白鵬翔

白鵬翔


■白鵬翔(はくほう しょう)

 

□肩書き

 関取

 

□本名

 ムンフバト・ダヴァジャルガル

 

□生年

 1985(昭和60)03.11(魚座/A型)

 

□出身地

 モンゴル・ウランバートル

 

 □略歴(満年齢)

 01年(16歳)3月場所で初土俵。

 06年(21歳)3月場所後に大関に昇進。

 07年(22歳)5月場所後に第69代横綱に昇進。

 15年(30歳)1月場所で33回目の優勝(優勝回数新記録)。

   ※通算成績(16年5月場所終了時点):

      987勝202敗33休、優勝37回、

      殊勲賞3回、敢闘賞1回、技能賞2回、金星1個

 ※主な出演:

  テレビ「東京フレンドパーク」「ぐるぐるナインティナイン」

  CM    「大塚製薬 オロナミンC」「サッポロビール」「パンシロン01+」

 

□趣味

 読書 映画観賞 ゴルフ

 

□サイズ

 192㎝155㎏

 

□特記事項

・モンゴル出身

・第69代横綱

・歴代最多優勝

・通算最多勝利


■白鵬翔

 

□幼少時代〜

・父親はモンゴル相撲の元横綱。

 年1場所のモンゴル相撲で5年連続通算6回優勝。

 メキシコ五輪レスリングの銀メダリスト。モンゴルの国民的英雄。

・母親は元医者。

・5人きょうだいの末っ子。兄が1人、姉が3人いる。

・子供の頃、兄と一緒に森でリスを捕まえて焼いて食べた。

・学生時代、悪い事をする同級生を叱る学級委員だった。

・学生時代、成績はあまり優秀ではなかった。

・学生時代、バスケットボールのセンターとして活躍。

 ウランバートルの大会で3位入賞。

 マイケル・ジョーダンに憧れていた。

・学生時代、100m11秒3の俊足だった。

・モンゴル相撲をやりたいと思っていた。

・衛星放送で日本の大相撲を見ていた。

 冬に雪の上に土俵をかいて友達と相撲を取って服を破いては母親に怒られた。

 

□私生活

・好物…スープ。牡蠣(大好物)。納豆。漬物。コーヒー。

・嫌いな食べ物…あんこ。

・1回の食事で白米を3合食べる。

・右足親指の遊離軟骨を除去する手術を受けた(=16年)。

・左膝の内視鏡手術を受けた(=16年)。

・事務所に泊まり込んで3日間断食した(=16年)。

・日本語の勉強の為に音楽をよく聴く。

・好きな歌手…夏川りみ。

・好きなドラマ…「冬のソナタ」(妻との交際の参考にした)。

・海外ドラマが好き。TSUTAYAをよく利用する。

・日本語のひらがなとカタカナを書く事ができるようになった。

・いきつけ…

 モンゴル料理「モンゴルタウン」(神田、週に3日は行く)。

 焼肉「牛車」(墨田区)。

・カラオケの十八番…

 吉幾三「酒よ」。松山千春「大空と大地の中で」。夏川りみ「なだそうそう」。

・モンゴルで狼を見た事がある。

・ゴルフのベストスコアは90(=13.01現在)。

・大の巨人ファン。

・くっつけて置いた2台のベッドで家族5人で一緒に寝る(=15.02現在)。

・長女と長男の出産に立ち会った。

・妻は初めて交際した女性。

・妻と交際中にドラマ「冬のソナタ」を見て恋愛について勉強した。

・妻に日本語を教えて貰った。


■白鵬翔

 

□人間関係

・朝青龍、旭天鵬、朝赤龍、時天空、日馬富士、旭鷲山…モンゴル出身力士。

 朝青龍とは父親同士が友人(朝青龍の父親はモンゴル相撲の関脇)。

 日馬富士とは子供の頃から仲が良し(同学年、ライバル的存在)。

 旭鷲山は来日のきっかけを作ってくれた。

・龍皇…宮城野部屋の先輩モンゴル力士。

 宮城野親方は龍皇の刺激になるようにと白鵬をスカウトした。

・雅山…優勝決定戦で雅山を破って初優勝(=06年5月場所)。

・熊ケ谷親方(元前頭竹葉山)…育ての親(入門時の宮城野親方)。

・宮城野親方(元十両金親)…師匠。

・高見盛…友人。飲み友達。

・はなわ…友人。

・みのもんた…「みのもんた」と入った化粧廻しをプレゼントして貰った。

・鈴木昌平…タレント。白鵬の元付き人。

・HEY!たくちゃん…白鵬のファン。

・和田紗代子…徳島の資産家の娘。07.02入籍。1歳年上。

 18歳の時に朝青龍主宰のパーティーで知り合った。

・子供:

 長女…ユンレンツォー愛美羽(あみう)。07.05.10誕生。

 長男…ムンフジャルガル真羽人(まはと)。08.08.02誕生。

 次女…美羽紗(みうしゃ)。11.01.23誕生。

 三女…真結紗(まゆは)。16.12.14誕生。

■白鵬翔

 

□エピソードなど

・大相撲入りを目指して来日したが、痩身だった為に受け入れ先が決まらず、

 諦めてモンゴルに帰国する前日に宮城野部屋に入る事が決まった。

・来日当初、父親がモンゴル相撲の元横綱という事を明かさなかった。

・四股名の由来はともに大横綱の「柏戸」「大鵬」から。

 「柏鵬」とする案もあったが色白だったので「白」にした。

・入門時は身長175㎝で体重62㎏。

 カラダを作る為に吐きながらたくさん食べて寝る前に毎日牛乳を1ℓ飲んだ。

   寝て体を大きくする為にたくさん寝た(最長1日18時間寝た)。

・入門当初、日本語が判らず兄弟子からのシゴキも厳しかった。

 稽古場で泣いた事もあった。

・宿舎近所のモンゴル料理店に毎日通って場所中に10㎏増量(=03年11月)。

・19歳の時、怪我をして診察した医者に「まだ骨が成長している」と驚かれた。

・日本語の上達とともに番付があがった。

・史上4番目の若さ(19歳1ヵ月)で新入幕。

・他の部屋に出稽古に行くのが好き。いろいろな力士と稽古できるのが楽しい。

・得意手…右四つ。寄り。出し投げ。

・若い頃の大鵬、全盛期の2代目貴乃花に似ているとよく言われる。

・「相撲が柔らかい」とよく言われるが実際は体は硬い。

・左足関節靱帯損傷で途中休場(=05年7月場所)。

・史上4番目の若さ(21歳0ヵ月)で大関に昇進。

・大関昇進の伝達式の口上…

 「大関の地位を汚さぬよう全身全霊をかけて努力します」

・新大関としての最高成績をマーク(14勝1敗)。

・史上4番目の若さ(21歳2ヵ月)で初優勝。

・史上3番目の若さ(22歳2ヵ月)で横綱に昇進。※1位北の湖、2位大鵬

・横綱昇進の伝達式のの口上…

 「横綱の地位を汚さぬよう精神一到を貫き相撲道に精進致します」

・双葉山が得意とした「後の先(ごのせん)」で勝つ事を目指してしてる。

 ※後の先…相手より一瞬遅く立ちながらあたり合った後に先手を取る立ち合い

・1月場所後の一夜明けの記者会見の審判部批判発言が問題になった(=15年)。

・立ち会いで猫だましを使って物議をかもした(=15年11月場所10日目)。

・東日本大震災応援ソング「「アサガオ」をリリース(=16年)。

・千秋楽結びの一番(vs日馬富士)を立ち会いの変化で勝って優勝を決めた。

 一部観客から激しい野次を受けた、優勝インタビューで涙。※16年3月場所

・モンゴルで軍隊式トレーニングで身体を鍛え直した。

・通算最多勝利単独1位(1048勝=17年7月場所13日目)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在