貴景勝光信

貴景勝光信


■貴景勝光信(たかけいしょう みつのぶ)

 

□肩書き

 大相撲力士

 

□所属

 貴乃花部屋→千賀ノ浦部屋

 

□本名

 佐藤貴信

 

□生年

 1996(平成08)08.05(獅子座/O型)

 

□出身地

 兵庫県芦屋市

 

□出身校

 芦屋大学付属幼稚園

 仁川学院小学校

 報徳学園中学校

 埼玉栄高校

 

□略歴(満年齢)

 14年(18歳)9月場所で初土俵。

 18年(22歳)1月場所で新小結。11月場所で初優勝。

 19年(23歳)3月場所後に大関昇進。

 ※主な出演:

  テレビ「櫻井有吉アブナイ夜会」

 

□趣味

 サッカー観戦

 

□サイズ

 175㎝ 169㎏

■貴景勝光信

 

□幼少時代〜

・父親は幅広く手がける実業家。

 不動産業、カラオケ店経営、保育園経営など。

・父親は極真空手をやっていた。

・生まれた時の体重は2800グラム。

・家は裕福だった。

・子供の頃、食が細く、体が小さかった。

・母親に「勉強しなさい」とよく言われた。

・4歳から極真空手をやっていた。 

 父親の厳しい指導の元で毎日1時間以上サンドバッグを突いた。

 週2〜3回空手道場に通い、子供の部と大人の部に連続参加(計4時間)。

 小3の時に全国大会決勝で反則負けで準優勝、「判定がある競技はやりたくない」と思った。

・サッカーを習った時期があった。

 周囲を無視してひとりでドリブルを繰り返してGKに転向させられてやめた。

・走るのが速かった。小1から小4まで毎年リレーの選手に選ばれた。

・小学校低学年の頃、3つの塾、サッカー、空手、柔道、相撲、体操、水泳を習っていた。

・小3の時、相撲を始めた。

 小4〜小6の時、相撲の全国大会で3年連続上位入賞。

 毎日自宅で四股を踏み、廊下でぶつかり稽古をした。

 ※テレビ「学校へ行こう!」に天才相撲少年として出演(=07年)

・約4年間で父親の指導で約50㎏増量(小3の時30㎏→卒業時80㎏)。

 450グラムのハンバーグ定食を3人前、牛丼特盛り3杯などを食べた。

 毎日牛乳を最低2ℓ飲んだ。

・小学校の卒業文集に「将来横綱になりたい」「お客様に喜ばれる相撲を取りたい」と書いた。

・中学時代、1回の食事で肉を1㎏食べた。

 当時の食費は月30万円。

・中学時代、中学横綱。

 強すぎて稽古相手がいなかったので関西学院大学に出稽古。

・中2の時、腰を疲労骨折して稽古ができない間によくケンカをした。

・埼玉栄高校は相撲の強豪校。

・高校時代、寮生活。

・高校時代、校則で恋愛禁止、携帯電話禁止だった。

・高校時代、全国大会7冠。

・高3の時、世界ジュニア選手権無差別級優勝。


■貴景勝光信

 

□人間関係

・阿武咲奎也…親友。同い年。ライバル的存在。

 子供の頃から何度も全国大会で対戦。全中決勝で対戦。

・納谷幸之介、琴勝峰吉成、琴ノ若傑太、貴景勝光信、

 大栄翔勇人、翔猿正也、豪栄道豪太郎

 …埼玉栄高校相撲部出身。

・宇良和輝…関西学院大学での出稽古で対戦

 (当時宇良は大学1年、貴景勝は中学3年)。

・貴景勝光信、貴ノ岩義司、舛乃山大晴、隆の勝伸明、

 貴源治賢、貴公俊剛

 …千賀ノ浦部屋所属(引退・廃業を含む)。

・納谷幸之介…貴景勝の付け人(19年5月場所)。埼玉栄高校の3年後輩。

・隆三杉太一…師匠

・貴乃花光司…元師匠。貴景勝の父親は貴乃花のファンだった。

・山田道紀…恩師。埼玉栄高校相撲部監督。

・目加田剛佑(一般人)…親友。小学校の同級生。

・堀田茜…憧れている芸能人(鼻の形が好き)。

・クロちゃん…好きな芸人。

・千葉有希奈…20.08.30婚約発表。20年秋入籍。元大関・北天佑の次女。


■貴景勝光信

 

□人間関係

・阿武咲奎也…親友。同い年。ライバル的存在。

 子供の頃から何度も全国大会で対戦。

・豪栄道豪太郎…埼玉栄高校相撲部の先輩。

・宇良和輝…関西学院大学での出稽古で対戦(当時宇良は大学1年、貴景勝は中学3年)。

・貴景勝光信、貴ノ岩義司、舛乃山大晴、隆の勝伸明、貴源治賢、貴公俊剛

 …千賀ノ浦部屋所属の主な力士。

・納谷幸之介…貴景勝の付け人(19年5月場所)。埼玉栄高校の3年後輩。

・隆三杉太一…師匠

・貴乃花光司…元師匠。貴景勝の父親は貴乃花のファンだった。

・山田道紀…恩師。埼玉栄高校相撲部監督。

・目加田剛佑(一般人)…親友。小学校の同級生。

・堀田茜…憧れている芸能人(鼻の形が好き)。

・クロちゃん…好きな芸人。

・千葉有希奈…20.08.30婚約発表。元大関・北天佑の次女。


■貴景勝光信

 

□エピソードなど 

・突き、押し、いなしが得意。

・10代の新十両力士として史上初の初日から8連勝(=16年)。

・1月場所で新入幕(=17年)。

・師匠・貴乃花親方の退職で貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍(=18年)。

・3横綱1大関休場した場所で13勝2敗で初優勝(=18年11月場所)。

 00年魁皇以来18年ぶりの小結優勝。

 初土俵から26場所で初優勝は史上4位タイ(年6場所制以降、幕下付け出しを除く)。

・基本的にテーピングやサポーターを付けずに土俵に上がる。

・常に「勝っておごらず、負けて腐らず」を心がけている。

・栃ノ心との<入替戦>を制して大関昇進を決定的にする10勝目(=19年3月場所千秋楽)。

 栃ノ心はこの敗戦で2場所連続負け越しが決定(大関陥落)。

・大関昇進伝達式の口上の「感謝と思いやりの気持ち」は埼玉栄高校相撲部の教えから。

・芦屋市のPR大使就任(=19年)。

・新大関の19年5月場所4日目御嶽海戦で右膝靭帯を痛めて5日目から休場。

 8日目に再出場して敗戦、9日目から再休場。7月場所を全休。

 母校・埼玉栄高校に約1ヵ月半住み込みでリハビリをした。

・19年11月場所優勝決定戦の御嶽海戦で左大胸筋肉離れ(全治6週間)。

 怪我した瞬間に心が折れる程の痛みがあった。

 内出血が始まるまでの数日間は寝返りできない痛みだった。

 広範囲に内出血している状態を報じられた。

凡例:20.01現在=2020年1月現在