荻原次晴

荻原次晴


■荻原次晴(おぎわら つぎはる)

 

□肩書き

 スキーノルディック複合選手(98年引退)

 

□本名

 荻原次晴

 

□生年

 1969(昭和44)12.20(射手座/O型)

 

□出身地

 群馬県我妻郡草津町

 

□出身校

 草津町立草津小学校

 草津町立草津中学校

 群馬県立長野原高校

 早稲田大学人間科学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 92年(23歳)全日本選手権優勝。

 95年(26歳)世界選手権で団体金メダル。W杯個人総合4位。

 98年(29歳)長野五輪で個人6位・団体5位。現役引退。

 ※主な出演:

  テレビ「FNNスーパーニュース」「ズームイン!!SUPER」「原次晴のスポーツブレイク」

  ラジオ「サンデースポーツパラダイス」

 

□趣味

 料理 ワイン クルマ 登山 サーフィン 

 

□特技

 DJ 

 

□サイズ

 170㎝61㎏ B93W73H90 靴のサイズ25.5㎝

 

□特記事項

・兄は荻原健司


■荻原次晴

 

□幼少時代〜

・実家は老舗建材店「荻原商店」(父親は3代目)。

・5人きょうだいの末っ子。姉が3人、兄が1人がいる。※健司と弟・次晴はは一卵性双生児

・父親は元スキー選手。ダウンヒル全日本12位の記録を持っている。

 長女と三女は中学時代にクロスカントリーの全日本チャンピオンになった。

・2歳の頃から親に連れられてスキーをしていた。

・近所の人からは弟とふたりまとめて「けんつん」と呼ばれていた。

・たのきんトリオに憧れて兄と一緒に歌手になりたいと思っていた。

・小学校時代、体操をやっていた。

・小5の冬、一緒に体操をやっていた他の男子に釣られてジャンプ少年団に入団。

・中学時代、スキー部。クロスカントリーをやり始めた。

・中1の時、全国大会で3位。※健司は県予選敗

・中3の時、全国大会の複合で準優勝。※健司は優勝

・中学時代、父親がよく英語の勉強を見てくれた。

・高校時代、健司といれかわって授業を受けた事があった。

・大学時代、寮の4畳の自室に4台のターンテーブルを置いて朝から晩までDJの練習をした。

 将来その方面で食べて行こうと思っていた。

・大学時代、仕送りはレコード代や飲み代ですぐに使ってしまった。

・大学を留年。

■荻原次晴

 

□私生活

・嫌いな食べ物…パイナップル入りの酢豚。

・ワインに詳しい。

・持病…腰痛。

・スケートボードで転倒して前歯を折った事がある。

・好きなミュージシャン…マイケル・ジャクソン(マイケルのダンスを練習した)。

・掃除、整理整頓が好き。

   コンロや蛇口がピカピカになっていないと気がすまない。

   友人の部屋を掃除する事がある。

・洗濯が苦手。

・部屋では全裸か下着1枚で過ごす事が多い。

・いきつけ…「美登利寿司」(世田谷区梅ヶ丘)。

・愛車…レガシィ(=02.07現在)。

・身体を動かすのが大好き。

   1日休みの時は海に行く。

   2日休みの時は草津や白馬の山へ出かけてノルディックウォークや山菜採りをする。

・30歳を過ぎてからサーフィンを始めた。大会に出場した事がある。

・ひとりで過ごす時間が好き。

・カラオケの十八番…尾崎豊。浜田省吾。

・結婚願望が全くない(=04.09現在)。


■荻原次晴

 

□人間関係

・富井彦、森敏、荻原健司、荻原次晴

 …長野五輪スキーノルディック複合団体メンバー(5位)。

・荻原健司…兄(一卵双生児)。

 酔って肩を組んで歩く事がある。

 別の日に同じ服を買ってしまった事が何度かある。

 一緒に出かける時は服が同じにならないようにあらかじめ打ち合わせする。

 ほくろが多くて鼻のラインが湾曲している方が次晴。

・おすぎとピーコ、三倉佳奈&三倉茉奈、裕子と弥生…双子の有名人。

・SHIHO…モデル。交際を噂された(=03年)。

■荻原次晴

 

□エピソードなど

・健司と一緒にスキーのレンタルのアルバイトをしていた。

・間違えられてサインを求められると「荻原健司」と書いていた。

・W杯リベレツ大会で健司が優勝、次晴が準優勝(=95年)。

・長野五輪直前は絶不調で眠れない夜が続いていたが、

 本番のジャンプを「これで死んでもいい」という気持ちで飛んだら3位だった。

 前日のジャンプ公式練習は30位だった。

・長野五輪の個人で念願だった「健司との順位争い」をした(健司4位、次晴6位)。

・姉に「双子だって別々の人間なんだから無理して同じ道を歩かなくていいんだよ」

 と言われて現役引退を決意した。

・現役引退後、ノルディックスキー及びウィンタースポーツ普及の為、

 メディア出演、講演活動、後輩の育成に力を注いでいる。

・欧米はスキー複合の人気が高い。

 複合のチャンピオンは「キング・オブ・スキー」と称せられる。

・エッセイ集「次に晴れればそれでいい」を出版(=98年)。

・ツアー「荻原次晴と歩くスキーの休日」を企画(=99年)。

・テレビ「CXスポーツ」の司会を務める(=99年)。

・ノルディックスキーや夏山歩きのツアーをプロデュース。

・ソルトレイク五輪の現地リポーターを務めた(=02年)。

・トリノ五輪でキャスターを務める(=06年)。

・EXILEの新ヴォーカルオーディションを受けた(=06年)。

・父親が「2時っチャオ」に出演(=08年6月20日放送分)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在