鈴木京香

鈴木京香


■鈴木京香(すずき きょうか)

 

□肩書き

 モデル 女優

 

□本名

 鈴木京香

 

□生年

 1968(昭和43)05.31(双子座/A型)

 

□出身地

 宮城県仙台市

 

□出身校

 東北学院大学

 

□略歴(満年齢)

 91年(23歳)朝ドラ「君の名は」主演。

 04年(36歳)映画「血と骨」出演。

 10年(42歳)ドラマ「セカンドバージン」主演。

 ※他の主な出演:

  映画 「119」「39 刑法第39条」「重力ピエロ」

      ドラマ「我慢できない!」「王様のレストラン」「彼女たちの結婚」

  テレビ「徹子の部屋」

 

□趣味

 料理 読書 映画観賞 パソコン 美術鑑賞 ガーデニング 乗馬

 

□特技

 絵画 日舞

 

□サイズ

 166㎝ B88W59H89

 

□特筆事項

・日本アカデミー最優秀主演女優賞(04年「血と骨」)


■鈴木京香


□幼少時代〜

・母親は日舞の先生。

・3歳〜中学まで日舞をやっていた。

・親の目、先生の目、近所の人の目を気にする八方美人タイプだった。

・中学時代、英語が好きだった。翻訳家に憧れていた。

・中学時代、陸上部。3種Aをやっていた(100m走、砲丸投げ、走り高跳び)。

・高校時代、美術部。

 絵画展で入賞した作品が会場で天地逆さまに展示されていた。

・大学時代、経済を専攻。 

■鈴木京香

 

□私生活

・好物…グラタン(母親の得意料理)。コーヒー(大好物、毎朝ポット1杯分飲む)。

・得意料理…イタリア料理。和食。

・食べる事が大好き。たくさん食べる。

・南部鉄器を愛用。南部鉄器の鍋でごはんを炊く。

・酒が好き。たくさん飲む。ビール、赤ワイン、シャンパンが好き。

・健康法…たくさん食べてたくさん寝る。

・涙もろい。映画を見てよく泣く。

 映画「崖の上のポニョ」で開始5分で泣いてしまった。

 飛行機の映画を見て隣の席の人に驚かれる程号泣した事がある。

 顔が腫れるので撮影の前日は感動系の映画は観ない。

・足の指を開く事ができる。

・古書が好き。

・映画のDVDを大量に所有。

 レーザーディスクを2000枚以上所有(倉庫に置いてある)。

・ノートに記録を付けるのが好き。

 大雑把に書くので読み返すと何を書いているか判読が難しい。

・オマケに付いてくる人形を捨てられない。

・自宅の各部屋に花を飾る。バラ、ユリが好き。

・ガーデニングでズッキーニ、ルッコラ、バジルなどを栽培。

・ペット…メダカ(=14.01現在)。

・賃貸マンションに住んでいる(=08.11現在)。

・テニスを習っている(=10.06現在)。

・お茶、アルゼンチンタンゴを習っている(=08.11現在)。

・クルマの運転が好き。宮城県の実家にクルマで帰った事がある。

・休日には御稽古事や運動のスケジュールを朝からびっしりと入れる。

・美術館巡りが大好き。

・旅先で自分の足下の写真を撮る(靴と背景でどこの写真が判る)。

・好奇心旺盛。

・ホームパーティーが好き。

・「そうですね」が口癖。

・「意外と男っぽい」とよく言われる。

・場を仕切るのが苦手。

・年下の人と接するのが苦手。

・好きな男性のタイプを思いつかない(=08.11現在)。

・男性の照れた笑顔が好き。

・恋愛経験が少ない(=99年の発言)。


■鈴木京香

 

□人間関係

・小池栄子…友人。よく一緒に食事に行く。

・長澤まさみ…友人。よく一緒に食事に行く。

・米倉涼子…友人。メール友達。

・しずちゃん(南海キャンディーズ)、滝川クリステル、富田靖子…友人。

・長谷川博己…ドラマ「セカンドバージン」で共演。

・竹中直人…映画「119」の監督。

・伊藤高史(朋友)…仙台にいた頃同じモデル事務所に所属。

・森田芳光…映画「愛と平成の色男」「39 刑法第39条」の監督。

 高校時代に森田が監督した映画「それから」を観て森田のファンになった。

 森田に会いたくて映画「愛と平成の色男」のオーディションを受けた。※11年他界

・大塚範一、定岡正二、佐野瑞樹、ダンディ坂野、西村瑞樹(バイきんぐ)…鈴木のファン。

・伊達公子…憧れている人。

・高嶋正宏…交際を噂された。

・内村光良…ドラマ「ザ・ワイドショー」で共演。交際を噂された(=96年)。

・堤真一…映画「39 刑法第39条」で共演。双方の事務所が交際を認めた(=99年)。

 

□エピソードなど

・無名時代、地元の着物学校のモデルをやっていた。

・カネボウ水着キャンペーンガールを務めた(=89年)。

・ドラマ「君の名は」に出演していた時、仙台から新幹線で通っていた。

・映画「39 刑法第39条」で姿勢の悪い役を演じたら本当に腰痛になってしまった。

・映画「血と骨」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞(=04年度)。

凡例:18.01現在=2018年1月現在