福留功男

福留功男


■福留功男(ふくとめ のりお)

 

□肩書き

 アナウンサー

 

□所属

 日本テレビ(66年〜91年)

 

□本名

 福留功男

 

□愛称

 留さん

 

□生年

 1942(昭和17)01.28(水瓶座/A型)

 

□出身地

 高知県高知市→大阪府大阪市天王寺区

 

□出身校

 大阪市立五条小学校

 大阪市立天王寺中学校

 追手門学院大手前高校

 明治大学文学部演劇科卒業

 

□略歴(満年齢)

 66年(24歳)日本テレビに入社(→91年退社)。

 76年(34歳)テレビ「アメリカ横断ウルトラクイズ」司会。

 88年(46歳)テレビ「ズームイン!朝」司会。出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「ガメラ2 レギオン襲来」

  ドラマ「ズームイン!!朝!殺人事件」「戦いすんで日が暮れて」「夫婦道」

  テレビ「11PM」「いつみても波瀾万丈」「ブロードキャスター」

 

□趣味

 料理 バイク クルマ 

 テニス ハンググライダー スキューバダイビング 


■福留功男

 

□幼少時代〜

・父親は医者。

・兄が1人いる。

・近所の川で鰻が獲り放題だった。

・子供の頃から母親に料理を仕込まれた。

・中学時代、演劇部。

 全国大会優勝。学校に泊まりこんで練習した。

・高校時代、放送部、茶道部、生物部、ブラスバンド部を創設。

 放送部で劇やドキュメンタリーを制作。

・高校時代、学生運動に参加。

 大阪城の闘争でチェーンを振りまわして大問題になった。

・高校時代、パチンコ、マージャン、女の子と派手に遊んでいた。

・高校時代、3日徹夜して挑んだ試験で限界を超えた眠気で問題文が読めなかった。

・跡を継ぐ筈の兄が大学3年で医者の道を踏み外した為、

 親に洗脳されて阪大の医学部を目指すが受験に失敗。

・大学時代、シナリオを勉強。

・大学時代、アイスホッケー部。

・大学時代、日本テレビの報道部で4年間アルバイト。


■福留功男

 

□私生活

・好物…串カツ。カツオのたたき。

 和風ツナサラダ(海外にツナ缶を必ず持って行く)。すぐき。

・嫌いな食べ物…魚卵(イクラなど)。

・得意料理…じねんじょ汁(酒を飲んだ後に飲む)。

・おいしいモノを食べるのが大好き。

 日本各地からお取り寄せをする。食べ歩きする。

・よく料理をする。チタン製の中華鍋を愛用。

 ※料理本「ニッポンのごはん」出版(ソニーマガジン=04年)

・98年に禁煙に成功する以前は1日4箱のヘビースモーカー。

・健康法…スポーツクラブ(週2〜3回、ランニングマシンで8㎞走る)。

・胆石の手術を受けた(=91年)。

・睡眠時間は最低4時間。

・熱狂的なジャイアンツファン。

・株で大儲けしたした事がある。

・クルマが大好き。半年ごとに外車を買い替える。

・バイクが好き。千葉の佐倉からバイクで出勤する事がある。

・次女の夫はフランス人、フランス在住(=07.03現在)。


■福留功男

 

□人間関係

・徳光和夫…友人。日本テレビアナウンサーの先輩。

 「ズームイン朝」初代キャスター。

 「アメリカ横断ウルトラクイズ」で共演。

・玉村豊男…友人。福留は玉村が経営する農園のぶどうのオーナー。

・薬丸裕英、中尾ミエ…同じスポーツクラブ。

・間寛平、野際陽子…テレビ「いつみても波瀾万丈」で共演。

・城之内ミサ…デュエット曲「めぐり逢う朝」をリリース(=98年)。

・河出奈都美、市來玲奈、岩田絵里奈、滝菜月、尾崎里紗、笹崎里菜、

 畑下由佳、岩本乃蒼、杉野真実、久野静香、徳島えりか、安村直樹、

 水卜麻美、上田まりえ、辻岡義堂、小熊美香、夏目三久、青木源太、

 葉山エレーヌ、桝太一、森麻季、鈴江奈々、上重聡、

 脊山麻理子、宮崎宣子、杉上佐智枝、西尾由佳理、

 馬場典子、鈴木崇司、森富美、魚住りえ、町亞聖、羽鳥慎一、

 松本志のぶ、大神いずみ、笛吹雅子、豊田順子、永井美奈子、

 井田由美、福澤朗、増田隆生、井田由美、楠田枝里子、

 石川牧子、福留功男、徳光和夫

 …日本テレビのアナウンサー・キャスター(年齢順、契約・独立・退職を含む)。

・佐藤孝吉…「ウルトラクイズ」を作ったディレクター。

 ムダのないトーク術を佐藤に教えて貰った。

・妻…?年結婚。

・子供:

 長女…明日香。日本テレビ勤務(=07.03現在)。

 次女…美帆。ホテル勤務(=07.03現在)。



■福留功男

 

□エピソードなど

・就職試験で日本テレビ、高知放送、日経新聞社から内定を貰った。

・報道記者として日本テレビに入社、5年目にアナウンス部に異動。

・アナウンス部異動当初はテレビに出るのが大嫌いだった。

・あがってしまう理由が自意識過剰にある事が判ってふっきれて、

 30才を過ぎてからアナウンサーとして開眼。

・約80ヵ国で海外取材をした。

・冬季五輪の実況をリンクの上を滑りながらやった。

・テレビ「アメリカ横断ウルトラクイズ」司会(問題出題、現地リポーター)。

 「ニューヨークに行きたいかー!!」というあおり文句が話題になった。

・「アメリカ横断ウルトラクイズ」で知り合った多くの若者と文通をした。

・フリーになった時の発言:

 「体力的にこれまでと同じ事をするのに無理を感じた」

 「大人の鑑賞に耐える番組を作りたい」

 「地上波だけがテレビでなくなる新しい時代に立ち向かいたい」

 「今後10年で過去25年分の仕事をするつもり」

 「当面は喋る仕事に集中しますが、後々は企画の仕事をしていきたい」。

・アニメ「美味しんぼ」声優。

・アニメ映画「それいけ!アンパンマン ばいきんまんと3ばいパンチ」(=96年)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(本人撮影=07年3月31日放送分)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在