黒木瞳

黒木瞳

関連項目:宝塚女優

■黒木瞳(くろき ひとみ)

 

□肩書き

 女優

 

□所属

 宝塚歌劇団(81年〜85年、月組娘役トップ) 

 

□本名(旧姓)

 江上昭子

 

□生年

 1960(昭和35)10.05(天秤座/A型)

 

□出身地

 福岡県八女郡黒木町

 

□出身校

 八女高校

 

□略歴

 81年(21歳)宝塚に入団(→85年退団)。

 86年(26歳)NHK朝の連続テレビ小説「都の風」に出演。

 97年(37歳)映画「失楽園」に出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「MAMBO」「クリスマス・ボックス」「取り立てや お春」

  映画 「化身」「略奪愛」「SADA」

  ドラマ「八代将軍吉宗」「恋を何年休んでますか」「白い巨塔」

  テレビ「驚きももの木20世紀」「輝く!日本レコード大賞」「FNS歌謡祭」

  CM    「日産自動車」「日清食品 麺の達人」「イトーヨーカドー」

 

□趣味

 読書 詩作 大相撲観戦 競馬 

 タップダンス クラシックバレエ クルマ ゴルフ 

 

□特技

 ピアノ 剣道 水泳

 

□資格・免許

 小型二輪免許


■黒木瞳


□幼少時代〜

・父親は町会議員。農業と畜産業を営んでいた。

・母親は食堂を経営。

・4人きょうだい。5歳年上の兄がいる。

・父親は剣道7段、兄は剣道4段。

・子供の頃、近所の川で泳ぐのが好きだった。真っ黒に日焼けしていた。

・子供の頃、泥まんじゅうを作って遊ぶのが好きだった。

・習いごと…書道。そろばん。ピアノ。剣道(小4〜中2)。

・5歳年上の兄が大好きだった。兄のような人と結婚したいと思っていた。

・12歳の時、谷川俊太郎「愛について」を読んだのをきっかけに詩を書きはじめた。

・中1の時、1歳年上の男の子と初デート。

 バスでデパートに行ってクリームソーダを飲んだ。

・中学時代、親に内緒でのど自慢大会に出場。

・中学時代、映画「風と共に去りぬ」を観て女優に憧れた。

・高校時代、演劇部。

 脚本を書いて主演した劇が九州地方の演劇コンクールで準優勝。

・高校時代、バレーボール部の上級生と結婚を約束して昼下がりの校庭でキス。

・保母、教師、女医、女優、歌手のどれかになりたいと思っていた。

■黒木瞳

 

□私生活

・好物…ラーメン(大好物、とんこつラーメンが好き)。焼きそば。

 鶏レバー煮。トリッパ。レバーベースト。フカヒレの姿煮。キャビア。

 ねぎとちりめんじゃこの炒め。卵焼き。アボガドとトマト。ブルーチーズ。

・嫌いな食べ物…甘えび。タケノコ。

 ほしがき。ほしあんず。ほしぶどう(大嫌い)。きなこ。

・得意料理…カレーライス(夫の母親にレシピを教えて貰った)。ごぼう豚肉炒め。

・常に腹八分目をこころがけている。

・甘いものはほとんど食べない。

・結婚後に料理が得意になった。レパートリーは100種類以上。

 レシピをノートにメモ。料理上手の義母から教えて貰った。

 毎年夏に取り寄せたトマトで自家製トマトソースを大量に作る。

 宝塚時代は一切料理をしなかった。

 結婚する時に夫に「私は家事はしない」と言っていた。

・朝起きるとすぐに何かを食べる。

・酒を毎日飲む。好きな酒はビール、シャンパン、焼酎。

・健康法…ごま油うがい。瞑想。

・豚肉と生ものを食べると顔にじんましんが出るアレルギーが妊娠で治った。

・太らない体質。

・腹筋が10回程度しかできない。

・仕事がない時は早寝早起き。寝起きが良い。

・毎朝鏡を見る時に未来から振り返って「今日が一番若い」と思うようにしている。

・休日に美容やメイクを一切しない事がある(休顔日)。

・絵を描く事が苦手。

・ジェットコースターが苦手。

・読書が大好き。

 本屋に行くとついついたくさん買いすぎてしまう。 

 面白かった本は保存、いまいちだった本はどんどん古本屋に売る。

 子供の頃に初めて読んだ本を今でも持っている(=18.04現在)。

・好きな映画女優…ジョディ・フォスター。

・お笑い番組が好き。「エンタの神様」を毎週録画して見た。

・子供の頃のおもちゃなどを捨てずに保存してある。

・お金はあればあるだけ使ってしまうが1日1000円しか使えない生活でも平気。

・競馬の当たり馬券の数字が夢に出てきた事がある。

・ペット…犬1匹、猫2匹、亀2匹(=11.06現在)。

・住んでいる所…東京都世田谷区等々力(97年落成、3億5000万円の豪邸)。

・タップダンスを習った事がある。

・クルマの中で本を読んでもモノを書いても全然酔わない。

・買物で値切るのが得意。

・「0歳児はパスポートが必要ない」と思い込んでいた。

・LINEをやっている(=16.06現在)。

・口癖…「なるほど」。

・長女を妊娠中にやたらと「サーティーワン」のアイスクリームが食べたくなった。

・37歳の時に長女を産んだ。

・長女は父親似。

・長女から仕事に関してダメ出しされる。

・夫が時々食事を作ってくれる。

・夫が週末に庭の芝を電動芝刈り機で刈る。

・夫婦ふたりともお喋り。一緒にいる間は起きているかぎり喋っている。

・夫が離婚する夢を見て夫に対して激怒した事がある。


■黒木瞳

 

□人間関係

・大地真央…友人。飲み友達。ふたりでシャンパンとワイン2本をあけた事がある。

 宝塚時代の相手役(在団時に様々な事を教えて貰った)。宝塚を同時に退団した。

 宝塚時代にふたりで焼肉を11人前食べた。

 一緒に宝塚を観に行く。

・深田恭子…友人。

・千代大海龍二…友人。メール友達。

・五木寛之…八女高校の先輩。芸名の名付け親。

・水野真紀…水野がデビューしたての頃にシルクのタオルをプレゼントしてあげた。

・藤竜也…映画「化身」で共演してベットシーン。

・役所広司…映画「失楽園」で共演。濡れ場が多すぎて現場は体育会系のノリだった。

・片岡鶴太郎…映画「SADA」で共演。

・田村正和 …ドラマ「オヤジぃ。」「夫婦。」で夫婦役で共演。

・岡田准一…映画「東京タワー」で恋人役で共演。

・堺正章…コンビを組んで日本レコード大賞の司会を務めた(=99年、00年)。

・東山紀之…舞台「クリスマス・ボックス」で共演、キスシーン(=01年)。

・涼風真世、真矢みき、毬藻えり…宝塚の同期生。

・中山秀征、小久保裕紀…子供が同じ小学校(有名私立校)。

・志村けん…憧れている芸能人。

 NHK「素敵にショータイム」で一緒にコントをやった(=04年)。

・水谷豊、沢田研二、Char、浅田美世子…子供の頃に憧れていた芸能人。

・吉永小百合…憧れている芸能人。

・前園真聖…黒木のファン。

・北原遥子…宝塚の同期生で親友だった。しょっちゅうお墓参りに行く。

 ※85年に日航機墜落事故で他界

・伊知地俊夫…電通のサラリーマン。91年6月挙式。

 CM撮影で知り合った。交際中によくFAXをやりとりした。会う度にプロポーズされた。

・子供:

 長女…萌子。98.05.12誕生。

■黒木瞳

 

□エピソードなど

・大学に進学して公務員になるつもりだったが、

 夢を諦める為に1回だけ宝塚を受験して合格した。

・両親に内緒で宝塚を受けた(受験料1万円は当時の彼氏に借りた)。

・宝塚を受験する時に初めて飛行機に乗った。

・宝塚のすみれ寮の入寮式でひとりだけジャージ姿だった。

・宝塚音楽学校の厳しい規則:

 下級生は廊下を曲がる時は直角に曲がる(上級生にぶつからないように)。

 先輩に対しては必ずお辞儀。

 先輩に話しかける時は「お願いします、失礼します」と切り出す。

 毎日2時間掃除、窓ガラスは鳩がぶつかってくる程まで綺麗に掃除。

 先輩御用達の店には入店禁止。

 男生と一緒に歩いてはいけない。

 阪急電鉄(親会社)の電車におじぎをしないといけない。

・男役をやりたかったが身長が低かったのであきらめた。

・宴会で高見山(関取)のモノマネをした。

・朝の情報番組「おはよう朝日です」にアシスタントとしてレギュラー出演。

・宝塚の運動会でリレーの選手に選ばれた。※映像が残っている

・宝塚入団2年目でで月組娘役トップに就任(史上最速)。

・宝塚退団直後、仕事があまり来なかったので、クルマの免許を取って毎日都内をドライブ。

・ミュージカル「赤毛のアン」の作詩を担当。

・映画「化身」のホステス役の役作りの為に実際に銀座のクラブに1週間出勤した。

 中村勘九郎が指名で3回来て小林薫に口説かれた。

 実際に給料を貰って同伴もした。

・映画「化身」のベットシーンでヌードを披露(撮影前にビールを2杯飲んで覚悟を決めた)。

・シングル「それでいいのね」をリリース(=91年)。

・アメリカ映画「ミスター・ベースボール」に出演(=92年)。

・執筆に鉛筆を使用して指に書きダコが出来た事がある。

・1年間の育児生活をつづった絵本「モン・モエ」を上梓(幻冬舎=99年)。

・絵本「すきなのだあれ?」で翻訳に初挑戦(小学館=99年)。

・日本レコード大賞の司会を務める(=99年)。

・映画「破線のマリス」は、脚本家・野沢尚氏の同名の原作を読んで自ら映画化を熱望。 

 テレビの編集マンの役作りの為に自宅に編集機を持ち込んで特殊技術を特訓した。

・「それいけ!アンパンマン ロールとローラうきぐ城のひみつ」で声優に初挑戦(=02年)。

・主演ミュージカル「ママ・ラヴズ・マンボ3」でタップダンスに挑戦(=04年)。

・フォトエッセイ集「もう夫には恋はできない」で不倫願望を吐露(講談社=04年)。

・福岡県立輝翔館中等教育学校の校歌を作詞(作曲は上条恒彦=04年)

・映画「東京タワー」で20歳下の大学生と不倫する人妻役を演じた。

・ニッポン放送「黒木瞳のTALK RADIO」のパーソナリティーを務める(=05年)。

・自らのホームページで日記を公開、ファンからの質問に答える(=05.02現在)。

・シングル「運命 ぐうぜん」のジャケットは角度を変えると黒木がウィンク(=05年)。

・癖がある人物を演じるのが好き。

・映画「嫌な女」を監督(初監督作品=16年)。

 原作を気にいって何も決まっていない段階で映画化権を取った。

・著書…

 詩集「長袖の秋」(角川書店=88年)。

 詩集「夜の青空」(=91年)。

 詩集「恋のちから愛のススメ」(五行詩に挑戦=05年)。

 エッセイ集「わたしが泣くとき」「夫の浮わ気」「ひとみごちて」

凡例:18.01現在=2018年1月現在

関連項目:宝塚女優