由利徹

由利徹


■由利徹(ゆり とおる)

 

□肩書き

 芸人 俳優

 

□所属

 ムーランルージュ新宿座(42年〜51年)

 脱線トリオ(56年〜61年)

 

□本名

 佐々木清治

 

□旧芸名

 南啓二

 宇留木三平

 

□生年

 1921(大正10)05.13(牡牛座)

 

□没年

 1999(平成11)05.20(享年78)肝臓がん

 

□出身地

 宮城県石巻市

 

□略歴(満年齢)

 59年(38歳)映画「カックン超特急」主演。

 62年(41歳)映画「ニッポン無責任時代」出演。

   74年(53歳)ドラマ「寺内貫太郎一家」出演。

 ※他の主な出演:

  映画「網走番外地シリーズ」「トラック野郎シリーズ」

  ドラマ「時間ですよ」「ムー」「ゆうひが丘の総理大臣」


■由利徹

 

□幼少時代〜

・父親は大工。

・6人きょうだいの次男(3男3女)。

・小3の時、レビュー劇団に入団を志願して断られた。

・勉強は苦手だった。

 

□私生活

・酒が好き。

・住んでいた所…東京都杉並区。

・外国が苦手。


■由利徹

 

□人間関係

・佐山俊二…盟友。

・レオナルド熊…弟分。

・八波むと志、南利明、由利徹…脱線トリオのメンバー。

 3人で痛飲してタクシー運転手とモメて警察のお世話になり、

 釈放時に「脱線しちゃったな」と由利が呟いて「脱線トリオ」を名乗る事になった。

 八波は自動車事故で37歳で他界。

・大泉滉…多数の映画にコンビで出演。

・高倉健…映画「網走番外地」シリーズで共演。

・北島三郎、千昌夫、小林幸子…舞台公演で多数共演。

・森繁久彌…同時期にムーランルージュ新宿座に在籍。

・たこ八郎…弟子。

・志村けん…志村に弟子入りを志願されて断った。

・高平哲郎…由利に関する著書「喜劇役者の時代」の作者。

・明美(秀子)…SKD出身。?年結婚。

・子供:

 長男…裕二。

 次男…浩二。


■由利徹

 

□エピソードなど

・19歳の頃、悪友と一緒に家出して上京。

 叔母の家に居候して梱包の仕事をした。

・陸軍に召集されて暗号要員として中国戦線に出征。

・ムーランルージュ新宿座で活動。

・新宿セントラル、横浜セントラルで幕間コント(ストリップ劇場)。

・第2回帝劇ミュージックオペラ「マダム貞奴」出演(=51年)。

・50年代後半の脱線トリオの最盛期は超多忙。

 映画は年20本以上、テレビは月40本、舞台にも出演。

・主なネタ…パントマイム「花街の母」。

・主なギャグ…

 「オシャ、マンベ」

 「チンチロリンのカックン」

 「どーしてそうなのョ」

・「オシャ、マンベ」は映画「網走番外地」シリーズの長万部ロケ中に思いついた。

・「全てのお笑いはセックスにつながる」が持論。

・キャバレーの営業が好き。

・根は照れ屋。普通の演技は恥ずかしい。

・日本喜劇人協会会長に就任(=91年)。

・赤塚不二夫など見舞客が酒盛りしている中で最期を迎えた。

凡例:20.01現在=2020年1月現在