高嶋ちさ子

高嶋ちさ子

■高嶋ちさ子(たかしま ちさこ)

□肩書き
 バイオリニスト

□本名
 盛田知佐子

□生年
 1968(昭和43)08.24(乙女座/A型)

□出身地
 東京都世田谷区

 

□出身校

 清泉インターナショナル幼稚園

 青山学院初等部

 青山学院中等部 

 桐朋学園女子高等学校音楽科

 桐朋学園大学音楽科 

 イェール大学音楽学部大学院卒業(=94年)

 

□略歴(満年齢)

 94年(26歳)ニューワールドシンフォニーに入団。

 95年(27歳)CD「チョコレートファッション1」をリリース。

 00年(32歳)テレビ「芸術劇場」に出演(司会)。

 ※他の主な出演:

  テレビ「はなまるマーケット」「踊る! さんま御殿!!」「メレンゲの気持ち」

  ラジオ「BAY MX」

  CM    「ホンダ フィット」「ローソン」

 

□趣味

 料理 パチンコ ゴルフ 水泳 ドライブ クルマ

 

□特記事項

・叔父は高嶋忠夫

・義理の叔母は寿美花代

・いとこは高嶋政宏

・いとこは高嶋政伸

■高嶋ちさ子

 

□幼少時代〜

・父親はレコード会社の音楽プロデューサー。

 日本の初代ビートルズディレクターでビートルズの曲の邦題を考案。

 ビートルズの来日コンサートをプロデュース。

・母親はピアニスト。

・3人きょうだいの末っ子。姉と1歳年上の兄がいる。

・喋り出すのが遅かったが喋ったとたんにタメ口だった。

・とてもお転婆な子供だった。イタズラが大好きだった。

 1歳上の兄としょっちゅう激しいケンカをした。

・3歳の頃までほとんど喋らなかった。

・4歳の時にピアノを始めるが楽譜が読めなくて母親に辞めさせられた。

・両親はトークに関して厳しかった。

 「オチのない話をするな」「同じ話をする時は前より面白く話せ」と言われた。

 ダウン症の姉も同様にダメだしされた。

・母親はとても恐い教育ママだった。

・ダウン症の姉がいじめらられると兄と一緒に腐ったみかんを投げてやり返した。

・家族全員で19:00から夕食が家のルールだった(父親以外、高校3年まで続いた)。

・6歳の時にバイオリンを始めた。

 幼稚園の隣のクラスの女の子の演奏を見て親に1年間頼み込んで始めた。

 楽譜が読めないとまた辞めさせられると思ったので読めるふりをしていた。

 練習のしすぎで肩凝りになって小学生ながら鍼治療に通った。

・小学校時代、自分で驚く程勉強が出来なかった。

 将来スポーツ選手になりたいと思っていた。

・小学校時代、ハンドベル部。

・小学校時代、運動会の徒競走で毎年1位だった。

 負けそうな時は前を走っていた子の名前を呼んで反応した瞬間に抜いた。

・小学校時代、ドッチボールのグループ分けで強い子が集まるように

 同じチームになって欲しい人にグーパーじゃんけんの順番をこっそり耳打ちしてまわった。

・小学校時代、ガキ大将でイジメっ子だった。

   クラスの男子全員を名簿順に泣かせた。

 毎晩「明日は誰をイジメようかな」と思いながら寝ていた。

 スカートめくりをする男子に飛び蹴りした。

 放課後に渋谷の駅まで男子にカバンを持たせた。

 男子から「悪魔」と呼ばれていた。

 自分を「俺様」と呼んでいた(先生から「俺様」と呼ばれた)。

・小学校時代、将来弁護士になりたいと思っていた。

・小3の時、ケンカのしすぎで喉が潰れて声が出なくなり、

 医者に「3ヵ月喋らなければ元の声に戻る」と言われたが、

 調子に乗ってもんたよしのりのモノマネをしてそのまま変な声になった。

・小5の時に父親の紹介で徳永ニ男に師事してバイオリンの魅力を再認識した。

 初めて徳永に会った瞬間に演奏を聴く前からオーラを感じた。

 徳永にほめて貰う為に頑張った。

・中学時代、毎日8時間、多い時は10時間バイオリンの練習をした。

 単調な練習の時は足でマンガの頁をめくりながら練習した。

・教師を「先公」と呼んで母親が学校に呼び出された時、

 「生徒に先公と呼ばれたくらいで親を呼んでいたら先生は勤まらない」

 と母親が逆に先生に説教した。

・教師を「先公」と呼んで母親が学校に呼び出された時、

 「生徒に先公と呼ばれたくらいで親を呼んでいたら先生は勤まらない」

 と母親が逆に先生に説教した。

 

■高嶋ちさ子

 

□幼少時代〜(続)

・大学の音楽科には音楽の才能はあるが人間的に変っている人がたくさんいた。

 いつもリズムを取っている人、耳に小さな鈴を付けている人、など。

・高2の時から6年間、ひとりの男の子に片思いしていた。

・高3の時、門限がなくなって夜遊びデビュー。

・大学時代、かわいい女性を集めて合コンサークルを作って連日合コンをした。

 多い時は週に10回合コンした。おぼっちゃまをイジメるのが楽しかった。

 1ヵ月毎日違う男性とデートした事があった。

・男友達はたくさんいたがセックスの初体験は遅かった。

・アメリカ留学中に知り合った人と初交際して結婚を考えた。

・アメリカ留学中、奨学生としてノーフォーク音楽祭、サラソタ音楽祭に参加。

・アメリカ留学中、「デビル」というニックネームをつけられた。

■高嶋ちさ子

 

□私生活

・好物…いなり寿司。ラードごはん。ラーメン(大好物、特に味噌ラーメンが好き)。

 スパゲティカルボナーラ。マクドナルドのハンバーガー。ミスタードーナツ。パン。

 焼肉(大好物、週に8回食べた事がある、朝から肉を食べる事がある、

 肉を食べないとやる気が出ない、焼肉屋では肉しか食べない)。

 ヒレステーキ(450グラム食べる)。タルタルステーキ。ユッケ。レバ刺し。

 豚の角煮。ちりめん山椒。エスカルゴ。キノコ類。なすの煮びたし。

 栗(大好物)。シュークリーム(凍らせて食べるのが好き)。

 牛乳(大好物、1日2ℓ飲む。食事の時に飲む、寿司でも牛乳)。

・嫌いな食べ物…

 魚の目(しらすの目を全部取る)。しいたけ。ひじき。

 野菜(特にきゅうりとセロリが大嫌い、食べると吹き出物が出る)。

・得意料理…鶏肉と大根の煮物。

・脂っぽいモノが大好き。さっぱりしたものを食べると体調が悪くなる。

・酒は全然飲めない。注射の消毒のアルコールで皮膚が赤くなる。

・健康法…漢方薬。スポーツジム(バイオリニスト向けの上半身中心のメニュー)。

・頚椎ヘルニアによる右手の末梢神経障害を患った事がある

(約3ヵ月演奏できなかった、整体で治した)。

・宇宙の端が気になって不眠症になって心療内科に通った事がある。

・40歳で次男を産んだ直後に老眼になった。

・冬場はオリーブオイルで化粧落としをする。

・食器の洗い物と洗濯物をたたむのが大嫌い。

 やると具合が悪くなる。服を乾燥機からそのまま着る。

・掃除・片付けが苦手。週1ペースでハウスキーピングに来て貰う。

・寒い所にいるのがが大嫌い。

・好きなマンガ…「沈黙の艦隊」。

・「ドラえもん」が大好き。最初の数コマを読むと登場する道具が判る。

・好きなドラマ…「24」。

・好きなアプリ…Uber EATS。

・自宅にバイオリン練習用の防音室がある。

・マスコミに対して納得できない時は抗議電話をかける。

・世間で流行しているものは一応チェックする(流行している理由を考察する)。

 ベストセラーを読む。流行のバッグは興味がなくても買う。

・昆虫が好き。特に青虫が好き。

・ペット…犬(ゴールデレドリバー、名前はエルモ=11.04現在)。

■高嶋ちさ子

 

□私生活(続)

・いきつけ…

 焼肉「綾小路」(六本木、全席個室=15.07現在)。

 焼肉「第一神宮」(=15.01現在)。

 「今福」(白金、牛タンのしゃぶしゃぶ=14.06現在)。

   「焼肉芝浦 駒沢本店」(世田谷区駒沢=13.09現在)。

 「つるや寿司」(世田谷区、子供の頃から家族で通っている)。

 「石鍋のぐち 」(白金台、多い時は週に3回、台湾石鍋)。 

 イタリアン「プレーツ」(広尾)。

 ラーメン「九十九ラーメン」(恵比寿)。ラーメン「阿夫利」(恵比寿)。

 美容室「toricca 代官山店」(10年以上通っている=15.07現在)。

 ファッションセンター「しまむら」。

・英会話を習っている(=14.04現在)。

・クルマが大好き。15台以上乗り継いできた。

 3台同時に所有していた事がある。常に最高級グレードを選ぶ。

・愛車…

 ジャガー F-TYPE コンバーチブル(=17.07現在)。

   レンジローバースポーツ(価格1300万+改造費200万円=14年現在)。

   ポルシェ・カイエンターボ(通称ター坊=08.12現在)。

   アストンマーチンV8ヴァンテージ(通称はっちゃん=08.12現在)。

・クルマの運転に自信がある。

・モデルルーム、住宅展示場が大好き。

・ポイントカードが大好き。

・夏の暑さが大好き。

・4月〜8月はオフとして仕事量を減らす。

・運転中の他のドライバーの違法運転を観察するのが日課。

 違法路上駐車を見つけると警察に通報するか文句を書いたポストイットを貼る。

・新幹線の車内でスーツケースを盗まれた事がある。

・中国で有名な風水師に「あなたのような気の強い女性は中国では処刑されます」と言われた。

・とてもせっかちな性格。

 私生活で分刻みで行動するのが好き。常に何かをしていないと気が済まない。

 ボーッとする事ができない。公私問わず「待ち時間」があると不機嫌になる。

 外食する時は事前に電話で料理を注文しておく。

 レストランのコース料理が嫌い。

 トイレに入る時はあらかじめてジッパーをおろしておく。

 自宅の車庫の自動ドアが開いている途中でクルマを入れてしまう(何度も擦った)。

 待ち合わせ場所に常に一番乗りする。横断歩道は常に小走りで渡る。

 美容室でヘアカットと足のネイルを同時進行でやって貰いながら食事を摂る。

 移動中にiPadで海外ドラマを見る(電波状況によって2台のiPadを使い分ける)。

・思いつきで行動するのは大嫌い。

・キレやすい性格。気分を落ち着ける漢方を飲んでいる。

 

■高嶋ちさ子

 

□私生活(続)

・公共マナーを守らない人に声をかけて注意する。

・躾されていない子供が大嫌い。

・キャピキャピしている女が大嫌い。

・「女の涙」が苦手。

・人の悪口を言う女性は大嫌い。

・30歳以上の大人のメールの絵文字が大嫌い。

・ヤンキーが好き。

・オヤジギャグが好き。

・LINEをやっている(=14.04現在)。

 夫にLINEで怖い文章・怖いスタンプで「やるべき事」を伝える。

・母親と仲が良い。よく一緒に海外旅行に行く。

 コミュニケーションの為にしょっちゅうケンカをする。

・母親にスタインウェイのグランドピアノをプレゼントした(約600万円)。

・家族とケンカ腰の会話をして湧いてくる怒りがエネルギー源。

 家族にほめられた事が1度もない。

 特に母親は口が悪い。母親にだけは口喧嘩でかなわない。

・車中で母親とケンカして箱根に着いたとたんに母親が怒って帰った事がある。

・ハワイで母親と大ゲンカをした事がある。

・電話1本でいつでも呼び出せる小学校時代からの友人がいる(「手下」と呼んでいる)。

・「いつか仕返しをする人」のリストをつけている。

・子供と一緒に鴨川シーワールドによく行く。

・子供のおこづかいは「成功報酬」。

 運動会で1位なら100円、4位なら逆に400円徴収する。

・子供ふたりへのお仕置きでゲーム機を折った事がある。

・夫に自分からひとめ惚れして積極的にアプローチして仲良くなった。

 自分からアプローチした唯一な男性。

 会った瞬間に「これだ!」と思った(顔がタイプだった)。

 偶然を装って会社の前で待ち伏せして。

 夫の留守電に「もしもしワシじゃ、ワシと言っても鳥じゃないぞ」

 「♩テッ テッテケテッテー どーしてますかー(ゴーストバスターズ)」

 など、印象に残るようなメッセージを連日入れてアプローチした。

 夫には彼女がいたので別れさせた。

 交際3ヵ月で結婚を意識した。

 交際半年で自分から「そろそろどうよ?」とプロポーズした。

・婚約中に夫がマリッジブルーになった。

・「一生守って欲しい」と夫から言われた。

・夫はチャン・ドンゴン似のハンサムらしい。

・夫は何を言っても怒らない人なのでケンカにならない。

・夫をいじめるのが趣味。

・夫が家事や子育てをしてくれる。育児休暇を1年取った。

・夫はヘビメタ好き。

・夫はギターを多数所有。

 ヴァン・ヘイレンの世界300本限定モデルを所有(価格は25000ドル)。

・夫の気を引くために歌ったり踊ったりする。

・結婚10年で夫がだんだん反抗的になってきた。

・夫が子供のお弁当つくりや洗い物をしてくれる。キャラ弁作りが得意。

・夫は手先が器用。子供のお弁当ケースなどを作ってくれる。

・15年のクリスマスイブに夫婦喧嘩をして家出してクルマで2晩寝た(子供が仲裁してくれた)。


■高嶋ちさ子

 

□人間関係

・木佐彩子…親友。月1ペースで一緒にランチを食べる。お互いの自宅に遊びに行く。

 ロサンゼルスの木佐に自宅によく遊びに行った。

・永井美奈子…家族ぐるみのつきあい。

・軽部真一…家族ぐるみのつきあい。よく一緒に飲む。軽部の妻の両親とも仲が良い。

 テレビで軽部が失敗するとダメだしのメールを送る。

 コンサート「めざましクラシックス」を共同プロデュース。

 コンサートで軽部をいじめると客席が盛り上がる。

・秋川雅史、葉加瀬太郎…友人。毎年クラシックのアーティストを呼ぶパーティーを一緒に主催。

 面白くない人は高嶋の判断で翌年は呼ばない。

・東儀秀樹、相田翔子…友人。

・岸谷香…ライブで共演。

・綾小路きみまろ…きみまろのDVDを見てトークを勉強する。

・枝野幸男…枝野の妻がママ友(毎週ランチ)。子供が同い年で同じお絵かき教室。

・高嶋政宏、高嶋政伸…いとこ。

・高嶋忠夫…叔父(父親の兄)。

・寿美花代…義理の叔母。

・蓮舫…青山学院初等部の1年先輩。

・徳永ニ男、江藤俊哉、ショーコ・アキ・アール…バイオリンの師匠。

・加羽沢美濃…コンポーザーピアニスト。コンビを組んで全国各地でコンサート。

・大藤桂子…チェロ奏者。

 父親のプロデュースでユニット・チョコレートファッションを結成してCDをリリース。

 仕事の方向性の違いで解散。

・葉加瀬太郎、川井郁子、諏訪内晶子…バイオリニストとして活躍。

・川瀬里加子…小1からの親友。毎日のように電話で話す。唯一頭が上がらない人間。

 ※「ウチくる!?」に出演(=02年)

・上戸秀夫…小学校のハンドベル部の顧問。※「ウチくる!?」に出演(=02年)

・松岡修造、松田聖子…憧れている芸能人。

・ナイツ…好きなお笑いタレント。

・野村義男…夫が野村の大ファン。

・夫…宝石関係のサラリーマン。99年結婚。

・子供:

 長男…07.02.06誕生。無痛分娩の麻酔が途中で効かなくなる難産で帝王切開で出産。

 夫が出産に立ち会った。38歳での高齢初産。

 次男…09.05.18誕生。帝王切開で出産。


■高嶋ちさ子

 

□エピソードなど

・子役モデルとしてファッションブックなどに登場。

 埼玉銀行のポスターのモデルを緒形拳と一緒に務めた。

 父親のいとこがモデル事務所をやっていた。

 「はい笑って」と言われて「面白くもないのに笑えるかよ」と反抗してCMを降ろされた。

・高校時代、雑誌「オリーブ」の読者モデルをしていた。

・記念のつもりで受けたオーディションに合格してニューワールドシンフォニーに入団。

 南米・ヨーロッパツアーに参加。

・ジャズグループを結成してマイアミで演奏、地元の新聞・ラジオで好評を博した(=96年)。

・デビュー後10年程度はバイオリニストとしてはあまり人気がなかった。

 2000人収容の会場に客が60人程度しか来なかった。

・「バイオリン界の森高千里」と呼ばれた。

・TBS「踊る!さんま御殿!!」で毒舌キャラが全国に浸透した。

・練習時間は1日3〜4時間。

・TBS「道浪漫」で海外レポートを担当。

・本番直前に人が変わったように弱気になるが舞台に出ると強気キャラに戻る。

・クラシック界初のベストジーニストを受賞。

・バイオリンを忘れてコンサートに行った事がある。

・コンサートの開幕直前は緊張で吐きそうになるがテレビ番組出演は全然緊張しない。

・コンサートで客が緊張していると自分も緊張してしまうので曲の合間に笑えるトークをする。

 場をなごませる為に「上を向いて歩こう」「ルパン三世のテーマ」などを弾く。

 興が乗って来るとトークがどんどん長くなってコンサートが3時間に及ぶ事がある。

・ゲストのトークがつまらないとステージ上で露骨に表情に出す。

・ゲストのトークがつまらなかったのでステージ上で寝た事がある。

・1736年製のストラディバリウスを所有(値段は数億円)。

・エルメスの特注のバイオリンケースを愛用。

・雨女。ナスカに60年ぶりに雨を降らせた。

・映画音楽を演奏したアルバム「シネマ・オン・ヴァイオリン」をリリース(=00年)。

・宮崎アニメの音楽を演奏したアルバム「風のとおり道」をリリース(=00年)。

・映画「踊る大捜査線THE MOVIE2」に出演(映画初出演=03年)。

・テレビ「めざましどようび」でリポーターに初挑戦(=05年)。

・エッセイ集「ヴァイオリニストの音楽案内」を上梓(=05年)。

・バイオリニストとして年間約100本のステージに立つ。

 「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」をプロデュース(女子十二楽坊をパクったらしい)。

・出産後2週間でコンサートの仕事を再開した。

・コンサートで失敗すると死にたくなる。

・コンサートは演奏7割トーク3割。

・母親が「メレンゲの気持ち」に出演(実家ロケ(=10年2月7日放送分)。

・自分で片っ端から電話営業をしてコンサートのスポンサーを17社取った事がある。

・嫌いな人と話す時ははっきり顔に出る。

・将来「スナック 怒りんぼう」という店をやりたいと思っている。

凡例:17.01現在=2017年1月現在