福岡堅樹

福岡堅樹

■福岡堅樹(ふくおか けんき)

 

□肩書き

 ラグビー選手

 

□所属

 パナソニック(16年〜)

 

□生年

 1992(平成04)09.07(乙女座)

 

□出身地

 福岡県古賀市

 

□出身校

 福岡県立福岡高校

 筑波大学情報学群

 

□略歴(満年齢)

 16年(24歳)パナソニック入団。

 19年(27歳)W杯日本大会出場。

 ※主な出演:

  テレビ「報道ステーション」

 

□趣味

 猫吸い

 

□特技

 ピアノ

 

□サイズ

 175㎝

 

□特記事項

・19年W杯アイルランド戦逆転トライ

・19年W杯スコットランド戦2トライ


■福岡堅樹

 

□幼少時代〜

・父親は歯科医。

・祖父は開業医。

・5歳年上の姉がいる。

・習いごと…ピアノ。

・5歳の時、父親がコーチを務める玄界ジュニアラグビークラブに入団。

・幼稚園の頃から走るのがとても速かった。

 飼っていたペットの犬よりも速かった。

・口が達者で要領が良い子供だった。

・10代前半まではガリガリにやせていた。

・中学時代、ラグビー部と陸上部をかけもち。

 50mのベストスコアは5.8秒。

・高校時代、両膝の前十字靭帯を断裂。

・成績は常にトップクラス。

・一浪して築波大学に入学。

 

□私生活

・好物…焼鳥。たまごコロッケ。だぶ(福岡の郷土料理)。

・実家にグランドピアノがある。

・猫が大好き。

・たたいてかぶってジャンケンポンが得意。


■福岡堅樹

 

□人間関係

・姫野和樹、松島幸太朗、福岡堅樹、流大、稲垣啓太、

 堀江翔太、田村優、リーチ・マイケル、田中史朗

 …19年W杯日本大会日本代表メンバー(年齢順)。

・前田朗…「まえだ整形外科 博多ひざスポーツクリニック」院長。

 高校時代に前田のクリニックで両膝を手術、前田の影響で整形外科医を志した。

・有村架純…憧れている芸能人。

 

□エピソードなど

・ポジションはWTB。

・19年W杯日本大会の直前合宿で「世界一ハード」と言われた練習をこなした。

・19年W杯日本大会アイルランド戦に途中出場して逆転トライ。

 ※優勝候補アイルランドを19-12で破るジャイアントキリング

・19年W杯日本大会スコットランド戦で2トライ。

 ※28-21でスコットランドに勝利、日本ラグビー史上初のベスト8進出

・東京五輪を断念して現役引退。

・医学部合格を目指して勉強中(=20.08現在)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在