石橋凌

石橋凌


■石橋凌(いしばし りょう)

 

□肩書き

 俳優 歌手 

 

□所属グループ

 ARB

 

□本名

 石橋秀樹

 

□生年

 1956(昭和31)07.20(蟹座/AB型)

 

□出身地

 福岡県久留米市

 

□出身校

 久留米市立城南中学校 県立久留米高校

 

□略歴(満年齢)

 78年(22歳)ARBとしてシングル「野良犬」でデビュー。

 95年(39歳)映画「新・悲しきヒットマン」に主演。

 01年(45歳)映画「BROTHER」に出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「ア・ホーマンス」「ボクの女に手をだすな」「キッズ・リターン」

  ドラマ「武田信玄」「眠れる森」「隣人は秘かに笑う」

  CM    「日産 テラノレグラス」「サントリー リザーブ」

 

□特技

 英会話

 

□特記事項

・妻は原田美枝子


■石橋凌


□幼少時代〜

・父親はサラリーマン。

・母親は百貨店の医務室に勤務(看護婦の資格を持っていた)。

・男5人兄弟の末っ子。長兄は12歳年上。

・両親が働いていたので家の中は祖母が切り盛りしていた。

・食事の時にたいてい誰かが兄弟ケンカをしていたので、その間隙を縫っておかずを奪取した。

・兄の影響で音楽好きになった。小学校時代から兄のギターを演奏した。

 4人の兄が全員音楽好きでそれぞれ違うジャンルの音楽をやっていた。 

・中1の時、父親が肝臓ガンで他界。

・小学校〜中学時代、映画に熱中。

 町内の映画館で上映する作品を洋画邦画問わずほとんど観て映画日記をつけていた。

 中学時代、映画研究同好会を結成。

 将来映画評論家になろうと本気で思っていた。淀川長治の口調を真似していた。

・ジョン・レノンの歌詞の解釈をめぐって友人と議論した事があった。

・高校時代、軽音楽同好会。ロックバンドを結成。

 博多の伝説的ライブハウス「照和」に出演。当時から本気でプロを目指していた。

・高校をぎりぎりの成績で卒業した。

 自作曲「12の頃」を聞いて泣いてくれた数学教師に諭されて卒業を決意した。

   赤点を出した教科の先生に自主制作のレコードを配って音楽に対する熱意をアピールした。

・高校の卒業写真でひとりだけカメラに背を向けて写った。

■石橋凌

 

□私生活

・好物…梨。

・嫌いな食べ物…あんこ。

・得意料理…イタリア料理(ピザを生地から作って焼く)。肉じゃが。

 長期海外ロケの時はホテルで自炊する。

・酒に酔って他の乗客がたくさんいる新幹線の車内で歌った事がある。

・健康法…ジョギング。ウォーキング。筋肉トレーニング。

・朝起きるとまず座禅を40〜50分やる。

 20代の頃は短気だったが座禅をやりはじめてから精神的に落ち着いた。

 座禅をやりはじめた当初に2年間道場に通った。

・蛇が大の苦手。

・好きなミュージシャン…CCR。

・住んでいる所…東京・吉祥寺(=01.06現在)。

・いきつけ…

 ホルモン酒場「わ」(吉祥寺=11.11現在)。

 ロックバー「バナナムーン」(=11.11現在)。

・ボクシングが好き。ARBの曲の歌詞によくボクシングを取り上げる。

・プライベートでヨーロッパを1ヵ月鉄道で廻った事がある。シベリア鉄道に乗った。