窪塚洋介

窪塚洋介


■窪塚洋介(くぼづか ようすけ)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 窪塚洋介

 

□生年

 1979(昭和54)05.07(牡牛座/O型)

 

□出身地

 神奈川県横須賀市

 

□出身校

 神奈川県立横須賀高校

 

□略歴(満年齢)

 00年(21歳)ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」出演。

 01年(22歳)映画「GO」主演。

   02年(23歳)映画「ピンポン」主演。

 ※他の主な出演:

  映画   「溺れる魚」「魔界転生」「凶気の桜」

  ドラマ「GTO」「ナンバーワン」「漂流教室」

 

□趣味

  読書 映画観賞 文章執筆 イラスト ギター 散歩

 

□サイズ

 177㎝ 靴のサイズ26.5㎝

 

□特記事項

・弟は窪塚俊介

・日本アカデミー最優秀主演男優賞(01年「GO」)

 

□SNSなど

・YouTube「窪塚洋介の今をよくするTV」登録者数約2万人(=21.08現在)


■窪塚洋介

 

□幼少時代〜

・父親は東大卒のエリート会社員。

・弟が2人いる。

・基地の町・横須賀で生まれ育った。

 アメリカ人の友達がたくさんいた。

・中学時代、成績優秀だった。

・高校は県下有数の進学校。

・高校時代、成績は非常に悪かった。

 毎年留年すれすれだった。

・高校時代、ナンパ、デート、ゲームで日々を過ごしていた。


■窪塚洋介

 

□私生活

・好物…クリームパン。バナナジュース。

・食事は野菜穀物中心。

・タバコを吸う(=18.05現在)。

 禁煙に3回挑戦して3回失敗。

・健康法…腸活。

・自宅マンションの9階ルーフバルコニーから転落(=04年)。

 顔面、肋骨、左手、両足を骨折。

 飛び降り自殺を計った疑いと報じられた。

 警察の取調べに対して「転落した状況に関する記憶がない」と供述。

・20年以上体を洗っていない(石鹸を使わずにお湯で流すだけ=21.01現在)。

・シンプルなものが好き。

・日記を書いている。 

・宇宙、UFO、古代文明、東洋思想、大麻に興味関心がある。

・好きな本…ニール・ドナルド ウォルシュ「神との対話」。

・住んでいる所…神奈川県横須賀市(=04.06現在)。

・雑誌「週刊女性」のカメラマンに対する暴行容疑で告訴(示談成立で不起訴=03年)。


■窪塚洋介

 

□人間関係

・岸田健作…友人。ドラマ「走れ公務員!」で共演。

・須藤元気…友人。映画「凶気の桜」で共演。

・夏木マリ…友人。メル友。

・ZEEBRA…友人。ZEEBRAに中林美和を紹介した。

・小泉純一郎…高校の大先輩。

・長瀬智也…ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」で共演。

・宮藤官九郎…映画「GO」「ピンポン」ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本家。

・寺脇康文…窪塚のモノマネができる。

・今井絵理子、上原多香子、中島唱子、三倉佳奈、三倉茉奈、中尾明慶…窪塚のファン。

・窪塚俊介…弟。俳優。

・叶恭子…15連泊交際を噂された(=02年)。

・徳子…ダンサー。愛称はのんちゃん。03.05.18入籍、12.06.12離婚。

・子供:

 長男…愛流。03.10.03誕生。出産に立ち会った。


■窪塚洋介

 

□エピソードなど

・母親の友人の紹介で事務所に入った。

・ドラマ「新赤かぶ検事奮戦記シリーズ」には「ヨースケ」の芸名で出演。

・与えられた役を演じるに際して、その人物がどんな性格でどんな人生を歩んできたかを徹底的に

 想像してキャラクターを作り上げる。

・映画「GO」の役作りで丸刈りにした。

・在日韓国人役で主演した映画「GO」をきっかけに社会や政治に関して興味を持つようになった。

・映画「GO」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、キネマ旬報主演男優賞を受賞。

・JALイメージキャラクターを務める(=01年)。

・映画「狂気の桜」は原作に惚れ込んで企画段階から参加した。

・CM「ライフカード」で自宅を公開(岩井俊二演出=02年)。

・イラク戦争勃発の際、ホームページで戦争反対の立場を表明。

・映画「鳶がクルリと」に美容師B役でワンシーン友情出演。

・卍LINE(マンジライン)のアーティスト名でレゲエ歌手として活動。

 05年から年100本ペースでライブを開催。

・主な著書:

 「20」(光進社)

 「PIECES OF PRACE」(講談社)

 「GO FUCK'N SPECIAL ISSUE」(ワニブックス)

凡例:20.01現在=2020年1月現在