道場六三郎

道場六三郎

■道場六三郎(みちば ろくさぶろう)

 

□肩書き

 料理人

 

□本名

 道場六三郎

 

□生年

 1931(昭和06)01.03(山羊座)

 

□出身地

 石川県

 

□略歴

 59年(28歳)「赤坂常盤家」のチーフになる。

 71年(40歳)日本料理店「ろくさん亭」開店。

 93年(62歳)テレビ「料理の鉄人」出演。

 

□趣味

 書 絵画 茶道 華道 ゴルフ

 

□特技

 彫刻

■道場六三郎

 

□幼少時代〜

・生家は茶道具の製造販売。

・6人兄弟の末っ子。

 

□私生活

・好物…旬の白身魚の刺身。カニ(大好物)。お菓子。

・食べるスピードがとても速い。

・持病…糖尿病。

・時代劇が好き。「鬼平犯科帳」が好き。

・日本史に興味・関心がある。

・せっかちな性格。

・冷蔵庫の残り物で作る実験料理を家族にふるまう。

・次女・照子は「懐食みちば」(銀座)の女将(=20.05現在)。

・妻は晩年に認知症を患った。

 

□人間関係

・神保美貴…家族ぐるみのつきあい。「銀座ろくさん亭」の常連。

・萬田久子…家族ぐるみのつきあい。

・周富徳…自他共に認めるライバル。

・歌子…?年結婚。※故人

・子供:

 長女。

 次女…照子。


■道場六三郎

 

□エピソードなど

・関西調理師大京会に入って各地で修行。

・最初の店(東京)をケンカで半年間でやめて神戸〜金沢と移って修行を続けた。

・神戸の店にいた時に京都の女性を好きになり、

 その女性が浮気症だったので仕事が手につかなくなって金沢に移った。

・何をするにも「人より早く、きれいに」を心がけた。

・失敗すると先輩によく殴られた。

・先輩と競争して負けると腹立ち紛れに包丁の背で先輩の手を叩いた。

・先輩から「面白い奴だ」と思われる為に色々バカな事をやった。

 裸で自転車に乗って銀座中を走り回った。

 高下駄をはいてタクシーの上に乗って交番に連れていかれた。

・包丁を持った人とケンカして土下座させた事がある。

・サラリーマン向けの高級惣菜店を開店(=62年)。

・氷彫刻コンクールで優勝。

・鉄人対決の時は2日前から禁酒(体調が良くないと勝てない)。

・「ろくさん亭」で従来の和食の伝統にとらわれない実験的な料理を多数提供。

 チーズと白味噌をあわせた「チーズ豪快鍋」など。

・常に新しい料理を考えている。寝ている時に新しい料理がよくひらめく。

・赤坂に「ブラッスリー六三郎」を開店(=94年)。

・次女・照子が「徹子の部屋」に出演(=20年5月12日放送分)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在