長嶋一茂

長嶋一茂

■長嶋一茂(ながしま かずしげ)

 

□肩書き

 プロ野球選手 タレント 俳優 スポーツキャスター

 

□所属(野球シーズン年度)

 ヤクルトスワローズ(88年〜92年)

 読売ジャイアンツ(93年〜96年)

 

□本名

 長嶋一茂

 

□生年

 1966(昭和41)01.26(水瓶座/B型)

 

□出身地

 東京都世田谷区田園調布

 

□出身校

 田園調布小学校

 田園調布中学校→白根開善学校中等部 

 立教高校

 立教大学卒業(=88年)

 

□略歴(満年齢)

 88年(22歳)ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団。

 93年(27歳)読売ジャイアンツに移籍。

 96年(30歳)現役引退。

 00年(34歳)NHK朝の連続テレビ小説「オードリー」に出演。

 ※現役時代のの通算成績:

  384試合、.210、18本、82打点、8盗塁

 ※他の主な出演:

  映画 「男たちの大和」「ミスタールーキー」

  ドラマ「新・お水の花道」「ザ・ドクター」「なにさまっ」

  テレビ「さんまのスーパーからくりTV」「はぴひる」「独占スポーツ情報」

  CM    「クラシアン」「太田胃散」「三菱自動車」

 

□趣味

 テレビゲーム 格闘技観戦 不動産めぐり 旅行 自転車 ゴルフ スキー

 

□特技

 空手黒帯(極真空手松井派)

 

□サイズ

 181㎝ 85㎏

 

□特記事項

・父親は長嶋茂雄

・妹は長島三奈

■長嶋一茂

 

□幼少時代〜

・父親は元プロ野球選手の長嶋茂雄。

 「ミスタープロ野球」と呼ばれた。現役引退後に読売ジャイアンツの監督を長年務めた。

・長男。妹が2人、弟が1人いる。

・生後4日の映像が残っている(「誰だって波瀾爆笑」17年3月5日放送分)。

・0歳の時、カルピスの新聞広告写真モデルを父親と一緒にやった。

・自宅の庭でタケノコが採れた。

・子供の頃、ブルース・リーに憧れた。

・子供の頃、自宅のベランダに水を溜めてコイを泳がせた。

・子供の頃、実家の庭にあった桜の木に登って枝を折って父親に叱られた。

・子供の頃から「将来はプロ野球選手になる」と決めていた。

・子供の頃、父親とすれ違いの毎日でほとんど話をした事がなかった。

・子供の頃、5歳年下の弟としょちゅうケンカした。

・小学校時代、授業の邪魔をしてよく廊下に立たされた。

・小学校時代、勉強が大嫌いだった。家庭教師に宿題をやって貰った。

・小学校時代、調理実習の時に自宅から肉を5㎏を持って行って先生に怒られた。

・小学校時代、運動会に父親が来て騒然となって競技が中断。

・小学校時代、当時現役だった父親に後楽園球場に連れて行って貰ったが、

 父親は連れてきた事を忘れて置いて帰ってしまった。

・小学校低学年の頃、野球、サッカー、空手をやっていた。

・小4の時、リトルリーグで野球をはじめた(目黒東クリッパーズ)。

 最初は左バッターだった。

 強制的に背番号90番(当時の父親の背番号)でサードを守らされた。

 マスコミに取材されて友達から孤立するのが嫌で約1年半で辞めた。

・中学時代、硬球のボールをぶつけて盆栽を全て壊したが、父親からは怒られなかった。

・中学時代、毎日塾に通って日曜日は家庭教師に来て貰っていた。

・中学時代、陸上大会の時だけ陸上部に在籍して短距離に出場した。

 100m走で大田区決勝に進出。

・中3の時、塾で知り合った女の子と初デートで横浜に行った。

 初デートで全く会話が弾まなかった。

 大学時代に再会してプロ2年目まで交際した。

・高校時代、1日7食食べていた。1日に肉を2㎏食べた事があった。

・高校時代、荒木大輔に憧れて甲子園出場を目指してふたたび野球を始めた。

 左肘を痛めて1年2年はずっと球拾い。

 高3の時に甲子園の予選で県大会準優勝(自分でエラーで負けた)。

・大学時代、野球部(かつて父親も所属していた立教大学野球部)。

 大学1年の時、初出場試合でトンネル。

 大学4年の時、主将を務め、春のシーズンでベストナイン。

 大学通算成績は打率.225、ホームラン11本。

・大学時代、日本学生選抜の4番としてアジア選手権に出場、中国戦でホームラン。

・大学時代、野球部員全員で運送のアルバイトをして遠征用のクルマを買った。

■長嶋一茂

 

□私生活

・好物…そば(日本酒をかけて食べる)。納豆の磯辺揚げ。煮込み。餃子。

   あぶりトロ。うなぎのキモ焼き。イカの塩辛。

   エビチリ。タコ(大好物)。数の子。

   だし巻き玉子。キムチ。ショウガ(大好物、味噌汁に入れる)。

   栗ようかん。ショートケーキ。甘いもの。

・嫌いな食べ物…とんかつ。鯉のあらい。

・おいしいものを食べる事が大好き。

・自宅で食事をする時はテレビをつけず姿勢を正して食事に集中する。

・酒はあまり飲めない。

・健康法…ニンニク生姜ドリンク。水中ウォーキング。散歩。

・持病…腰痛。不整脈。パニック障害(激しい目眩、過呼吸など)。

・現役時代に痛風を患った。

・ホタテにあたった事がある。

・毎年春先に自殺願望が1ヵ月出る。

・髪の毛の量が異常に多い。

・冷え性。夏場にクーラーを使わない。

・花粉症。

・予定がなければ21:00〜22:00に寝て5:00に起きる。

・隣に人がいると眠れない。

・入浴法にこだわりがある。高めの温度のお湯で半身浴する。

・几帳面。

 服の干し方・畳み方、リモコンの並べ方にうるさい。

 妻の財布や洋服を無断で整理する事がある。

・飛行機やエレベーターなど狭い空間が苦手(パニック障害が出やすい)。

   飛行機は広い空間を感じられるようにファーストクラスの一番後ろの窓際の席を取る。

 飛行機に搭乗する時はスウェットに着替えて精神安定剤を飲む。

 新幹線で行ける所は新幹線で行く。

 エレベーターの扉が開かなかったのでパニックになってガンガン扉を蹴った事がある

   (実は両側に扉があるタイプだった)。

・高所恐怖症。飛行機、ジェットコースターが苦手。

・冬の寒さが苦手。

・掃除が好き。

 水まわりの掃除が大好き(トイレ、洗面台、風呂など)。

 自宅だけでなくスポーツクラブの洗面台も掃除する。

・好きなマンガ…「空手バカ一代」「ゴルゴ13」。

・好きなアーティスト…JUJU(大ファン、詞を自己分析する)。

・テレビゲームが大好き。

・毎朝野生動物に襲われて食われて死ぬ事を数分間想像してから行動を開始する。

・30歳の頃から独学で投資をしている。

・「ノストラダムスの大予言」を信じていた。

 予言が実現しなかったら99年9月に結婚しようと思っていて実際に結婚した。

・もの忘れが激しい。

・自分の嫌な部分、直したい所を筆で紙に書いて、毎朝ゴミ箱に捨てる。

・洋服を収納しない(収納するとどこにあるか判らなくなる)。

・ジャージが好き。銀座にジャージで行く。

・トランクス派。

・自宅に檜風呂がある。

・ペット…犬(トイプードル、名前はキラ=15.12現在)。

・住んでいる所…一軒家(11年落成=12.02現在)。

■長嶋一茂

 

□私生活(続)

・いきつけ…

 焼肉「三幸園」(麻布十番、豆腐チゲ=15.12現在)。

 日本料理「La BOMANCE」(西麻布=12.04現在)。

 レストラン「キッチン・ボン」(恵比寿、子供の頃から通っている=12.02現在)。

 寿司「すし匠まさ」(西麻布、家族で6年通っている=12.02現在)。

 中華「豪華飯店」(世田谷区奥沢)。

 寿司屋「かねいし」(目黒区、元プロ野球の金石昭人が経営)。

 焼鳥「鳥えい」(田園調布、父親もいきつけで子供の頃から通っている)。

 花屋「第一フラワー総本店」(品川、散歩の途中で寄る=12.02現在)。

 「麻布かまど せんのはな」(麻布十番=12.03現在)。

・よくスーパーマーケットに食材の買物に行く。

・極真空手の大会に何度も出場。

・ベンチプレスで胸の上に降ろした170㎏のバーベルを動かせなくなって死にかけた事がある。

・自転車が好き。自転車選手用の超軽量&超高級自転車を愛用。

・パワースポットが好き。年間30ヵ所のパワースポットに行く。

・グアムで強烈なタイフーンに遭遇して風で犬が30m飛ばされるのを見た事がある。

・48歳からひとり旅にハマった。14年〜15年の1年間で月2回ペースでひとり旅に行った。

・ガラケーを愛用(=13.10現在)。

・クリスマスに実家に家族と親戚が集まって食事する(子供の頃から恒例)。

・父親が脳梗塞で倒れて緊急入院(=04年)。

・中学時代に知り合った女の子とプロ2年目まで交際していた。

 「あなたがプロになったら別れる」と言われていたのが本当にそうなった。

・22歳の頃、超金持ちの女の子と交際してクルマや服の面倒を見て貰っていた。

・彼女に結婚の相談をされて「このゲームが終わったら」と答えて破局した事があるらしい。

・妻と知り合う直前に5年間同棲していた彼女と別れた。

・妻は元バレーボール選手で国体に出場。

・妻は鹿児島出身で酒が強い。

・妻は元銀座のナンバーワンホステス。

・子供は双子だが二卵性なので血液型も性格も違う。

・子供はふたりとも陸上(短距離)をやっている(=15年現在)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在