赤座美代子

赤座美代子


■赤座美代子(あかざ みよこ)

 

□肩書き

 女優

 

□本名

 赤座美代子

 

□生年

 1944(昭和19)02.10(水瓶座/O型)

 

□出身地

 愛知県名古屋市

 

□出身校

 名古屋市立新明小学校

 愛知学芸大学附属名古屋中学校

 愛知県立旭丘高校 

 早稲田大学第一文学部演劇学科除籍

 

□略歴(満年齢)

 63年(19歳)俳優座養成所に入所。

 68年(24歳)映画「牡丹灯籠」主演。

   93年(49歳)大河ドラマ「炎立つ」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「女の一生」「五稜郭血書」「女狐」

  映画 「青春の蹉跌」「はるか、ノスタルジィ」「東雲楼女の乱」

  ドラマ「銭形平次」「春日局」「ダブル・キッチン」

  テレビ「徹子の部屋」

 

□趣味

 ガーデニング 陶芸 中国語 

 テニス ゴルフ エアロビクス スキューバダイビング

 

□特技

 日舞 三味線 唄

 

□サイズ

 163㎝ 49㎏ 靴のサイズ23.5㎝

 

□特記事項

・元夫は藤田敏八

■赤座美代子

 

□幼少時代〜

・父親は実業家、県会議員。

・0歳の時、父親が戦死。

 直後に母親が病死。

・兄が2人、姉が1人いる。

・3歳の時、母親が結核で他界。

・祖父母に育てられた。

 6歳頃まで祖父母の事を両親だと思っていた。

 両親の事は全く覚えていない。

・小学校時代、焼失した実家の焼跡で釘を拾って売った。

・小学校時代、引っ込み思案で学校に行くのが嫌いだった。

・小学校時代、兄と一緒に毎週映画館に行った。

 家は名古屋駅の目の前だったので歩いていける所に映画館がたくさんあった。

・中学時代、学校行事の劇で主演。

・高校時代、演劇部。

・高校時代、男子にとてもモテた。

 赤座を奪い合って男子が殴り合いのケンカをした。

・高校時代、1歳年上の男の子と交際、

 オープンカーで迎えに来てくれて高級レストランでデート。

・高校時代、将来テレビの演出家になりたいと思っていた。

 高3の夏休みから毎日図書館に通って猛勉強した。

・大学時代、難解な演劇理論についてなくて演出家になる夢を断念した。


■赤座美代子

 

□私生活

・好物…きしめん。

・結婚するまで殆ど料理をした事がなかった。

 結婚初日の食事は出前だった。

・酒が好き。酒豪。

・健康法…

 黒胡麻、きなこ、プロテインを入れた牛乳。

 スポーツジム(最低週2回、筋トレ)。

・スポーツジムで腹筋を300回やる。

・筋トレを始めたら膝の関節炎が10日程度で治まった。

・喉のポリープ摘出手術(=86年)。

・50歳を過ぎてからスキューバダイビングをはじめた。

・腹筋フェチ。


■赤座美代子

 

□人間関係

・太地喜和子…親友。

・秋野太作、小野武彦、夏八木勲、地井武男、林隆三、原田芳雄、

 前田吟、村井国夫、竜崎勝、赤座美代子、栗原小巻、太地喜和子

 …俳優座15期生。「花の15期」と呼ばれた。1年に1回ペースで集まる。

・藤田敏八…映画監督。77.04.04結婚。93年離婚。

 ※97.08.29肝不全で他界(享年65)

 

□エピソードなど

・時代劇で濡れ場シーンを多数演じた。

 「赤い長襦袢が似合う女優」と呼ばれた。

・自宅を「情報ツウ」で公開(=04年6月11日放送分)。

・2時間ドラマに多数出演。

凡例:20.01現在=2020年1月現在