葉加瀬太郎

葉加瀬太郎

■葉加瀬太郎(はかせ たろう)

 

□肩書き

 バイオリニスト 

 

□所属グループ

 クライズラー&カンパニー

 

□本名(旧姓)

 葉加瀬太郎

 

□生年

 1968(昭和43)01.23(水瓶座/A型)

 

□出身地

 大阪府吹田市

 

□出身校

 京都市立堀川高等学校音楽科 

 東京芸術大学音楽学部器楽科中退(バイオリン専攻)

 

□略歴

   90年(22歳)クライズラー&カンパニーとしてデビュー。

 96年(28歳)セリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加。

 10年(42歳)朝ドラ「てっぱん」の音楽を担当。

※主な出演:

 テレビ「紅白歌合戦」「名のない音楽会」「徹子の部屋」

 CM    「公共広告機構」「アサヒビール」「KDDI」

 

□趣味

 料理 家庭菜園 革靴収集 

 

□特技

 絵画

 

□特記事項

・妻は高田万由子

■葉加瀬太郎


□幼少時代〜

・父親は飲食関係のサラリーマン(ステーキハウスの支配人)。

 副業としてワインスクールの講師をしていた。

・母親は元美容師。

・妹が2人いる。ひとりは1歳年下。

・4歳の時に親の勧めで近所の音楽教室でバイオリンを始めた。

・バイオリン以外に、ペン習字、書道、そろばん、お絵描き、学習塾、

 サッカー、剣道、アイススケートなどに通っていた(毎日習い事があった)。

・南千里ニュータウンの団地(2DK)に住んでいた。

 長屋のように開放的で近所つきあいが濃厚だった。鍵をかけずに生活していた。

・近所迷惑にならないように21時までしか練習できなかった。

・学校から帰ってくると先にバイオリンを練習して終わってから夕食を食べた。

・小学校時代、バイオリンの練習仲間だった村越伸子さんに初恋。

 小学校時代から何度も告白した。小学校時代に逆上がりを一緒に練習した。

 ※中学・高校・大学も同級生、大人になった後も友人

・小4の時、北千里ニュータウンの団地(3DK)に引っ越した。

 自分の部屋は押入れだった。

・小5の頃、1年間毎日チャーハンを作った。

・小6の時、バイオリンのコンクールに初入賞。

・中学時代、毎日10時間バイオリンを練習して腱鞘炎になった。

・中学時代、コンクールと発表会で頻繁にバイオリンを演奏した。

 演奏開始5秒でミスをしてふてくされて結果を聞かずに帰った事があった。

・高校時代、好きなバイオリニストの写真をパウチ加工して持ち歩いた。

・高校時代、近藤真彦に憧れて髪型をマッチカットにしていた。

・高3の時、ユーゴスラビアの国際音楽祭で最優秀賞を受賞。

・18歳頃までは太っていなかった。

・学生時代、指を怪我しないように体育の授業、遠足、運動会はほとんど休んだ。

・学生時代、好きなバイオリニストのポスターを部屋に貼っていた。

・学生時代、コンサートに行って楽屋の前で出待ちしてサインを貰った。

・大学に入るまでクラシック以外の音楽をまともに聴いた事がなかった。

・大学時代、バイオリン専攻の同期20人は全員何度もコンクールで戦った顔なじみだった。

・大学時代、大学の寮に住んでいた(広さ3畳、寮費2000円)。

・大学時代、ポピュラー音楽に傾倒してアンチクラシックになった。

 アルバイトでミュージカルやテレビ番組のオーケストラなどをやった。

・大学時代、結婚式、テレビ番組、劇団四季などでバイオリン演奏のアルバイトをした。

   最初の仕事は近藤真彦のコンサート。 歌番組「夜のヒットスタジオ」で演奏した 

・大学時代、お金がない時はいきつけの居酒屋でバイオリンを演奏した。

 他のお客さんからチップとして焼酎のボトルを貰って飲んだ。


■葉加瀬太郎

 

□人間関係

・マチェック…家族ぐるみのつきあい。葉加の自宅に住んでいた。

 バックバンドのメンバー。

・藤井フミヤ…親友。

・赤井英和…友人。正月の赤井家のパーティーで演奏する。

・鈴木雅之…友人。飲み友達。

・黒柳徹子…友人。クライズラー&カンパニーのコンサートに何度も鑑賞。

・柏木広樹…友人。チェリスト。学生時代からの仲。よく自宅に遊びに来る。

・近藤真彦…近藤真彦歌謡ショーのバックバンドのアルバイトをした。

・竹下欣伸、斎藤恒芳…クライズラー&カンパニーのメンバー。芸大の友人。

・木梨憲武&安田成美…子供が小学校の同級生。

・TOSHI…コンビを組んでツアー活動(=98年)。

・小田和正…コンサートで共演。

・中島美嘉…中島のコンサートをプロデュース(=04年)。

・セリーヌ・ディオン…「TO LOVE YOU MORE」にバイオリンで参加、

 ワールドツアーにゲスト出演。

・ロバート・ハインデル(ニューヨーク在住の画家)…家族ぐるみのつきあい。

 葉加瀬の絵を描いてくれた。

・川井郁子、諏訪内晶子、高嶋ちさ子…バイオリニスト。

・柴田淳…憧れている芸能人。

・ナイツ…好きなお笑いタレント。

・東儀祐二…バイオリンの師匠。10歳から師事。

・高田万由子…タレント。99.03.20東京のカトリック麻布教会で挙式。

 知人の紹介で学生時代に知り合って一目惚れして7年間交際して結婚。

・子供:

 長女…向日葵(ひまり)。99.07.22誕生。

 出産に立ち合って6時間うちわで扇いであげた。

 長男…万太郎。06.08.01誕生。


■葉加瀬太郎

 

□人間関係

・藤井フミヤ…親友。

・赤井英和…友人。正月の赤井家のパーティーで演奏する。

・鈴木雅之…友人。飲み友達。

・黒柳徹子…友人。クライズラー&カンパニーのコンサートに何度も鑑賞。

・柏木広樹…チェリスト。学生時代からの友人。よく自宅に遊びに来る。

・近藤真彦…近藤真彦歌謡ショーのバックバンドのアルバイトをした。

・竹下欣伸、斎藤恒芳…クライズラー&カンパニーのメンバー。芸大の友人。

・木梨憲武&安田成美…子供が小学校の同級生。

・TOSHI…コンビを組んでツアー活動(=98年)。

・小田和正…コンサートで共演。

・中島美嘉…中島のコンサートをプロデュース(=04年)。

・セリーヌ・ディオン…「TO LOVE YOU MORE」にバイオリンで参加、

 ワールドツアーにゲスト出演。

・ロバート・ハインデル(ニューヨーク在住の画家)…家族ぐるみのつきあい。

 葉加瀬の絵を描いてくれた。

・川井郁子、諏訪内晶子、高嶋ちさ子…バイオリニスト。

・柴田淳…憧れている芸能人。

・ナイツ…好きなお笑いタレント。

・東儀祐二…バイオリンの師匠。10歳から師事。

・高田万由子…タレント。99.03.20東京のカトリック麻布教会で挙式。

 知人の紹介で学生時代に知り合って一目惚れして7年間交際して結婚。

・子供:

 長女…向日葵(ひまり)。99.07.22誕生。

 出産に立ち合って6時間うちわで扇いであげた。

 長男…万太郎。06.08.01誕生。


■葉加瀬太郎

 

□エピソードなど

・前日に料理で切ってしまった指を使わずに演奏した事がある。

・音楽、絵画、料理は「モノを作る」という事では自分の中では同じ。

・バイオリンの弦を脚にはさんでバイオリンの方を動かして演奏する芸がある。

・霧島焼酎「花懐石」のCMソングを作曲、ボトルのラベルをデザイン。

・いつメロディーが浮かんでも良いように小さなテープレコーダーを常時携帯。

 98年(30歳)セカンドアルバムを全米でリリース。

・鳥居ユキコレクションのショーモデルを務める(=99年)。

・新レーベル・t AVE.(ティー・アヴェニュー)を設立(=99年)。

・音楽総監督を務めるレーベル・HATS(ハッツ)を設立(=02年)。

・自宅のスタジオはバイオリンの為に湿度・温度を常に一定に保っている。

・8000万円のバイオリンを所有(本体8000万円、弓は3000万円)。

・8億円以上のバイオリンを借りて使っていた。

・良いバイオリンは作られてから150年経過後から音が良くなる。

 作られてから約300年頃が一番良い音が出る。

・バイオリンは湿気に弱い。梅雨のシーズンは良い音が出ない。

・飛行機で移動する時はバイオリン用に隣の席も取る。

・年間約100本コンサートをやっている。

・本番15分前まで楽屋に置いたベッドで仮眠する。

・楽屋からステージに出るまでの決まったルーティーンがある。

 スタッフに言われるがままにルーティーンをこなす(自分では覚えていない)。

・コンサートの開演直前にとても緊張する。

・絵画の個展を何度か開催。

・大阪球場跡地の再開発計画「なんばパークス」をプロデュース(=03年)。

・自宅を「メントレG」で公開(=04年10月15日放送分)。

・デビュー25周年を記念してクライズラー&カンパニーを再結成(=15年)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在