髙藤直寿

髙藤直寿

■髙藤直寿(たかとう なおひさ)

 

□肩書き

 柔道選手(60㎏級)

 

□生年

 1993(平成05)05.30(双子座/AB型)

 

□出身地

 栃木県下野市

 

□出身校

 東海大学

 

□略歴(満年齢)

 16年(23歳)リオ五輪銀メダル。

 18年(25歳)世界選手権優勝。

 21年(28歳)東京五輪金メダル。

 

□サイズ

 160㎝


■髙藤直寿

 

□幼少時代〜

・小学校時代、やんちゃだった。

 担任の先生に怒られて教室を飛び出して木の上で昼寝した。

・小学校時代、野木町柔道クラブ所属。

・小学校時代、「五輪で金メダルを取る」と周囲に公言。

・小5の時、柔道の全国大会で優勝。

 20㎏台の体重は参加選手中最軽量だった。

・小中高すべてで全国大会優勝。

 

□私生活

・好物…ラーメン。

・いきつけ…

 居酒屋「魚春」(神奈川県秦野市、大学時代から通っている(=21.07現在)。


■髙藤直寿

 

□人間関係

・海老沼匡…尊敬している柔道選手。

 野木町柔道クラブの先輩(4学年年上)。

・吉田秀彦…パーク24柔道部総監督。

・髙藤直寿、大野将平、石井慧、鈴木桂治、内柴正人、井上康生、

 野村忠宏、吉田秀彦、古賀稔彦、斉藤仁、山下泰裕

 …柔道男子五輪金メダリスト。

・伊丹直喜…専属付き人。東海大学の1年先輩。

・牧志津香…柔道選手。14.06.30入籍。さずかり婚。4歳年上。

・子供:

 長男…登喜寿。

 長女…美蘭。

 

□エピソードなど

・左組み。得意技は小内刈。

・パーク24柔道部所属。

・再三の遅刻などで強化指定ランクを降格させられた(=14年)。

・ビデオを見て徹底的に相手選手を研究する。

・東京五輪で戦った4試合中3試合は延長戦。

 決勝は延長で相手選手に指導3の反則勝ち。

凡例:20.01現在=2020年1月現在