田中将大

田中将大

■田中将大(たなか まさひろ)

 

□肩書き

 プロ野球選手 メジャーリーガー

 

□所属

 楽天イーグルス(07年〜13年)

 ニューヨーク ヤンキース(14年〜)

 

□本名

 田中将大

 

□生年

 1988(昭和63)11.01(蠍座/A型)

 

□出身地

 兵庫県伊丹市

 

□出身校

 伊丹市立昆陽里小学校

 伊丹市立松崎中学校

 駒大苫小牧高校

 

□略歴(満年齢)

 07年(19歳)高校生ドラフト1巡目で楽天イーグルスに入団。

 13年(25歳)24勝0敗で最多勝。日本シリーズ優勝。

 14年(26歳)ポスティングでニューヨーク ヤンキースに移籍(7年契約)。

 ※入団、移籍は野球シーズン年度

 ※主な出演:

  テレビ「ガキの使いやあらへんで!!」「しゃべくり007」

  ラジオ「オールナイトニッポン」

  CM    「オロナミンCドリンク」「キリンビール」「東京西川」

 

□趣味

 競馬 ボウリング ゴルフ

 

□サイズ

 188㎝ 

 

□特記事項

・妻は里田まい

・開幕24連勝(プロ野球記録=13年)

■田中将大

 

□幼少時代〜

・子供の頃はあまり体が丈夫でなかった。よく風邪をひいた。

・小1の時、少年野球チーム・昆陽里タイガースに入団。

・小1から中1まではキャッチャー専任。

 座ったまま1塁に牽制球を投げる強肩だった。

 高学年になると対戦チームのランナーが走ってこなくなった。

・中1の時、ボーイズリーグ・宝塚ボーイズに入団。

・中1の秋、宝塚ボーイズの監督に勧められてピッチャーに転向。

・中学時代、重さ1㎏の竹バットで100mの柵越えを連発。

・中学時代、おとなしくてシャイな性格だった。

・中学の卒業文集に「僕の夢はプロ野球選手です」と書いた。

・北海道・苫小牧の高校に野球留学。

・高校時代、氷点下10℃以下で雪が積もったグラウンドで普通に練習した。

・高1の時、ピッチャーとキャッチャーをやっていた。

・高1の時、キャッチャーで明治神宮大会に出場。

・高2の夏、高校2年生投手史上初の150㎞/hをマーク。

・高校通算458奪三振。


■田中将大

 

□私生活

・好物…卵かけご飯。いくら丼。オムライス(大好物)。

 フォアグラのソテー。かぼちゃの煮物。

・嫌いな食べ物…カキフライ。冷やしトマト。

・得意料理…お好み焼き。

・好きな酒は麦焼酎、梅酒、甘いお酒。シーズン中は殆ど飲まない。

・時差ボケが治りづらい(1週間は続く)。

・高所恐怖症。

・好きな歌手…ももいろクローバーZ(大ファン)。

・ボウリングのハイスコアは200以上。 


■田中将大

 

□人間関係

・小島瑠璃子…家族ぐるみのつきあい。

 ニューヨークの田中の自宅に遊びに来た事がある。

・大石達也、大野雄大、大嶺祐太、小山雄輝、斎藤佑樹、澤村拓一、

 前田健太、山田大樹、吉川光夫、秋山翔吾、梶谷隆幸、坂本勇人、

 堂上直倫、柳田悠岐…同年齢(同学年)のプロ野球選手。

・坂本勇人…小学校・中学時代の同級生。

 同じ少年野球チームでバッテリーを組んでいた(坂本がピッチャー)。

・オコエ瑠偉、松井裕樹、則本昂大、浅村栄斗、鈴木大地、

 福山博之、田中将大、銀次、美馬学、涌井秀章、嶋基宏、

 岸孝之、今江敏晃、藤田一也、岩隈久志

 …楽天イーグルス所属(前身・移籍・引退・監督を含む)。

・伊達みきお、富澤たけし…楽天イーグルスのファン。

・三木谷浩史…楽天イーグルスのオーナー。

・大西沙季…北海道日本ハムファイターズのチアリーダー。

 高校のクラスメイト。

・奥村幸治…中学時代のチーム(宝塚ボーイズ)の監督。

 オリックスで打撃投手を務めて「イチローの恋人」と呼ばれた。

 奥村からイチローイズムを注入された。

・山崎三孝…少年野球チーム・昆陽里タイガースの監督。

・遠藤章造(ココリコ)…番組で共演した時に遠藤の仲介で妻の連絡先を貰った。

・高橋みなみ(AKB48)…憧れている芸能人。

・奥村幸治…宝塚ボーイズの監督。

・里田まい…タレント。12.03.20入籍。

・子供:

 長男…16.02.15誕生。出産に立ち会った。

 長女…19.06.07誕生。出産に立ち会った。


■田中将大

 

□エピソードなど

・1年目、3試合連続でKOされたが負けがつかず、

 野村克也監督が「マー君、神の子、不思議な子」とコメント。

・全項目をクリアして沢村賞(=11年)。

・28連勝(プロ野球記録=12年〜13年)。13年は開幕24連勝0敗。

・楽天初のパリーグ優勝を決めた西武戦で9回1イニングを投げた(=13年)。

 ワンアウト2塁3塁から栗山、浅村に対して全球ストレートで2者連続三振。

・日本シリーズ第6戦で160球で完投負け(=13年)。

 翌日の第7戦でラスト1イニング登板。

・ポスティングでニューヨーク・ヤンキースに移籍(7年契約)。

 7年1億5500万ドルで契約(投手としてMLB史上5番目の高額契約)。

・16試合連続QS(メジャータイ記録=14年)。

・右肘の部分断裂で故障者リスト入り(=14年)。

 選手間投票1位で初選出されたオールスター戦を出場辞退。

・シーズン終了後に右肘骨棘の削除手術を受けた(=15年)。

・野球人生初の1イニングで被本塁打4本(=16.09.22レイズ戦)。

・ヤンキースで3年連続開幕投手(=15年〜17年)。

・MLB勝率歴代1位(=17.04.08現在)。

 ※1901年以降500イニング以上登板対象

 ※通算82試合登板、44勝17敗、勝率.721

・日本人投手最速でメジャー通算50勝(101試合=17年)。

・負けたら終わりの地区シリーズ第3戦で7回3安打無失点で1-0の勝利に貢献(=17年)。

・メジャー1年目から5年連続2ケタ勝利(日本人投手初=18年)。

 ※日米通算で10年連続2ケタ勝利

・メジャー1年目から5年連続12勝以上(1950年以降5人目=18年)。

・ウブロのアンバサダーに就任。

・4回目のMLB開幕戦先発で初勝利、MLB通算800奪三振(=19.03.28)。

・日本人メジャー初の6年連続2桁勝利(=19年)。

・ポストシーズン初登板から7試合連続2失点以下はMLB史上初(=19.10.14現在)。

・右肘の骨片を取り除くクリーニング手術を受けた(=19年10月)。

・実戦形式の練習で打者のライナーが頭部を直撃(=20.07.04)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在