石原裕次郎

石原裕次郎


■石原裕次郎(いしはら ゆうじろう)

 

□肩書き

 俳優 歌手

 

□本名

 石原裕次郎

 

□愛称

 裕ちゃん

 ボス

 

□生年

 1934(昭和09)12.28(山羊座/A型)

 

□没年

 1987(昭和62年)07.17(享年52)

 

□出身地

 兵庫県神戸市→北海道小樽市→神奈川県逗子市

 

□出身校

 稲穂国民学校

 逗子中学校

 慶応高校

 慶応大学法学部政治学科

 

□略歴

 56年(22歳)映画「狂った果実」出演。

 57年(23歳)映画「嵐を呼ぶ男」主演。

 72年(38歳)ドラマ「太陽にほえろ!」主演。

 ※他の主な仕事:

  映画 「赤い波止場」「銀座の恋の物語」「黒部の太陽」

  ドラマ「大都会」「浮浪雲」「西部警察」

  ラジオ「石原裕次郎アワー」「今晩は石原裕次郎です」

  CM    「宝酒造 松竹梅」「資生堂 ビコーズ」

      楽曲 「銀座の恋の物語」「夜霧よ今夜も有難う」「ブランデーグラス」

 

□趣味

 書 絵画 写真 スキー ヨット

 

□サイズ

 178㎝

 

□特記事項

・兄は石原慎太郎

・妻は北原三枝(石原まき子)


■石原裕次郎

 

□幼少時代〜

・父親は山下汽船(当時の民間最大の汽船会社)の重役。

・先祖は武田武士。

・2歳年上の兄がいる(石原慎太郎)。

・5歳の時、父親の転勤で北海道小樽市に転居。

・小6の時、父親の転勤で神奈川県逗子市に転居。

・高校時代、バスケットボール部。

・高2の時、父親が脳溢血で急死(享年51)。

・父親の死を契機に不良仲間と遊ぶ事が増えた。

・湘南海岸でヨット遊びに熱中。

 

□私生活

・舌がんの手術を受けた(=78年)。

・解離性大動脈瘤の手術を受けた(=81年)。

・肝細胞がんを発症(=84年)。

・愛車…メルセデス・ベンツ300SLガルウイング。

・ロールスロイスやベンツなどの高級車を次々乗り換えた。

・住んでいる所…東京・成城(335坪の豪邸)。

・別荘がある所…ハワイ。

・海が好き。

・毎年正月をハワイで過ごした。

・座右の銘…不自由を常と思えば不足なし。


■石原裕次郎

 

□人間関係

・池田努、徳重聡、石原良純、峰竜太、神田正輝、舘ひろし、

 寺尾聰、苅谷俊介、渡哲也、石原裕次郎

 …石原軍団の主要メンバー(過去に在籍を含む、年齢順)。

・石原裕次郎、下川辰平、露口茂、小野寺昭、竜雷太、萩原健一、

 松田優作、勝野洋、宮内淳、沖雅也、木之元亮、山下真司、

 神田正輝、渡辺徹、三田村邦彦、石原良純、地井武男、渡哲也、

 浅野ゆう子、関根恵子(高橋恵子)

 …ドラマ「太陽にほえろ!」の主な出演者。

・高橋英樹、和田浩治、浜田光夫、中尾彬、渡哲也、藤竜也、津川雅彦、

 赤木圭一郎、小林旭、川地民夫、岡田真澄、石原裕次郎、長門裕之、

 宍戸錠、野呂圭介、名和宏、二谷英明、

 和泉雅子、梶芽衣子、吉永小百合、松原智恵子、松尾嘉代、山本陽子、

 笹森礼子、浅丘ルリ子、白木万理、芦川いづみ、北原三枝、南田洋子

 …日活出身(年齢順)。

・八代亜紀…デュエット曲を13曲リリース。

・北原三枝(石原まき子)…60年結婚。

 映画「狂った果実」で共演してラブシーン。

   日活映画で多数共演、ドル箱コンビと呼ばれた。

 石原はデビュー前から北原のファン、連日の電話攻勢で口説き落とした。


■石原裕次郎

 

□エピソードなど

・映画「太陽の季節」に太陽族の生態指導と湘南の案内役として参加、

 現場カメラマンの推薦で主人公の友人役で出演。

・約100本の日活作品に主演。1本のギャラは200万円。

・石原プロモーションを設立して社長に就任(=63年)。

・石原プロ第1回製作作品「太平洋ひとりぼっち」公開(=63年10月)。

・石原プロ製作「黒部の太陽」が733万人動員(=68年)。

・映画「ある兵士の賭け」の興行失敗で石原プロが倒産危機(=70年)。

・石原プロ初のテレビドラマ「大都会 闘いの日々」放送開始(=76年)。

・歌手として生涯で約600曲をレコーディング。「低音の帝王」と呼ばれた。

・CM「宝酒造 松竹梅」で編集技術で渡哲也と共演(=20年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在