高見沢俊彦

高見沢俊彦

関連項目:THE ALFEE


■高見沢俊彦(たかみざわ としひこ)

 

□肩書き

 歌手 

 

□所属グループ

 THE ALFEE

 

□本名

 高見沢俊彦

 

□生年

 1954(昭和29)04.17(牡羊座/A型)

 

□出身地

 埼玉県蕨市

 

□出身校

 蕨市立南小学校

 蕨市立第一中学校

 明治学院大学附属高校 

   明治学院大学文学部英文学科中退

 

□略歴(満年齢)

 74年(20歳)THE ALFEEとして「夏しぐれ」で歌手デビュー。

 83年(29歳)「メリーアン」がヒット。紅白歌合戦初出場。

 96年(42歳)テレビ「LOVE2あいしてる」出演。

 ※THE ALFEEの他の主なシングル:

  「星空のディスタンス」「STARSHIP」「恋人達のペイヴメント」

 ※他の主な出演:

  テレビ「T×2」「新堂本兄弟」「PON!」

  ラジオ「高見沢俊彦のロックばん」

  CM  「サッポロビール サッポロ 麦100%生搾り」「日本コカコーラ ファンタ」

 

□趣味

 読書 映画観賞 パソコン ギター収集 時計収集

 NBA観戦 格闘技観戦

 

□特技

 バスケットボール

 

□サイズ

 175㎝


■高見沢俊彦


□幼少時代〜

・父親は中学校の国語教師→校長。

・母親は元教師。

・8歳年上の兄がいる。※[9歳年上]とする媒体もある

・兄が成績優秀で小さい頃からいつも比べられた。

・習いごと…そろばん。ピアノ(幼稚園時代)。

・子供の頃から父や兄が持っていた難しい本を読んでいた。

・子供の頃、近所の女の子とままごとをしていた。

・小学校時代、「タカミザワトシヒコ」を縮めて「タコ」と呼ばれていた。

・小学校時代、「歯の良い子」に選ばれた。

・小学校時代、足が速かった。運動会で常に活躍した。

・小学校時代、野球とサッカーが得意だった。

・小学校時代、鼓笛隊に入っていた(指揮担当)。

・小4の時、兄の影響でビートルズが好きになった。

 兄にビートルズの映画に連れて行って貰ってレコードを買って貰った。

・小6の時、健康優良児に選ばれた。

・中学時代、バスケットボール部(キャプテン)。

 中2の時に県大会準優勝。埼玉県代表の強化合宿に参加。当時は短髪だった。

・中3の時、エレキギターを購入して同級生とロックバンドを結成。

・中学時代、女の子にモテモテだった。

・高校は男子校。

・高校時代、親から音楽活動を反対されないようにちゃんと勉強してある程度の成績を取った。

・高校時代、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルに傾倒。

・高校時代、よくラブレターを貰った。

・高校時代、昼休みに同じ敷地にあった大学の女子大生をチェックした。

・高校時代、ナンパ目的で予備校(代々木ゼミナール)に通った。

・大学1年の時、原宿駅で桜井を見送ろうとして頭を出して電車のドアに挟まれた。

・大学時代、坂崎と一緒に麻布十番祭りの氷を持ち続けるガマン大会に出場して優勝した。


■高見沢俊彦

 

□私生活①

・好物…白米(大好物)。ふぐ雑炊。讃岐うどん。立ち食いそば。

 ステーキ(朝から食べる事がある)。牛タン。フカヒレ。

   シベリヤ。ソフトクリーム。チョコレート。スイーツ。

・嫌いな食べ物…ラーメン。

・料理は一切しない。食事は外食。※11.07現在

・若い頃は大食いだった。

・若い時は大酒飲みだった。好きな酒はワイン。

・禁煙に成功。

・健康法…プロテイン。加圧トレーニング。ストレッチ。

 筋トレ(個人トレーナーを付けている=18.01現在)。

・腹筋・懸垂マシンを持ち歩く。

・視力0.3。

 運転する時は眼鏡をかける。

 コンタクトレンズを何度も試したがうまく装着できなかった。

・普段の髪の毛はストレート。

・生まれつき顔も身体も白い。

・肌の手入れは何もしていない。

・睡眠時間は4時間程度。

・湯船に浸かるのが面倒なのでシャワーで済ます。

・シルクのパジャマを愛用。


■高見沢俊彦

 

□私生活③

・日本史が好き。

 史跡探訪をする。

 織田信長が大好き。

・石が好き。

・ドレスダウンが嫌い。

 普段もジャージ、スウェットなどのラフな服は殆ど着ない。

・フィギュアが好き。

・サングラスを100個以上所有。

・売れない頃、原宿の外れの6畳ひと間のボロアパートに住んでいた(家賃21000円)。

 桜井が毎晩のように泊まりに来て酒を飲んだ。

 帰宅するとどこからか猫が入って来ていた事があった。

   帰宅すると押し入れの中にファンの女の子がいた事があった。

 台風の時に窓を開けたら天井が落ちて来た事があった。

 夏は桜井と一緒に近所のプールへ行って女の子を眺めていた。

 当時の給料は45000円。

 「メリーアン」がヒットするまで10年間その部屋に住んでいた。


■高見沢俊彦

 

□私生活④

・いきつけ…「茂司」(渋谷区、ふぐ雑炊がおいしい)。

・バスケットボールが大好き。自分のチームを持っている。

 ゴールをツアーに持っていって合間にバスケをやる。

 ※NBAに関するエッセイ集「HEART BEAT DUNK」を出版(=98年)

・二日酔いでテニスをやって吐いてしまった事がある。

・時間にルーズ。

・荷物が多い。

・山手線のドアに頭をはさまれた事がある。

・ATMを使った事がない(=08.07現在)。

・天然キャラと言われている。

・酔った勢いでフルーツ味の消しゴムを食べた事がある。

・友人が少ない。携帯電話のメモリーは50件程度(=12.07現在)。

・父親が93歳で他界(=07年)。

・母親にいまだに「そろそろ髪を切りなさい」と言われる(=15.07現在)。

・好きな女の子に気持ちを告白すると何故か冷めてしまう。

・結婚願望を持った事がない(=09.02現在)。


■高見沢俊彦

 

□私生活④

・いきつけ…「茂司」(渋谷区、ふぐ雑炊がおいしい)。

・バスケットボールが大好き。自分のチームを持っている。

 ゴールをツアーに持っていって合間にバスケをやる。

 ※NBAに関するエッセイ集「HEART BEAT DUNK」を出版(=98年)

・二日酔いでテニスをやって吐いてしまった事がある。

・時間にルーズ。

・荷物が多い。

・山手線のドアに頭をはさまれた事がある。

・ATMを使った事がない(=08.07現在)。

・天然キャラと言われている。

・酔った勢いでフルーツ味の消しゴムを食べた事がある。

・友人が少ない。携帯電話のメモリーは50件程度(=12.07現在)。

・父親が93歳で他界(=07年)。

・母親にいまだに「そろそろ髪を切りなさい」と言われる(=15.07現在)。

・好きな女性に気持ちを告白すると何故か冷めてしまう。

・結婚願望を持った事がない(=09.02現在)。


■高見沢俊彦

 

□人間関係

・西城秀樹…友人。若い頃よく一緒に遊んだ。

 西城の自宅に遊びに行って音楽の話で盛り上がり、

 西城の手料理を食べさせて貰った。

・石橋貴明…飲み友達。タメグチで話す。「タカミー」と呼ばれる。

・玉置浩二…友人。若い頃によく一緒に飲んだ。

・古舘伊知郎…友人。飲み友達。「いっちゃん」と呼ぶ。

・吉田拓郎…友人。飲み友達。トーク番組「T×2」の司会で共演。

・武田真治…友人。メール友達。

・薬丸裕英…80年代に歌番組で共演するとTHE ALFEEの楽屋に入り浸っていた。

・ダチョウ倶楽部…THE ALFEEのモノマネをする。ライブで共演。

・坂崎幸之助、桜井賢、高見沢俊彦…THE ALFEEのメンバー。

 高見沢と桜井は高校の同級生。会うとよく検診の数値や病院の話をする。

・かまやつひろし、研ナオコ、夏木マリ、由紀さおり

 …THE ALFEEが売れない頃にバックバンドを務めた。

 紅白歌合戦で由紀さおりのバックバンドを務めた(テレビに映らない位置=76年)。

 若い頃にお金がなくなると研ナオコの家に遊びに行って食事を御馳走して貰った。

・堂本光一、堂本剛、ブラザートム、高見沢俊彦、深田恭子

 …テレビ「堂本兄弟」出演者。

・明石家さんま、中西圭三、中村雅俊、前川清、

 上戸彩、小泉今日子、中森明菜、牧瀬里穂

 …楽曲を提供。

・堀内健…堀内のシングル「ホリケンサイズⅡ」を高見沢が作曲&プロデュース。

・池田理代子…30周年記念アルバムのジャケットを池田がデザイン。

・AKINA(Folder5)…高見沢の大ファン。

・山口百恵…憧れていた芸能人。レコードを買った。

・恩田邦子…中2の担任。

 ※「新堂本兄弟」にVTR出演(=14年4月13日放送分)


■高見沢俊彦

 

□エピソードなど

・大学入学当初、将来教師になろうかと思っていた。

・大学時代、学食で坂崎に声をかけられて坂崎と桜井のバンドに出演、

 それがきっかけでTHE ALFEEに参加する事になった。

・アルバイト歴…

 布団屋(デパートの催事場への運び入れなど)。

 長距離トラックの助手(荷物運搬)。

・売れるまではギャラの使い道は楽器優先だったので、週に1回坂崎の実家(酒屋)から

 カップラーメンなどを補給していた。

 風邪をひいて寝込んで食べるものがなくて死にかけた事があった。

 食べるものがなくて醤油をたらしたお湯を飲んだ事があった。

・「メリーアン」の頃は耳が出る程の短いヘアスタイルだった。

・バラエティ「生ダラ」の企画でスペインで闘牛に挑戦。

・ギターにとまっていた蛾をピックと間違えた事がある(映像が残っている)。

・ライブでステージでよくコケる。転んだ時にエンジェルギターの羽が顔に直撃した事がある。

 回転しながら演奏してそのままステージから転落した事がある。

・衣装を毎回替える。

・NBAに関するエッセイ集「HEART BEAT DUNK」を出版(=98年)。

・トーク番組「T×2」の司会を務める(=00年)。

・絵本「ぼくの海へ」を出版(文章を担当、平凡社=01年)。

・高見沢をモデルにした「高見沢俊彦リアルフィギュア」を発売(=02年)。

・ツアーに持っていく荷物が多い。ゴジラなどのフィギュアを持って行く。

・エッセイ集「あきらめない夢は終わらない」を上梓(幻冬舎=04年)。

・F1マシンのモノマネ(音マネ)ができる。

・バラエティ「堂本兄弟」の収録中に居眠りした事がある。

・キタムラのバッグをプロデュース(=06年)。

・16年ぶりにソロシングル、ソロアルバムをリリース(=07年)。

・アーティスト名・Takamiyでソロ活動。

 他のアーティストとコラボをして受けた刺戟をTHE ALFEEにフィードバックする。

・母校・明治学院大学から名誉学士の称号を授与された(=14年)。

・ギターを約530本所有(メンバー3人でギター専用の倉庫を借りている=16.12現在)。

 天使の羽付きギター(エンジェルギター)、卓球ラケット風ギター、パソコン風ギター、

   トランプのクイーンをあしらったフォーネックのギターなど、特注のオリジナルを多数所有。

 特注する時に制作業者に簡単なキーワードしか伝えない。

 実際に作ってみたら演奏しにくいギターがたくさんある。

 ツアーに約50本ギターを持っていく。

 一番高いギターの値段は約3000万円。

 ※ギターの写真集「TAKAMIZAWA GUITAR COLLCTION 300」を出版(=02年)

・小説「音叉」を雑誌「オール讀物」に連載(=17年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在

関連項目:THE ALFEE