篠山輝信

篠山輝信


■篠山輝信(しのやま あきのぶ)

 

□肩書き

 俳優 タレント

 

□本名

 篠山輝信

 

□生年

 1983(昭和58)12.10(射手座/O型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 玉川大学芸術学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 06年(23歳)ドラマ「ダンドリ」に出演。

 07年(24歳)舞台「abbey アビィ」に出演。

 10年(27歳)テレビ「あさイチ」に出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ANGEL GATE 春の予感」「飛龍伝2010」

  映画 「GSワンダーランド」「かずら」 

  ドラマ「浅草ふくまる旅館」「乙女のパンチ」「実験刑事トトリ」

  テレビ「知っとこ!」「踊る!さんま御殿!!「徹子の部屋」

 

□趣味

 映画観賞 美術館巡り タップダンス サッカー

 

□特技

 バック宙

 

□サイズ

 167㎝

 

□特記事項

・父親は篠山紀信

・母親は南沙織


■篠山輝信


□幼少時代〜

・父親は写真家の篠山紀信。

・母親は元歌手の南沙織。

・3人兄弟の次男。4歳年上の兄、2歳年下の弟がいる。

・両親と一緒に外出するとじろじろ見られるので嫌だった。

・父親は多忙で月に1回程度しか会えなかった。

・おちつきがない子供だった。よく母親に怒られた。

 よく屋根の上で遊んだ。階段の上から下まで落ちた事があった。

・よく激しい兄弟げんかをした。

・悪さをするとお仕置きで自宅の真っ暗なボイラー室に閉じ込められた。

・将来医者になりたいと思っていた。

 病弱で入退院を繰り返していた母方の祖母の病気を治したいと思っていた。

・中学時代、母親に汚い言葉で反抗して強引に石鹸で口を洗われた。

・中3の時、彼女と初めてキスした時に「唇がカサカサだね」と言われてショックを受けた。

・小学校〜高校時代、サッカーをやっていた。

・高校時代、文化祭で英語劇に出演して俳優の道を志した。

 裏方志望だったが男子が少なかったので出演させられた。舞台で女装して歌を歌った。

・高1の終わりから約3年間、2歳年上の女の子と遠距離恋愛

 (相手は高校卒業後にアメリカ・ボストンに留学した)。

・集合写真でいつもシャッターを押す役をやらされた。

□私生活

・好物…蒙古タンメン。チーズ。クレープ。

・料理は殆どしない(=12.01現在)。

・大きな目がコンプレックス。

・好きなアーティスト…エレファントカシマシ(大ファン、ファンクラブに入っている)。

・ひとり暮らし(=12.01現在)。

・新宿ゴールデン街にいきつけのバーがある。

・語学、執筆、ダンス、マラソンに挑戦してみたいと思っている(=12.02現在)。

・スカートをはいて街を歩く。

・ひとりで過ごすのが好き。

 休日はひとりで自宅付近をぶらつく。ひとりカラオケが大好き。

・カラオケの十八番…エレファントカシマシ「今宵の月のように」。

・自意識過剰。他人に声をかけるのが苦手。新幹線のリクライニングを倒せない。

・父親に「もし写真家を継ぐとしたらお前だ。表現するエネルギーを持っている」と言われた。

・父親に成人式の記念写真を撮って貰った。

・好きなタイプ…マンガ「美味しんぼ」の栗田さん。

・大晦日にディズニーランドで告白した事がある。

・友人の母親とデートをした事がある。

・元カノと浮気をした事がある。

・過去に交際した相手は全員同級生(=12.02現在)。

・過去の交際は全て相手からフラれて終わった(=12.02現在)。

・合コンに参加した事がない(=12.02現在)。