香西かおり

香西かおり


■香西かおり(こうざい かおり)

 

□肩書き

 歌手

 

□本名・旧芸名

 香西香

 

□生年

 1963(昭和38)08.28(乙女座/B型)

 

□出身地

 大阪府大阪市港区

 

□出身校

 大阪市立東商高校

 

□略歴

 88年(25歳)「雨酒場」でデビュー。レコード大賞新人賞。

 93年(30歳)「無言坂」で日本レコード大賞。

 01年(38歳)初の座長公演「春風公演」を開催。

 ※他の主なシングル:

  「流恋草」「すき」「望郷十年」

 ※主な出演:

  ドラマ「弁護士猪狩文助シリーズ」

  テレビ「どんとこい民謡」「ごきげんよう」「徹子の部屋」

 

□趣味

 パソコン 写真 ギター ゴルフ

 

□特技

 茶道(裏千家) 華道(未生流) 日舞(藤原流名取) 

 

□資格

 簿記3級 珠算初段 情報処理検定2級 商業検定2級

 

□特記事項

・日本レコード大賞(93年「無言坂」)

■香西かおり


□幼少時代〜

・父親はテレビの美術担当。

・7歳年上の兄がいる。

・習いごと…日舞。

・子供の頃、母親が洋服を作ってくれた。

・子供の頃、兄とよく一緒に遊んだ。

・子供の頃、人見知りだった。親戚のおじさんの顔を見ても泣いていた。

・11歳の時、近所に住んでいたおばさんに誘われて民謡を習い始めた。

・民謡のレッスンで友達と遊ぶ時間が減るのが嫌だった。

・小学校を卒業する頃までは内気だったが中学に入ってから明るくなった。

・高校時代、「まつや生菓子店」でアルバイト。 


■香西かおり

 

□私生活

・好物…魚(特にアジの干物)。コハダ。たこ。納豆。

 パクチー(大好物)。チーズケーキ。

・食べ物の好き嫌いがない。

・玄米を精米機で精米して鍋で炊く。

・酒が好き。日本酒が好き。自宅に日本酒専用の冷蔵庫がある。

 時間をかけて少しづつ飲むのが好き。

 庶民的な居酒屋が大好き。

 酔うと特に好物でもないアイスクリームを買ってしまう

 (買った事を覚えていない)。

・健康法…朝鮮にんじん。

・盲腸で緊急入院(=99年)。

・肩凝り性。

・6:00に起きてゆっくり入浴する。

・自宅に蓄音機がある。

・パソコンでポストカードを作る。

・大きな一眼レフのカメラを愛用。

・仕事で旅が多いのでオフの時は家にいる事が多い。

・収集…全国各地のJAのキャップ(約500個所有、

 地方の営業先で花束と一緒にJAのキャップを贈呈される)。

・ペット…

 犬(シーズー、牝11歳、名前はイブ=19.10現在)。

 犬(シーズー、牝7歳、名前はジョイ=19.10現在)。

・ジーンズが好き。

・住んでいる所…大阪府大阪市(父親とふたり暮らし=18.05現在)。

・住んでいた所…東京都世田谷区(三軒茶屋界隈に10年以上住んでいた)。

・いきつけ…

 「ビストロ・キンタ」(三軒茶屋、20年通っている、ステーキ丼=17.05現在)。

 焼肉「韓てら」(世田谷区代沢)。

 居酒屋「たつや」(三軒茶屋)。

 居酒屋「ちゃぽん」(三軒茶屋)。

 カフェ「天使のおやつ」(三軒茶屋)。

 スーパー「マルフジ」。

・ゲイバーが好き。ゲイバー「おだまり」のママは友人。

・クルマの運転が荒っぽいらしい。

・新幹線の車窓から富士山が見えると必ず写真を撮る。

・温泉が好き。伊豆の伊東温泉にいきつけの宿がある。

・感情を表情に出すのが苦手。

・大阪に戻って認知症になった母親を介護した。※17年他界

・兄夫婦が喫茶店「茶味居」を経営(大阪市、毎朝モーニングを食べに行く=18.05現在)。

・別居婚に憧れていた。


■香西かおり

 

□人間関係

・吉幾三…親友。

・伍代夏子、坂本冬美、長山洋子、藤あや子…友人。

 坂本の部屋でコスプレカラオケ、ゴルフ、温泉などで遊ぶ。

・堀内孝雄…友人。「お父さん」と呼ぶ。学生時代にアリスの大ファンだった。

・角川博、小金沢昇司、鳥羽一郎、山川豊、山本譲二

 …友人。鳥羽一郎と二枚看板でよくステージで共演。

・国府弘子、寺田恵子(SHOW-YA)…友人。飲み友達。

・仙波晴彦…パーカッション奏者。友人。飲み友達。

・正司歌江…友人。

・五木ひろし…五木の55歳のバースデーコンサートにゲスト出演(=03年)。

・奥村チヨ…奥村の「恋の奴隷」を香西がカバー(CMに使われて話題になった=93年)。

・上妻宏光…紅白歌合戦で上妻の演奏で「津軽じょんがら節」を歌った(=02年)。

・玉置浩二…「無言坂」を作曲。

・松井昌雄…デュエット曲「ゆきずり物語」をリリース(=03年)。※松井秀喜の父親

・金沢栄…高2の時からの民謡の師匠。

・聖川湧…演歌修業時代の師匠。

   民謡歌手から演歌歌手に転向する時に2年間レッスンを受けた。

 デビュー曲「雨酒場」の作曲家。

・世良公則…子供の頃世良のファン。

 初めて買ったレコードは「あんたのバラード」だった。

・松井昌雄(松井秀喜の父親)…香坂の大ファン。

 デュエット「ゆきずり物語」をリリース(=03年)。

・斎藤恵…ミュージシャン。00.04.07入籍、02.02.26離婚。離婚後も時々一緒に飲む。


■香西かおり

 

□エピソードなど

・第4回日本民謡大賞近畿大会で読売テレビ特別賞を受賞。

・香西香の名前で「秋田長持唄」で民謡歌手としてデビュー(=81年)。

・高校卒業後、大阪の太陽神戸銀行船場支店に就職。

 民謡歌手との両立が難しくて半年で退職。

・銀行退職後にパン屋でアルバイトをした。

・演歌歌手としてデビューするかどうか迷って占いを4つハシゴして、

 4人全員から「歌手になる」と言われた。

・演歌歌手を目指してレッスンしていた時期は生活が苦しかった。

 赤坂のスパゲティ屋でアルバイトした。

 財布の中に8円しかなかった事があった。

 当時の主食はじゃがいもだった。

・民謡の歌い方の癖を治して演歌の歌い方を身につけるのに苦労した

 (民謡は常に一定の張りで歌う)。

・デビュー後の最初のキャンペーンは自転車屋だった。

・深夜放送のラジオ「走れ歌謡曲」のパーソナリティ−を務めた。

・ホテルでヤクザの幽霊を見た事がある(その部屋でケンカで死んだ人らしい)。

・森進一主催のチャリティーコンサート「じゃがいもの会」に参加。

・国立劇場で民謡のリサイタルを行う(=95年)。

・ライブでジャズやボサノバを歌う。

・土地のおいしいものを食べるのが地方の仕事の何よりの楽しみ。

・自宅を「ディスカバ! 99」で公開(=04年2月11日放送分)。

・副業…関西風おでん屋「赤いクレヨン」(下北沢、時々客として飲みに行く=05.12現在)。

・あがり性。

・電車でひとりで移動する。逆方面の新幹線に乗ってしまった事がある。

・紅白歌合戦に19回出場(=16年現在)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在