鈴木杏樹

鈴木杏樹


■鈴木杏樹(すずき あんじゅ)

 

□肩書き

 女優 歌手

 

□本名

 鈴木香公子

 

□旧芸名

 KAKKO

 

□生年

 1969(昭和44)09.23(天秤座/AB型)

 

□出身地

 大阪府箕面市→兵庫県神戸市

 

□出身校

 マリスト国際学校高等部→東京都立上野高校

 

□略歴(満年齢)

 93年(25歳)ドラマ「あすなろ白書」出演。

 95年(27歳)テレビ「MUSIC FAIR」司会。

 15年(47歳)映画「ライアの祈り」主演。

 ※他の主な出演:

  映画 「高校教師」「バースデイプレゼント」「ワラライフ!!」

  ドラマ「十年愛」「若者のすべて」「コーチ」

  テレビ「OH!エルくらぶ」「Jリーグ A GOGO!!」「ZIP!」「ZIP!」

 

□趣味

 読書 パソコン アロマテラピー 自転車 水泳

 

□特技

 英会話

 

□サイズ

 161㎝ B81W57H86


■鈴木杏樹

 

□幼少時代〜

・弟が1人いる。

・子供の頃、人見知りが激しかった。

 人前ではまともに話せず、男の子とは口も聞けなかった。

・小6の時、家族旅行で行ったハワイでウェイターの言葉が全然判らなくてショックを受けた。

・アメリカンスクール入学後、明るい性格になって人見知りでなくなった。

・アメリカンスクール時代、毎週土曜日に家族の夕食を作った。

・アメリカンスクール時代、歌手を目指して地元の音楽学院に通っていた。

■鈴木杏樹

 

□私生活

・好物…カレーライス。

 うどん(大好物、讃岐にうどんの修行に行った事がある)。

   ひや汁。フォー。Tボーンステーキ。北京ダック。

   はまぐり。生がき。あわびの酒蒸し。もずく酢。セロリ。

 アボカド。紅茶(数種類をブレンドして飲む)。ハーブティー。

・嫌いな食べ物…赤飯。カレーうどん。らっきょう。

・得意料理…冷製パスタ。

・野菜をたくさん摂る。

・餅を食べるのが苦手。

・腸閉塞の緊急手術を受けた(=98年)。

 音楽番組「ミュージックフェア」の収録中に腹痛に襲われた。

・自称・日本一身体が弱い女優。すぐ風邪をひく。

・胃弱。ドラマのクランクインが近づくと胃が痛くなる。

・万歩計を愛用。

・好きな花…ピンクのチューリップ。

・好きな画家…モネ。

・好きな俳優…スティーブ・マーティン。

・ペット…犬(バセンジー、12歳=08.09現在)。

 ※バセンジー…アフリカ・コンゴ産の珍しい犬種

・いきつけ…「うかい亭」(八王子)。

・ひなたぼっこが好き。

・水泳が得意。4泳法全て泳げる。

・豪華客船で世界一周旅行をしたいと思っている。

・好奇心旺盛。気になる事があると納得するまで探究する。

・ザウルス(携帯端末)を愛用していた。

・「最近連絡ないなあ」と思うとその人から数日のうちに電話やメールが来る事が多い。

・演じている役柄を私生活にまでひきずってしまう。

・滅多に怒らない。


■鈴木杏樹

 

□人間関係

・谷村新司…家族ぐるみのつきあい。

・坂井真紀…親友。ふたりで旅行に行った事がある。

・持田香織…友人。水泳仲間。

・細川茂樹…友人。なんでも相談する仲。

 ドラマ「コーチ」で共演して仲良くなった。

・渡辺満里奈…友人。一緒に八景島シーパラダイスにクリオネを見に行った事がある。

・段田安則…友人。ドラマで共演して仲良くなった。

・坂井真紀…友人。

・石田ひかり、鈴木杏樹、木村拓哉、筒井道隆、西島秀俊

 …ドラマ「あすなろ白書」の主な出演者。

   木村を「タックン」と呼ぶ。16年に全員で集まった。

・田中美佐子…ドラマ「十年愛」で共演、演技に関していろいろアドバイスして貰った。

・恵俊彰…「ミュージックフェア」の司会で共演。

・明石家さんま…ドラマ「恋のバカンス」で共演、

 楽屋でさんまのギャグに鈴木が過剰反応して泣いたと噂された。

・杉浦太陽…鈴木の大ファンで部屋中にポスターを貼っていた。

・ウエンツ瑛士…山形がウエンツの痔を診察した。

・パッパラー河合(爆風スランプ)、栃東大祐…鈴木のファン。

・デビット・カッパーフィールド…取材した時に簡単なロープマジックを教えて貰った。

・ピート・ウォーターマン…ロンドン時代のプロデューサー。

・ヘレナさん…ロンドン時代のボイストレーナー。公私ともお世話になった。

・喜多村緑郎…雑誌「週刊文春」に不倫交際を報じられ、

 双方が事実関係を認めて謝罪コメントを発表(=20年)。

・山形基夫…外科医。98.06.01入籍。※13.02.01他界(享年57)

 98年に受けた腸閉塞手術の担当医。交際3ヵ月で結婚。

 アメリカ・フロリダ州のディズニーワールドの中の教会で結婚式を挙げた。

 内視鏡手術の権威(乳癌の温存手術法を編み出した)。


■鈴木杏樹

 

□エピソードなど

・17歳の頃、海外向け日本人歌手としてスケウトされ、

 イギリスでプロを目指して4年間歌手修行。

・ロンドンのアパートをオートロックで閉め出されて警察が出動する誘拐騒ぎになった。

・レコードデビューが決まるまでスタジオで雑用の仕事をした。

 レコーディングスタジオのスタッフと仲良くなる為に似顔絵を描いて全員の顔と特徴を覚え、

   それぞれの紅茶の好みを調べて、暇をみつけては紅茶を入れてキッチンの掃除をした。

 「キッチン・エンジェル」と呼ばれてかわいがって貰えるようになった。

・KAKKOとして「We should be dancing」でイギリスで歌手デビュー(=90年)。

 バックダンサーを2人従えて踊りながら歌った。最高位は全英チャート101位。

 KAKKOはアメリカンスクールのニックネーム。

・イギリスでカイリー・ミノーグと一緒にツアーをまわった。

・イギリス時代、なぜかジャマイカ人にしょっちゅうナンパされた。

・ドラマ「十年愛」でNGを連発して毎回スタッフに怒られて何度も泣いた。

 緊張して3行の台詞もうまく言えず、スタッフに怒鳴られっぱなしだった。

・年間14本のCMに出演。

・たまごっちが死んだ時、悲しくて準備に時間がかかりドラマの収録を遅らせた。

・テレビ番組の企画でトカゲを食べた事がある。

・海外でレンタカーがガス欠になって高速道路の途中で止まった事がある。

・テレビ「24時間テレビ」のパーソナリティーを務める(=94年)。

・時代劇の仕事が好き。カツラを付けて着物を着ると役に入りやすい。

・監督や演出家としっかり話をして納得した上で演じたい。

凡例:20.01現在=2020年1月現在