鈴木雅之

鈴木雅之

■鈴木雅之(すずき まさゆき)

 

□肩書き

 歌手 

 

□所属グループ

 ラッツ&スター

 

□本名

 鈴木雅之

 

□生年

 1956(昭和31)09.22(乙女座/AB型)

 

□出身地

 東京都大田区大森

 

□出身校

 芝浦工業大学附属高校中退

 

□略歴(満年齢)

 80年(24歳)シャネルズとしてシングル「ランナウェイ」でデビュー。

 91年(35歳)ソロでNHK紅白歌合戦に初出場。

 96年(40歳)ラッツ&スターとしてNHK紅白歌合戦に初出場。

 ※主な出演:

  テレビ「スタジオパークからこんにちは」

 ※シャネルズ、ラッツ&スターの主なシングル:

  「ハリケーン」「め組の人」「夢で逢えたら」

 ※ソロの他の主なシングル:

  「ガラス越しに消えた夏」「違う、そうじゃない」「もう涙はいらない」

 

□特記事項

・姉は鈴木聖美

■鈴木雅之

 

□幼少時代〜

・実家は工場。父親は旋盤工。

・下町で生まれ育った。

・3代目の江戸っ子。

・4歳年上の姉がいる(鈴木聖美)。

・姉と一緒によく遊んだ。ステレオで音楽をかけて一緒に歌った。

 姉にスカートをはかされて扇風機でパンチラシーンをやらされた。

 姉に置いていかれそうになると泣いて後を追いかけた。

・2歳の頃、公園で変なおじさんにさらわれそうになったのを姉に助けて貰った。

 変なおじさんの抱えられている所に姉が飛び蹴りしてきたので自分は顔から地面に落ちた。

・小3の時、姉の影響でR&Bを聴き始めた。

 ビートルズや日本のGS全盛時代だったので変人扱いされた。

・子供の頃からハスキーな声だった。合唱で歌わせて貰えずカスタネットを担当した。

・子供の頃、三橋美智也が好きだった。

・小5の時、遠足でテンプテーションの「マイ・ガール」を歌った。

・中学時代から仲間のリーダーだった。

 グループをまとめる為にあらかじめ個別に根回しして意思確認をした上で全体集会を開いた。

・中学時代、ガロのコピーバンド・ゲロを結成。

 つのだひろの「メリージェーン」の影響でドラム&ボーカルでやっていた。

・高校時代、田代まさしらと暴走族・蚤を結成、平行してバンド活動をやった。

 田代まさしとディスコでソウルのステップを競った。

 鈴木の家は仲間のたまり場だった(田代は毎晩のように泊まっていた)。

・高校時代、出席簿の遅刻の欄を砂消しゴムで消していた。

■鈴木雅之

 

□私生活

・好物…カリフォルニアロール。ストロベリーパフェ。甘いもの。

・健康法…Wii Fit。トカちゃんベルト。ウォーキング。水泳。岩盤浴(ツアーに持参)。

・酒に酔って存在に気付かずに店のガラスに激突してムチウチ症になった(=00年)。

・風邪をひきやすい(扁桃腺が弱い)。ホテルで寝る時にマスクを使う。

・朝5:00頃に寝る。

・寝る時はアロマテラピーをやり、アイピローを使う。

・通販が好き。腹筋器具やスカイウォーカーを購入。使わないモノも多数購入。

・お笑いが大好き。お笑い番組を録画して見る。

・ミラータイプのサングラスを愛用。

 在宅中に宅配便が来るとサングラスをかけて応対する。

 プールで泳ぐ時のミラータイプのゴーグルを使う。

・宝物…父親から貰った腕時計(もともとは父親が独立する際に母親が父親にプレゼントしたもの)。

・ペット…犬(パグ、名前はあんこ、牝=08.06現在)。

・メールに絵文字をたくさん使う。

・カラオケで自分の歌を歌う。

・子供の頃から人見知りの照れ屋。サングラスは照れ隠しの意味がある。

・好きなタイプ…聞き上手な女性。褒め上手な女性。

・女性に甘えるのが好きらしい。

・若い頃は熟女が大好きだった。