阪神タイガーズと同じ)。

・熱烈な阪神ファン。

・北海道が大好き。何度も旅行に行った事がある。北海道の観光地、名産に詳しい。

 将来北海道に住みたいと思っている。

・几帳面な性格。

・普段は無口。

・あがり症。

・父親が肝臓がんで他界(=94年)。

・母親が「串かつ ますだ」を経営(大阪府守口市=13.12現在)。

 店の奥にますだおかだ記念館がある。

・母親がときどき漫才のネタを書いて持ってくる(オチは必ず下ネタ)。

・ドリカムの「未来予想図Ⅱ」を聴くと短大時代に交際していた彼女を思い出して涙が出る。


■増田英彦

 

□人間関係

・浜田省吾…友人。昔から浜田に憧れていた。

 増田が浜田にファンレターを出して浜田が増田に連絡を取った。

 浜田から貰った留守電やメールは保存しておいてある。

・佐々木蔵之介…友人。広告代理店のサラリーマン時代の営業部の同期。

 佐々木が会社を辞める時に相談を受けた(佐々木本人は覚えてていない)。

・オセロ…松竹芸能の同期。養成所時代によく一緒に飲んだ。

 オセロにボキャブラのネタを作ってあげた。

・よゐこ、アメリカザリガニ…同じ事務所。

・安田大サーカス…事務所の後輩。

 増田は団長の「裸にネクタイ」といういでたちを考えた。

 岡田は「安田大サーカス」というトリオ名を考えた。

・オーケイ…事務所の後輩。ますだおかだの付き人をしていた。

・TKO…同じ事務所。ライバル的存在。

・ジェロ…大学の後輩。

・中川家、フットボールアワー…3組で「平成漫才御三家」と呼ばれた。

・中川家、フットボールアワー、アンタッチャブル、ブラックマヨネーズ、

 …歴代Mー1グランプリ王者(ますだおかだは2代目M-1グランプリ王者)

・和田アキ子…バラエティ「アッコにおまかせ!」で共演。

・渡辺鐘(ジャリズム、世界のナベアツ)…中学の同級生(同じクラス、同じ塾)。

・中川剛、中川礼二…中学校の後輩。

・明石家さんま…憧れている芸能人。

 子供の頃から大ファン。中学時代に出待ちをしていた。

・松田聖子…憧れている芸能人。

 中学時代に松田のファンクラブに入っていた(郷ひろみとの噂にショックを受けてやめた)。

・南野陽子…憧れている芸能人(大ファン)。将来結婚したいと思っていた。

・山口もえ…憧れている芸能人(大ファン)。

・長与千種…憧れている人。中学時代に試合を観に行った。

・妻…大学の3年後輩。97.10結婚。

 会社に反対されたので事務所にも相方にも内緒で結婚した。

・子供:

 長女…ほのか。04.03.16誕生。

 次女…なごみ。07.12.19誕生。


■増田英彦

 

□エピソードなど

・写真屋でアルバイトした事がある。

・大学卒業後、大阪の大手広告代理店「大広」に営業職で9ヵ月勤務。

 仕事中に資料室で漫才の台本を書いていた。

 プランナー志望だったが営業部に配属されて阪神タイガーズのPRを担当。

・初めての貰った1ヵ月分のギャラは380円。

・結婚した事を5年間岡田にも隠していた。

・母・朝子が「情報ツウ」にVTR出演(=03年7月31日放送分)。

・デイリースポーツに「ますだおかだ増田ののセンターマイク」を連載。

・ポエム本「ますだおかだの漫才詩」を出す(写真を担当)。

・板東英二のモノマネができる。

・シングル「淡路島」をリリース(自ら作詞作曲、増田政夫名義=08年)。※増田政夫は父親の名前

・母・朝子が「誰だって波瀾爆笑」に出演(=13年12月8日放送分)。

関連項目:ますだおかだ