白井健三

白井健三

■白井健三(しらい けんぞう)

 

□肩書き

 体操選手

 

□本名

 白井健三

 

□生年

 1996(平成08)08.24(乙女座)

 

□出身地

 神奈川県横浜市

 

□出身校

 横浜市立寺尾中学校

 神奈川県立岸根高校

 日本体育大学

 

□略歴(満年齢)

 13年(17歳)世界選手権優勝(ゆか)。

 16年(20歳)リオ五輪で2種目メダル(団体で金、跳馬で銅)。

 17年(19歳)世界選手権2種目優勝(ゆか、跳馬)。

 ※主な出演:

  テレビ「おしゃれイズム」

 

□サイズ

 161㎝

 

□特記事項

・史上最年少代表

・リオ五輪で2種目メダル


■白井健三

 

□幼少時代〜

・父親が体操教室「鶴見ジュニア体操クラブ」を経営。

・3人兄弟の末っ子。兄が2人いる。

・子供の頃は人見知りだった。

・食卓の目立つ場所に「白井家の家庭内ルール」を書いた紙が貼られていた。

 「うそはつかない」「約束は守る」「こそくな事をしない」「物を大切にする」

・3歳の時に体操を始めた。

・兄も体操をやっていた。

 兄への対抗心で兄ができる技はできるまで練習した。

・得意科目は日本史、苦手科目は数学。

・大学時代、各学年1人づつ4人部屋の寮生活。


■白井健三

 

□私生活

・水泳(クロール)が苦手(平泳ぎはできる)。

・球技が苦手。

・好きなテレビゲーム…「ツムツム」「キャンディクラッシュ」。

・ジェットコースターに乗っている最中に職業病で地面を探してしまう。

・争い事が嫌いな性格。

 ※試合の雰囲気がピリピリしていると「だから試合は嫌なんだよ」と思う

・「女子力が高い」とよく言われる。

・Twitterをやっている(=14.07現在)。

・父親、長兄、次兄は日体大体操部出身(次兄は在籍中=14.07現在)。


■白井健三

 

□人間関係

・内村航平…兄貴分的存在。

・白井勝太郎…長兄。体操選手。14年アジア大会日本代表。

・白井晃二郎…次兄。体操選手。

・山本彩(NMB48)…憧れている芸能人。

・村上舞彩…日体大体操部。交際を噂された(=16年)。

■白井健三

 

□エピソードなど

・史上最年少で世界選手権の日本代表に選出(=13年)。

・「ひねり王子」「Mister Twist」と呼ばれる。

・常にポジティブ思考で競技に挑む。

・オールラウンダーを目指している。

・世界選手権2種目優勝(団体、ゆか=15年)。

・世界選手権2種目優勝(ゆか、跳馬=17年)。

・攻めの体操を目指している。

・結果よりも「できる事をやりきったかどうか」にこだわる。

 失敗して1位よりもやりきって2位の方が嬉しい。

・リオ五輪団体決勝最終種目の演技前にとても緊張した(ゆか、演技順1番手)。

 「こんなに緊張するなら体操なんてやらなければ良かった」と思った。

・リオ五輪団体メンバーにメッセージを添えたオリジナルアルバムをプレゼントした。

 団体金メダルが決まった瞬間に「これでアルバムが充実する」と思った。

・自らの名前がついたオリジナル技が6つある(ゆか3跳馬3=18.04現在)。

・手作りのお守りをチームメイトにプレゼントする。

・日本体育大学助教授に就任予定(=21年4月)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在