藤井隆

藤井隆

■藤井隆(ふじい たかし)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優 歌手

 

□本名

 藤井隆

 

□生年

 1972(昭和47)03.10(魚座/A型)

 

□出身地

 大阪府豊中市

 

□出身校

 大阪市立西商業高校

 

□略歴(満年齢)

 92年(20歳)吉本新喜劇に入団。

 00年(28歳)シングル「ナンダカンダ」がヒット、紅白歌合戦出場。

 02年(30歳)朝ドラ「まんてん」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「スペリング・ビー」「ザ・キャラクター」「イロアセル」

  映画 「模倣犯」「パッチギ! LOVE&PEACE」

  ドラマ「明日があるさ」「乱歩R」「真田丸」

  テレビ「アッコにおまかせ!!」「笑っていいとも!」「Mathew's Best Hit TV」

  CM 「ミスタードーナツ」「アサヒビール ぐびなま。」「花王 メリット」

 

□趣味

 料理 プラモデル 写真 

 

□資格・免許

 簿記3級

 

□サイズ

 173㎝ 靴のサイズ25.5㎝

 

□特記事項

・妻は乙葉

■藤井隆

 

□幼少時代〜

・父親はタクシー運転手。

・母親は自宅で洋裁の仕事をしていた。

・7歳年上の兄がいる。

・子供の頃、母親手製の洋服を着ていた。

・子供の頃、兄と一緒にディスコごっこをして遊んだ。

 カーテンを閉め切って懐中電燈を点滅させながら自由に踊った。

・子供の頃から周囲に気を使う性格だった。

   家に来たお客さんに湯のみを温めてお茶を出した。

・近所に住んでいた10歳務年上の従妹と9歳年上の従弟とよく一緒に遊んだ。

   カメラマン修業をしていた従妹の影響で写真好きになり、近所の女の子の成長写真を撮った。

・骨折しやすい体質だった。

 3歳から13歳までに7回骨折した(右手、右足、左手、右手、左手、左足、両手同時)。

 一番最初は兄の膝から落ちただけで複雑骨折した。

・小学校時代、京都の親戚がやっている託児所で子供の世話を手伝った。

・小学校高学年の時、公団住宅に引越した。それまでは風呂なしアパートに住んでいた。

・大人になってひとり暮らしをはじめるまで母親と部屋を共有していた。

 4畳半の半分は母親の仕事用のスペースでミシンや生地が置いてあった。

・子供の頃から父親に大工仕事、母親に家事全般を仕込まれた。

・親の躾が厳しかった。高校生になっても繁華街に行く事や外泊は禁止だった。

・子供の頃に何度か手術をして血液型はO型と言われていたが、

 16歳の時に献血で血液型を調べて貰ったらA型だった。

・商業高校時代、女子300人以上に対して男子は10人程度だったが全くモテなかった。

・高校時代、アルバイトと映画に熱中。

 ゴルフ練習場の球拾い、うどん屋、百貨店などで稼いでひとりで名画座に通った。

・高校卒業時、松竹の経理部員に応募。

 面接で「経理よりも劇場の仕事をさせて下さい」と言ったら不採用だった。

・学生時代、応援団。

・学生時代、カーテンの中で数人の前でモノマネをするのは好きだったが、

 大人数の前で何かをするのは嫌いだった。

・歌謡曲が好きだった。テレビの歌番組をよく見た。

・広告写真家になりたいと思っていた。


■藤井隆

 

□私生活①

・好物…カレーうどん。パーコー麺。

 もち(大好物、正月にもちの食べ過ぎで体重が10㎏増えた)。

 ドーナツ(特にミスタードーナツのフレンチクルーラーが好き)。

 豚まん。シチュー。すき焼き。ロールキャベツ。

 春巻き。生春巻き。ハムエッグ。ポークピカタ。

 カキ。イカ納豆。白和え。豆乳。揚げ物。中華料理。

・嫌いな食べ物…ココナッツカレー。わさび漬け。飴。ガム。

・得意料理…餃子。

・パンの空洞部分が嫌い。

 アンパンはつぶして空洞をなくしてから食べる。

・好きな酒はウイスキー。

・家では飲まない。

・酒に酔うと狂暴になったり女王様のようになったりするらしい。

・ラジオの生放送中に過労で倒れて緊急入院(=01年)。

・太りやすい体質。

・視力が悪い(コンタクトレンズを使用)。

・ヒゲが濃い。ひげそりに40分かかる。

・寝付きが良い。

・朝起きるのが苦手。目覚まし時計を複数使う。

・幽霊が大の苦手。

 ホテルに泊まる時は荷物を解く前に部屋じゅうチェックする。

 ホラー映画(特に日本のホラー映画)が大の苦手。


■藤井隆

 

□私生活②

・洋楽ポップスが好き。

・好きなミュージシャン…カイリー・ミノーグ(ライブに行く)。

・母親に子供の頃から仕込まれたので洋裁が得意。

・新品の冷蔵庫の匂いが大好き。

・子供の頃から夢想癖があった。

・プラモデルを作る時に細かい着色を自分でやる。

・収集…マイレージ。昔のアイドルのビデオ。

・ペット…犬(パピヨン、牡=07.02現在)。

・住んでいる高級マンションが音漏れが激しい(=04.09現在)。

・74年もののベンツに乗っている(=00.11現在)。

・絶叫マシンが好き。

・仕事で失敗して帰宅後に玄関に座り込んで1時間半ぼーっとした事がある。

・飽きっぽい性格。

・会話のキャッチボールが苦手。普段はもっぱら聞き役。

・22歳の時、当時兄が住んでいたオランダに行ってドイツやベルギーを3ヵ月間廻った。

・好きなタイプ…働き者の女性。

・22歳で結婚して25歳でパパになりたいと思っていたが実現しなかった。

・妻の顔が好き。

・洗い物をすると妻がホメてくれる。


■藤井隆

 

□人間関係①

・田中直樹…親友。一緒に旅行に行く。同じ町出身。吉本の同期生。

 一緒にふたりで食事をして殆ど話さない事がある。

   藤井の自宅に遊びに来た事がある。田中から「チャマ」と呼ばれる。

・YOU…親友。家が近所。自宅に遊びに来る。

・今田耕司…友人。よく一緒に遊ぶ。

 今田に好きな女の子ができるとデートに同行して今田に会うかどうか判定する。

・要潤…友人。ドラマ「まんてん」で共演。

・木村祐一…友人。木村のアドバイスで乙葉に電話番号を訊いて交際を始めた。

・辻本茂雄…友人。よく辻本の家に遊びに行く。新喜劇の先輩。

・西川貴教…友人。デビュー曲に関してアドバイスしてくれた。

・藤原一裕(ライセンス)…友人。独身時代は多い時は週に4回遊んでいた。

・関根勤、清水ミチコ、YOU…友人。1年に4回「四季の会」と称して4人で遊ぶ

   (下ネタで盛り上がり、カラオケで踊りまくる、藤井が幹事)。

・椿鬼奴…友人。飲み友達。

・辺見えみり、清水ミチコ、神田沙也加、玉城千春(Kiroro)

 …友人。メール友達。

・佐藤隆太…友人。

・矢井田瞳…豊中市立第九中学校の後輩。


■藤井隆

 

□人間関係②

・浜田雅功、松本人志、間寛平、花紀京、東野幸治、藤井隆、

 山田花子、ロンドンブーツ、ココリコ

 …ユニット・Re:Japanで「明日があるさ」をリリース(=01年)。

・松田聖子…ユニットを結成して女子バレーボールワールドグランプリのテーマソング

 「真夏の夜の夢」をリリース(=07年)。

・宮地真緒…ドラマ「まんてん」で夫婦役で共演してキスシーン。

・浅倉大介…デビュー曲「ナンダカンダ」の作曲家。

・松本隆、筒美京平…シングル「絶望グッドバイ」の作詞家&作曲家。

・ウエトキさん…サラリーマン時代の先輩(10歳年上)。

 週末に遊びに行って朝から晩まで一緒に過ごしていた。

・コロッケ…好きなお笑いタレント。子供の頃から好き。

・早見優…憧れている芸能人。子供の頃は早見の大ファンだった。

 初めて買ったレコードは早見優の「夏色のナンシー」。

 早見のアルバム「Delicacy of Love」をプロデュース(=16年)。

・山口百恵…憧れている芸能人。初めて観た映画は山口百恵の映画だった。

・岡江久美子、三田寛子、松浦亜弥、山川恵里佳、RYOKO(Rose of Rose)

 …藤井のファン。

・乙葉…05.07.30挙式。ドラマ「乱歩R」で共演して知り合った(=03年)。

・子供:

 長女…07.10.31誕生。


■藤井隆

 

□エピソードなど

・アルバイト歴…

 レンタルビデオ屋「TSUTAYA」。

 ジーパン屋(おばさんの客にガンガン勧めてたくさん売った)。

・高校卒業後、高校の先生の勧めで化学薬品会社岡崎ヒュッテナスアルバータス化製に入社。

 大阪本社の経理部に約3年間勤務(93年に退社)。

 初任給は14万円、ボーナス10万円。家に毎月3万円入れていた。

 入社2年目で小会社の経理を全部まかされた。

 7人いた経理部の同僚は年配の穏やかな人ばかりで、子供のようにかわいがられた。

 社長の方針でボーナスは現金で手渡しだったのでボーナスの時期は1日中を札を数えていた。

 横領の犯人を探す為に、過去数年分の給料明細をチェック、証拠写真の為に張り込みをした。

 ボウリング部に入っていた。退社後も会社の人とつきあいがある。

・吉本新喜劇の募集要項に「ダンスレッスン無料」と書いてあったので、

 ダンススクールに通うつもりでオーディションを受けた。

・タレントの仕事を始めた当初約1年半、サラリーマンとかけもち。

   昼間普通に働いた後、月水金は深夜2:00までテレビ番組の収録があった。

・吉本に入るまでほとんどテレビのお笑い番組などを見た事がなかった。

 ダウンタウンの浜田と松本の区別もできなかったが、

 溶け込む為に「子供の頃から新喜劇を見ていました」などとウソをついていた。

・新喜劇に入団当初、どういうボケをやりたいか自分で判らず、

 言われた通りにやろうとしていたが、なかなかウケなかった。

・初めて舞台でオカマキャラを演じた時、客がおもいきり引いているのがはっきりわかった。

・普段は人見知りで楽屋では過剰に低姿勢。

・ハイテンションのオカマキャラで全国区でブレイクした。

・謎のキャラクター・マシュー南としてバラエティ「Mathew's Best Hit TV」に出演。

・アメリカ映画「ロスト・イン・トランスレーション」にマシュー南として出演(=03年)。

・アメリカ・ロサンゼルスと中国・上海でコンサート(=04年)。

・マシュー南として日本シリーズ開幕戦で始球式を務めた(=05年)。

・マシュー南がアニメキャラとしてアニメ「クレヨンしんちゃん」に出演(=05年)。

・シングル「OH MY JULIET!」のPVで高校生役を演じた。

・CM「花王・メリット」で夫婦共演(=08年)。

・音楽レーベル「スレンダリー・レコード」を設立(=14年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在