稀勢の里寛

稀勢の里


■稀勢の里(きせのさと)

 

□肩書き

 大相撲力士(第72代横綱)※19年引退

 大相撲年寄

 

□本名

 萩原寛

 

□年寄名

 荒磯

 

□生年

 1986(昭和61)07.03(蟹座/B型)

 

□出身地

 茨城県龍ケ崎市→茨城県牛久市

 

□出身校

 龍ケ崎市立松葉小学校

 龍ケ崎市立長山中学校

 

□略歴(満年齢)

   02年(16歳)3月場所で初土俵。

 11年(25歳)11月場所後に大関昇進。

 17年(31歳)1月場所で14勝1敗で初優勝、場所後に第72代横綱に昇進。

 ※通算成績:

      800勝496敗97休、優勝2回、殊勲賞5回、敢闘賞3回、技能賞1回、金星3個

 

□趣味

 スポーツ観戦(野球、サッカー、NFL、ボクシング、格闘技)

 

□サイズ

 187㎝ 175㎏


■稀勢の里寛

 

□幼少時代〜

・父親はボクシングをやっていた(高校〜大学時代、ウェルター級)。

・祖父は画家、曽祖父は彫刻家。

・生まれた時の体重は3600グラム。

・姉がいる。

・習いごと…習字。英会話。水泳(幼稚園〜小4、週2回)。

・スナック菓子や炭酸ジュースは口にしなかった。

 母親の手作りケーキが主なおやつだった。

・小2の時、相撲大会に初参加。

・小学校時代、少年野球をやっていた。

・小6の時、わんぱく相撲の茨城県大会で準優勝。

・中学時代、野球部。エースで4番。

 中3の時、最後の大会で右手指を脱臼骨折。

 野球の強豪校から誘いを受けた。

・中2の時、茨城県牛久市に引っ越した。


■稀勢の里寛

 

□私生活

・好物…寿司。カレーライス。エビチリ。

・左手で箸、筆記用具、歯ブラシを使える。

 もともと左利きだったのを子供の事に右利きに矯正、

 右手を骨折した中3の時に1ヵ月左手を使用して左手も使えるようになった。

・好きなアーティスト…ゆず。

・好きなマンガ…「北斗の拳」。

・スポーツ観戦が大好き。

 スポーツ新聞にコラムを書きたいと思っている。

 メジャースポーツ以外のスポーツも見る。

 エアロビクス、スカッシュ、セパタクローなどを録画して見る。

 ※ライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権)のテレビ中継でゲスト解説

・合気道を習った事がある。

・素顔は饒舌で。ブラックジョークを言う事もある。

・父親が胃がんの手術を受けた(=18年)。


■稀勢の里寛

 

□人間関係

・北大樹明義…友人。よく一緒に食事。

・松尾陽介(ザブングル)…友人。

・高安晃…鳴門部屋の弟弟子。

 稀勢の里初優勝のパレードで旗手を務めた。

・若の里忍…鳴門部屋の兄弟子。

 新弟子時代に若の里を相手に連日100番稽古。

・隆の里俊英(鳴門親方)…入門当時の師匠。

・白鵬翔、日馬富士公平…同世代の横綱。

 日馬富士から的確なアドバイスをして貰った。

・琴奨菊和弘…ライバル的存在。

 最も多く対戦した力士(66回対戦)。

 よく一緒に稽古した。

・琴欧洲勝紀…ライバル的存在。同時に関取になった。

・豊ノ島大樹…相撲教習所の同期。

・北の富士勝昭…「稀勢の里を横綱にする会」会長(自称)。

 横綱昇進時に北の富士から直筆の手紙を貰った。

・美馬学…プライベートで交流がある。隣町出身。

 中学時代に野球の試合で何度か対戦。

・はなわ…稀勢の里のファン。

・金澤泰治…小学校時代の恩師。卒業後も連絡を取っている。


■稀勢の里

 

□エピソードなど

・16歳で幕下昇進(貴乃花以来のスピード出世)。

・貴乃花に次ぐ史上2位の年少新十両(17歳9ヵ月=04年5月場所)。

・貴乃花に次ぐ史上2位の年少新入幕(18歳3ヵ月=04年11月場所)。

・史上4位の年少新小結(=06年7月場所)。

・腸捻転で入院して病院から国技館に通って場所を務めた(=08年9月場所)。

 水も飲めなかったので点滴で栄養補給、成績は6勝9敗。

・白鵬の連勝を63で止めた(=10年11月場所)。

・新入幕から所要42場所の大関昇進は史上5番目に遅い記録。

・右足親指を負傷して千秋楽を休場(初の休場=14年1月場所)。

 初土俵から953回連続出場。

・牛久市観光大使に就任(=15年)。

・立合いで腰高になる悪癖がある。

・3場所連続で綱取りに挑戦(=16年5月場所・7月場所・9月場所)。

・3日連続で横綱に勝利(=16年11月場所)。

・優勝回数0回で年間最多勝(69勝、年6場所以降史上初=16年)。

・初土俵から所要89場所で初優勝は史上4番目に遅い記録。

・新入幕から所要73場所で初優勝は昭和以降最も遅い記録。

・大関昇進後31場所で初優勝は史上最も遅い記録。

・表彰式の優勝インタビューで感激の涙(=17年1月場所千秋楽)。

・通常は所属部屋で行う横綱昇進伝達式をスペースの都合で帝国ホテルで開催。

・横綱昇進伝達式の口上で「横綱の名に恥じぬよう」の部分を少しかんでしまった。

・3代目若乃花以来19年ぶりの日本出身横綱。

・横綱土俵入りの型は雲龍型。

・新横綱として初日から12連勝(=17年3月場所)。

・日馬富士戦で左大胸筋と左上腕二頭筋を負傷(=17年3月場所13日目)。

 取組終了後に苦悶の表情を浮かべ、支度部屋でうめき声をあげた。

・本割と決定戦で照ノ富士に連勝して逆転優勝(=17年3月場所千秋楽)。

 表彰式の君が代斉唱と優勝インタビューで涙を流した。

 「今回は泣かないと決めていたんですけど…」「最後は見えない力で勝てた」

・95年貴乃花以来22年ぶり史上8人目の新横綱優勝。

・「北斗の拳」のキャラクター(ラオウ)を化粧廻しに使用。

・金星を5個配給(史上最多=17年11月場所)。

・87年ぶりに2場所連続で3日連続金星配給(=18年1月場所)。

・65年ぶりの横綱として5日目までに4敗(=18年1月場所)。

・年6場所制史上ワーストの8場所連続休場(=17年5月場所〜18年7月場所)。

・横綱として87年ぶりの初日から4連敗で途中休場(=18年11月場所)。

・横綱として88年ぶりの2場所連続初日から3連敗(=19年1月場所)。

・横綱として史上ワーストの8連敗(18年9月場所〜19年1月場所、不戦敗を除く)。

・横綱在位12場所の成績36勝36敗97休は横綱として歴代ワースト。

・現役引退会見で怪我に関して訊かれて言葉に詰まって涙(=19.01.16)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在