白鳥久美子

白鳥久美子

■白鳥久美子(しらとり くみこ)

 

□肩書き

 芸人 タレント 

 

□所属コンビ

 たんぽぽ

 

□本名

 白鳥久美子

 

□生年

 1981(昭和56)12.11(射手座/B型)

 

□出身地

 福島県郡山市

 

□出身校

 日本大学芸術学部演劇学科卒業

 

□略歴(満年齢)

 08年(27歳)たんぽぽを結成。

 10年(29歳)テレビ「めちゃ×2イケてるッ!」出演。

 11年(30歳)映画「サビ男サビ女」出演。

 ※他の主な出演:

  テレビ「エンタの天使」「ごきげんよう」「ロンドンハーツ」

  ラジオ「玉川美沙 たまなび」

  CM  「味の素 ほんだし」「アイフル」

 

□趣味

 料理 作詩 高圧電線観察 散歩

 

□サイズ

 165㎝ 


■白鳥久美子

 

□幼少時代〜

・両親はともに大手スーパーの正社員。

・弟がいる。

・父親が家でよくさだまさしの歌を歌っていた。

 テレビで初めてさだまさしを見た時に「お父さんの歌!」とびっくりした。

・子供の頃、引っ込み思案だった。

 ひとりで人形ごっこをするのが好きだった。

・小学校時代、読書が大好きだった。

・小学校時代、おまじないで好きな男の子と同じグループになった。

 ※好きな男の子の目を見て「マリオネット」を3回唱えた

・小学校時代、ニックネームは「粘土」だった。

・小学校時代、美人グループの中心メンバーだった。

・小学校時代、学級委員。

・中学時代、ニックネームは「アゴドリル」「アゴドリル」「ヒラメ」だった。

・中学時代、美化委員長を務めた。

・中学時代、ビジュアル系バンドが大好きだった。

 ファン同士で会う時に「時雨(しぐれ)」というニックネームを使っていた。

・高校は県下有数の進学校。

・高校時代、演劇部の舞台で毎回主演。

・高校時代、クラスで孤立していた。

 修学旅行で京都の寺をひとりでまわった。

 修学旅行のバスでカラオケで盛り上がったら「キモい」と言われた。

・上京当初に環境の変化でニキビがたくさんできた。

・大学時代、弁当屋でアルバイト。

・学生時代、鼓笛隊でトランペットを担当。


■白鳥久美子

 

□私生活

・好物…チョコレート(大好物)。「凍天(しみてん)」(福島の銘菓)。

・酒が大好き。好きな酒は日本酒。酒を飲みながら読書をするのが大好き。

 よく新宿2丁目に飲みに行く。

 酔って池袋の西口で寝てホームレスのおじさんに上着をかけて貰った事がある。

・健康法…ウォーキング。

・アゴが前に突き出ている。

・アゴヒゲが生えている。

・紙系の資料を整理するのがストレス解消法。

・落ち込んだ時に鏡の前でヒロインを演じる(客観的に自分を見て冷静になる)。

・ラッキーカラーは緑色。緑色の服をよく着る。

・ベランダで野菜、イチゴを栽培。

・収集…シルバニアファミリーグッズ(押入れにシルバニアワールド)。

・約6帖の1Kに住んでいた(家賃59000円)。

・鉄塔(高圧電線)を見るのが好き。見ると気持ちが前向きになる。

 休日に田舎の山に鉄塔を見に行く。

・実家は福島県郡山市にある(=11.03現在)。

・鉄塔が大好き。碍子の数を数える。

・「目元は蒼井優に似ている」と思っている。

・好きなタイプ…マッチョ系の男性。体が大きい男性。

・男性が疲れて眼鏡を外して「あぁ…」と声を出す時の仕草が好き。

・恋愛妄想が好き。

 自宅でひとりでいる時に横に彼氏がいると想像して声に出して話しかける。

・図書館デートに憧れている。

・恋愛ハウツー本を愛読。

・男性の二の腕フェチ。

・電車で移動中に隣の男性の温もりにうっとりしてしまう。

・夫はイビキがうるさい。


■白鳥久美子

 

□人間関係

・大久保佳代子、光浦靖子…友人。飲み友達。

・江上敬子、近藤くみこ…友人。恋愛相談をする。

・川村エミコ…たんぽぽの相方。

・鈴木紗理奈、雛形あきこ、重盛さと美…テレビ「めちゃ×2イケてるッ!」で共演。

 よく楽屋で話す。恋愛相談をする。

・島田秀平…事務所の先輩。よく食事をごちそうしてくれる。

・西尾季隆(X-GUN)…初キスの相手。飲み会の罰ゲームでのキス。

・堀北真希…ドラマ「梅ちゃん先生」で同級生役で共演。

・真琴つばさ…憧れている芸能人(大ファン)。宝塚の公演を出待ちしていた。

・照英…憧れている芸能人。

・チェリー吉武…18.11.28入籍。お互いに初交際の相手。

 テレビ「24時間テレビ」でサプライズで公開プロポーズされた。

 「のぶ(吉武の本名)」「くみちゃん」と呼び合う。


■白鳥久美子

 

□エピソードなど

・舞台女優を目指して小劇団を転々としていた。

・劇団時代、割当てチケット代を支払う為に毎回借金していた。

・売れない頃、お金がなかったので大倉山から都内まで徒歩で移動(片道4時間)。

・毎年手帳を買い替えて「空白をスケジュールで真っ黒に埋めよう」と決意を新たにする。

・映画「サビ男サビ女」の長台詞でNGを30回以上出した。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(本人撮影=11年3月5日放送分)。

・毋・真知子が「おしゃれイズム」に出演(親子共演=11年8月21日放送分)。

・自宅を「おしゃれイズム」で公開(=11年8月21日放送分)。

・朝ドラ「梅ちゃん先生」に出演(=12年)。

・ドラマ「パーフェクト・ブルー」に出演(=12年)。

・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=12年10月28日放送分)。

・イベントで握手のかわりにアゴを握って貰う。

・東京マラソンを完走(=14年)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在