石坂浩二

石坂浩二

関連項目:芸能人目次 俳優 1941年誕生


■石坂浩二(いしざか こうじ)


□肩書き

 俳優 


□本名・旧芸名

 武藤兵吉


□生年

 1941(昭和16)06.20(双子座/O型)


□出身地

 東京都


□出身校

 慶応義塾大学法学部卒業(=66年)


□略歴(満年齢)

 71年(31歳)ドラマ「ありがとう」に出演。

 76年(35歳)映画「犬神家の一族」に主演。

 03年(62歳)ドラマ「白い巨塔」に出演。

   ※他の主な出演:

  映画 「細雪」「ビルマの竪琴」「おはん」

  ドラマ「潮騒」「草燃える」「水戸黄門」

  テレビ「スター千一夜」「世界まるごとハウマッチ」「開運!なんでも鑑定団」

      CM    「味の素」「トヨタ自動車」「アサヒビール」


□趣味

 プラモデル作り 写真 釣り


□特技

 料理 絵画 デザイン ギター


□特記事項

・元妻は浅丘ルリ子


■石坂浩二


□幼少時代〜

・江戸っ子。

・妹がいる。

・父親は無口だったが祖母の影響でおしゃべりで口が悪くなった。

・子供の頃、田舎に疎開した。

・子供の頃、デパートで鉛筆と消しゴムを万引きした。

・終戦後、家が米軍に撤収された。

・中学時代、友人と一緒に演劇部を設立。

・高校時代、母親が結核で入院したのをきっかけに料理をするようになった。

・高校時代、アマチュア劇団ふえろうを主宰。

 劇団の運営費を稼ぐ為に約4年間エキストラをやっていた(TBSのドラマに多数出演)。

■石坂浩二


□私生活

・好物…イベリコ豚の生ハム。ラム肉。北京ダック。生ガキ。穴子のしゃぶしゃぶ。

 イナゴの佃煮。漬け物(自家製)。バニラアイスクリーム。炭酸水。

・嫌いな食べ物…鶏肉。さつまいもの天ぷら。

・得意料理…カレーライス(約20種類のスパイスを調合してオリジナルのカレー粉を作る、

 スープ作りから3日かけてルーを作る)。

・料理は独身時代からやっていた。残り物をリメイクするのが得意。

 オリジナルレシピは500品目以上。旅先に自分の包丁を持って行く。

 自宅に冷蔵庫が数台ある。昔から自分で漬け物を漬けている。

 冷蔵庫の中身をだいたい記憶している。

 賞味期限・組み合わせ・献立を考慮して買い物する。

 ※料理本「石坂浩二のランチ図鑑」を出版

・自宅に客が来た時に手料理でもてなす。

 作っているうちに他のものを食べたくなって台所でこっそりラーメンを食べる事がある。

・外食は殆どしない。

・絶対に身体に悪そうな某外食チェーン店のハンバーグを無性に食べたくなる事がある。

・ニュージーランドのカミキリムシの幼虫を生のまま食べた事がある。

・酒が好き。好きな酒はビール。毎晩2:00〜3:00まで飲む。

・健康法の基本は「自分が食べたいと思ったものを食べること」だと思っている。

・直腸ガンを患って「水戸黄門」を降番(=02年)。

・寝る時に2種類の本を読まないと眠れない。ひとつは小説、ひとつは料理の本。

・オーディオマニア。

・ほぼ毎日絵を描く。風景画には興味がなく人間しか描かない。

 74年から85年まで二科展に連続入選。

・プラモデルを作るのが好き。

 帆船や昔の飛行機など構造がわかるモノを作るのが好き。

 ※日本プラモデル工業組合の特別顧問を務めた

 ※女性にプラモデルの作り方を教える教室の講師を務めた

・毎晩寝る前にプラモデルを作るか絵を描く。

・お笑いが好き。

・ペット…犬2匹(=06.03現在)。モモンガ(名前はモモ=11.08現在)。

・住んでいる所…神奈川県横浜市(母親と同居=01.01現在)。

・いきつけ…「花寿司」(南青山)。

・オーストラリアに別荘がある。

・タクシーの運転手に「この辺に石坂浩二が住んでるんですよ」と言われた事がある。

・子供の頃から阪神ファン。

・検査入院した病院で夜中に息苦しくて目を覚ますと、ベッドの周りに幽霊がたくさんいて、

 電灯をつけようとしたら手をつかまれた事がある。

・フランスを20回以上訪問。

 ※フランス観光親善大使を務めた(=05年)

・オヤジギャグが好き。

・母親は92歳(=08年現在)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 俳優 1941年誕生