酒井美紀

酒井美紀


■酒井美紀(さかい みき)

 

□肩書き

 女優 歌手

 

□本名

 酒井美紀

 

□生年

 1978(昭和53)02.21(魚座/AB型)

 

□出身地

 静岡県静岡市

 

□出身校

 常葉学園高校

 亜細亜大学経営学部卒業(=00年)

 

□略歴(満年齢)

 95年(17歳)映画「Love Letter」に出演。

 96年(18歳)ドラマ「白線流し」に出演。

 06年(28歳)昼の連続ドラマ「紅の紋章」に主演。

 ※他の主な出演など:

      舞台 「本郷菊富士ホテル」「彦馬が行く」「彦馬が行く」

  映画 「愛する」「恋と花火と観覧車」「ひめゆりの塔」

      ドラマ「葵 徳川三代」「ラブ・レボリューション」「明日、ママがいない」

  CM  「山崎製パン」「タイガー魔法瓶 炊きたて」「エスエス製薬」

  楽曲 「永遠に好きと言えない」「蒼い視線」「あなたの声が聞こえる」

 

□趣味

 料理 お菓子作り 読書 パソコン 絵画観賞 写真 スペイン語 サッカー観戦

 

□特技

 バレーボール

 

□資格・免許

 プリザーブドフラワー

 

□サイズ

 156㎝ B79W59H86 

■酒井美紀

 

□幼少時代〜

・父親はサラリーマン。

・自宅に茶畑、祖母の家にはわさび畑があった。

・2歳上の兄がいる。

・両親は共働きだった。

・習いごと…ピアノ。

・子供の頃、お茶を作っている親戚に茶摘みの手伝いに行った。

・子供の頃、外で遊ぶのが大好きなおてんばだった。

・小学校時代、マラソン大会で3年連続で3位以内に入賞。小3の時は優勝。

・小学校時代、ガールスカウトをやっていた。

・小5の時、市制百周年記念ミュージカル「二人の迷宮」に出演 (ビデオ現存)。

・小学校時代、歌手を志して毎週日曜日に浜松のジャパンアーティストオフィスに通った。

・中学時代、演劇部。

・中学時代、自転車通学(片道3㎞)。

・高校時代、自転車通学(片道8㎞)。

・高校は女子校。

・子供の頃は字を読むと必ず眠くなったが高校入学後に詩集から読み始めて読書好きになった。 

■酒井美紀


□私生活

・好物…白米(大好物)。パエリア。天ぷらうどん。ラーメン。冷麺。

 わらびもち(実家の方ではクルマで売りに来る)。麻婆豆腐。生春巻。ガパオ炒め。

 生肉。焼魚(毎朝食べる)。キムチ納豆。コンデンスミルク。

 わらびもち(大好物、京都から取り寄せる)。和菓子。

 緑茶(実家に茶畑で穫れた一番茶を送って貰う)。ベトナムコーヒー。

・嫌いな食べ物…アボガド。レバーの焼鳥。

・得意料理…エスニック料理。カレーライス(ルーから自分で作る)。杏仁豆腐。

・酒が好き。飲んでもあまり酔わない。飲むと笑い上戸になる。

・健康法…デザート酢。発芽玄米。

・とても涙もろい。

・虫がそれほど苦手ではない。

・洗濯が好き。海外で購入した香りが付く柔軟剤を愛用。

 洗濯をしながら昼寝をしている間に洗濯機のホースが外れて部屋が水びたしになって

 下の部屋に漏れた事がある。

・好きなミュージシャン…キャロル・キング(アナログ盤で聴く)。

・好きな作家…浅田次郎(大ファン)。司馬遼太郎。シドニー・シェルダン。

・好きな映画監督…クエンティン・タランティーノ。

・食用油、洗剤、消耗品などは大きいモノ(数が多いモノ)を購入。

・柄が入ったトイレットペーパーが好き。

・プリザーブドフラワーでコサージュなどを作るのが好き。

・ボッテガのトートバッグを愛用(値段は40万円)。

・収集…ポストカード。和食器。ろうそく。

・ひとり暮らし(=02.09現在)。

・いきつけ…居酒屋「電気食堂おばけ」(京都市中京区)。「モンスーンカフェ」(お台場)。

・携帯電話は必要ないので持っていない(=98年現在)。

・カラオケの十八番…中山美穂。ドリカム。

・静岡出身の為、清水エスパルスを応援している。

・空き時間にはひとりで映画館に行く。 

・ボランティア活動に興味関心がある。

・フラメンコが好き。

・クルマの運転が大好き。運転する時は性格が豹変してスピードを出す。

・カフェで長居するのが大好き。

・坂本竜馬が大好き。毎年墓参りに行く。

・女優業を休業してニューヨークに約1年半語学留学(=03年)。

・チケット・ホテルを自分で手配して海外旅行にひとりで行くのが大好き。

 海外旅行先でスーパーマーケット、ドラッグストアに必ず行く。

・大雑把な性格。

・学生時代からの親友とよく一緒に遊ぶ。

・父親と仲が良い。里帰りした時は一緒に映画を観に行ったりする。

・年齢の離れている年上の男性が好き。

・好きな男性に自分からアプローチするのが苦手。

・共通の友人の紹介で夫と知り合った。