西本聖

西本聖

■西本聖(にしもと たかし)

 

□肩書き

 プロ野球選手(94年引退)

 プロ野球指導者

 

□主な所属チーム

 読売ジャイアンツ(75年〜88年,94年)

 中日ドラゴンズ(89年〜92年)

 

□本名

 西本聖

 

□生年

 1956(昭和31)06.27(蟹座)

 

□出身地

 愛媛県松山市(興居島)

 

□出身校

 興居島中学校

 愛媛県立松山商業高校

 

□略歴(満年齢)

 75年(19歳)ドラフト外で読売ジャイアンツに入団。

 85年(29歳)6年連続2ケタ勝利。

 89年(33歳)中日ドラゴンズに移籍。20勝6敗で最多勝。

 ※入団、移籍は野球シーズン年度

 ※通算成績:

      504試合、165勝128敗17S、防御率3.20、1239奪三振、勝率.563

 ※主なタイトル・表彰:

  最多勝利1回、最高勝率1回、

  沢村賞1回、ゴールデングラブ賞8回、日本シリーズMVP1回

 

□サイズ

 176㎝

 

□特筆事項

・6年連続2ケタ勝利


■西本聖

 

□幼少時代〜

・父親は南満州鉄道勤務→漁師。

・7人きょうだいの末っ子(兄4人、姉2人)。

・小学校時代、引き潮の砂浜で野球(三角ベース)をよくやった。

・小4の時、兄(三男)の明和が松山商のエースとして甲子園に出場(準優勝)。

 両親と一緒に甲子園のアルプススタンドで応援した。

・中学時代、先輩に殴られて野球部を辞めて卓球部に転部。

 卓球台を作って自宅で練習した。半年後に野球部に戻った。

・中1の時、兄(四男)の正夫が松山商の一塁手として甲子園に出場(優勝)。

 甲子園のスタンドで応援した。

・中1の時、エースとして松山市の大会で優勝。

・高1の時、硬球を握って2週間で初登板初完封。

・高1の時、厳し過ぎる野球部の上下関係に嫌気がさして同級生5人で脱走した。

・高3の時、プロを目指して激しいトレーニングを自分に課した。

 鉛の重り入りの靴で通学、放課後はその靴で松山城までランニング。

 フェリーで島に戻った後で自宅近所の砂浜を走った。

 自宅で腹筋と背筋を100回、片足屈伸、指立て伏せをした。

 練習した事を毎日日記に書いた。

 

□私生活

・腰と股関節を痛めて手術を受けた。

・現役引退後に競技ゴルフに挑戦。

 本気でプロ資格を取るつもりで猛練習した(1日1000球打った)。

 パッテイングが大好き(複雑なラインほど楽しい)。

 公式戦のベストスコアは69(江戸崎CC)。


■西本聖

 

□人間関係

・江川卓、原辰徳、中畑清…同時期にジャイアンツで活躍。

・定岡正二…ジャイアンツ同期入団(定岡はドラフト1位)。

・衣笠祥雄…西本のシュートによる死球で左肩甲骨を骨折(=79.08.01)。

 翌日代打で出場して3回フルスイイングで三振、

 「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本君のために振りました」と発言。

・西本明和…兄。プロ野球選手。ドラフト1位で広島に入団。

 

□エピソードなど

・脚を高々と上げるダイナミックな投球フォーム。

・鋭いシュートが決め球。

・日本シリーズ初の毎回奪三振(=81年)。

・日本シリーズで29イニング連続無失点。

・「2ケタ勝ちますから残して下さい」と抵抗したがトレードで中日に出され、

 移籍1年目に20勝で最多勝。巨人戦で投げる時は特に燃えた。

凡例:19.01現在=2019年1月現在