紺野美沙子

紺野美沙子


■紺野美沙子(こんの みさこ)

 

□肩書き

 女優

 

□本名(旧姓)

 佐藤美沙子

 

□旧芸名

 佐藤美佐子

 

□生年

 1960(昭和35)09.08(乙女座/A型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 カリタス小学校

 カリタス中学校

 慶応女子高校 

   慶応大学文学部国文科卒業

 

□略歴(満年齢)

   80年(20歳)朝ドラ「虹を渡る」主演。

 83年(23歳)大河ドラマ「徳川家康」出演。

 99年(39歳)舞台「夢見るおんなたち」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「奇跡の人」「腕に覚えあり」「細雪」

  映画 「未完の対局」「二十四の瞳」「アイコ十六歳」

  ドラマ「教師びんびん物語」「炎立つ」「あすか」

  テレビ「メレンゲの気持ち」「ペケポン」「Qさま!!」

  CM    「富士通」「ユーキャン」「オリヒロ グルコサミン粒」

 

□趣味

 パソコン イラスト 手芸 茶道 写真 野菜作り 大相撲観戦

 テニス スキューバダイビング スキー

 

□サイズ

 167㎝


■紺野美沙子


□幼少時代〜

・3人姉妹の次女。

・小5の時、演劇クラブ。

・高校時代、フィギュアスケートをやっていた。

・大学時代、男の子と初交際。

・大学時代、体育会のフィギュアスケート部(1年間)。

・大学時代、三越の配送センターでお中元の紐掛けのアルバイト。

・大学時代、仕事の都合でコンパなどにはほとんど出席できなかった。

・大学の卒論のテーマは「中世の女流日記文学について」。 

■紺野美沙子

 

□私生活

・好物…白米(大好物)。お茶漬け。

   焼肉(特にタン塩が好き)。イカ。キムチ。枝豆。

 漬物(自宅にぬか床がある)。唐辛子。ガーリック。

 甘いもの。辛い物。

・得意料理…ハンバーグ。餃子。

・銅釜を愛用(10分でご飯が炊ける)。

・冷蔵庫の残り物料理が得意。

・寝る前に毎日少しだけ酒を飲む。飲むと眠くなる。

・健康法…ラジオ体操。

・神経性胃炎とメニエル症候群で約2ヵ月間自宅療養(=93年)。

・肩凝り性。

・早寝早起き。22:00頃寝て5:00に起きる。

・家族が起きる30分前に起きてゆっくりコーヒーを飲みながら新聞をチェックする。

・お笑いが好き。「エンタの神様」を毎週チェックしていた。

・落ち込んだ時は「水戸黄門」の主題歌を歌う。

・断捨離を実行している。

・ザリガニの繁殖に成功した事がある。

・ペット…犬(柴犬、名前は小春、牝=12.06現在)。猫2匹。ナマズ。川魚。

・住んでいる所…神奈川県横浜市(=11.10現在)。

・いきつけ…

 パン屋「徳多朗」。

 焼肉「牛まつ」(家族で行く)。

 「ベルグの4月」(神奈川県横浜市、マロンパイ=11.10現在)。

 新石川公園(神奈川県横浜市、滑り台を寄贈した=11.10現在)。

・色々な習い事に挑戦するが長続きしない。

・自宅の近所の市民菜園で野菜を栽培(賃貸料は年間3000円)。

・50歳頃まで「お通し」は無料だと思っていた。

・外国のホテルのシャワールームでネズミに足をよじのぼられた事がある。

・海外旅行に行く度に英会話の勉強を始めるが長続きしない。

・大学時代の友人とずっとつきあいが続いている。

・長男は難産で頭に吸盤のようなものつけて吸引したので出産直後は頭がとがっていた。

・長男はバンドでベースをやっている(=11.10現在)。

・子供との想い出を絵日記にまとめている。。

・生き物好きの夫が長男と一緒に近所の公園で虫を採ってきて家で飼った。

 カブト虫、てんとう虫、アゲハ蝶、ゲンゴロウ、タニシ、ヤゴなどを幼虫から育てた。

・20代の頃は「30歳までには結婚しなくては」とあせっていたが、

 30歳を過ぎてから逆に気が楽になり、周囲が気にならなくなった。

・夫とは最初はグループ交際だった。初デートから2週間で結婚を約束した。

 婚約会見で「初めて会った時に海の水がサーッとひいて結婚への1本の道が見えた」と発言。

・夫に毎朝おにぎりを握ってあげる。

・夫婦喧嘩をするとペットの犬に愚痴る。


■紺野美沙子

 

□人間関係

・原日出子…家族ぐるみのつきあい。家が近所。

・檀ふみ…友人。大学の先輩。一般の人によく間違えられる。

・名取裕子…友人。朝ドラ「あすか」で共演。

・吉崎典子(フジテレビアナウンサー)…友人。

・中村雅俊…友人。大学の先輩。

・竹内結子…朝ドラ「あすか」で母娘役で共演。

・トミーズ雅…「紺野美沙子の科学館」で共演(=97年〜)。

・温水洋一…紺野のファン。

 温水のアルバイト先の中華料理屋に紺野が客と行った事がある。

・芋洗坂係長、クールポコ…好きな芸人。

・井上浩美、安井啓子…小学校・中学校の同級生。

 ※「ウチくる!?」に出演(=07年1月14日放送分)

・五木ひろし…交際を噂された(=85年)。

・中井貴一…友人。ドラマ「武田信玄」で共演。交際を噂された。 

・篠田伸二…TBSディレクター。92年結婚。

・子供:

 長男…95.07.09誕生。夫が立ち会ってくれた。


■紺野美沙子


□エピソードなど

・カメラ好きの叔父が撮って雑誌に投稿した写真を見たモデル事務所からスカウトされた。

・子供向けヒーロー番組「宇宙鉄人キョーダイン」にゲスト出演(佐藤美佐子名義=76年)。

・NHK少年ドラマシリーズ「未来からの挑戦」に出演(佐藤美佐子名義=77年)。

・ユニチカ水着キャンペーンガールを務める(=78年)。

・デビュー当時に「お嬢様女優」と呼ばれた。

・NHK朝の連続テレビ小説「虹を渡る」出演中に大学を1年間休学。

・84年に発売した水着写真集にはプレミアがついている。

・テレビ「紺野美沙子の科学館」の司会を務めた。

・テレビ「スーパータイム」のキャスターを1週間務めた(幸田シャーミンの代役=86年)。

・テレビ「なるほど!ザ・ワールド」でヘリコプターから宙吊りで4000mの山頂に降りた(=89年)。

・若い頃は優等生タイプを自ら演じていてなかなか自分の地を出せなかった。

・エッセイ集「空飛ぶホタテ」で日本文芸大賞女流文学賞を受賞(=95年)。

・「紺野美沙子の科学館」を教材用にビデオ化して小学校などに寄贈(=95年)。

・98年から国連開発計画親善大使を務めている(=08年現在)。

 世界各地を毎年訪問してボランティア活動。

 ブータン、パレスチナ、カンボジア、ガーナなどを訪問した。

 ※国連開発計画…世界の貧困をなくす事をめざす組織、年間の報酬は1ドル

 ※著書「ラララ親善大使」を上梓(印税を全額寄付=08年)

・「少子化への対策を推進する国民会議」の委員を務める(=99年)。

・育児エッセイ集「『怪獣』のそだてかた」を上梓(=99年)。

・フォト&エッセイ集「紺野美沙子のTokyo Smile」を上梓(宣伝会議=01年)。

 写真は使い捨てカメラで自ら撮影した。

・自宅を「情報ツウ」で公開(=04年4月26日放送分)。

・26年ぶりにユニチカのCMに出演(=05年)。

・朗読座「さがりばな」を主宰、全国各地で上演(=15.07現在)。

 昔話、シルバー川柳、官能的なストーリーなど内容は様々。

・仕事の現場に電車で行く。

凡例:19.01現在=2019年1月現在