片岡鶴太郎

片岡鶴太郎


■片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優 画家 

 

□所属グループ

 ガンリーズ

 

□本名

 荻野繁雄

 

□旧芸名

 岡鶴太郎

 

□生年

 1954(昭和29)12.21(射手座/O型)

 

□出身地

 東京都荒川区西日暮里

 

□出身校

 荒川区立真土小学校

 荒川区立第十中学校

 都立竹台高校

 

□略歴

 81年(27歳)テレビ「オレたちひょうきん族」出演。

 86年(32歳)ドラマ「男女7人夏物語」出演。

 88年(34歳)映画「異人たちのとの夏」出演。

 ※他の主な出演: 

  映画 「SADA」「釣りバカ日誌17」「この空の花 長岡花火物語」

  ドラマ「結婚したい男たち」「篤姫」「梅ちゃん先生」

  テレビ「オールナイトフジ」「笑っていいとも!」「鶴ちゃんのプッツン5」

  CM    「マルコメ」「味の素」「とらふぐ亭」

 

□趣味

 陶芸 生け花 ボクシング

 

□特技

 絵画

 

□資格

 インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定インストラクター

 プロボクシングライセンス

 

□サイズ

 160㎝ 43㎏(=17.06現在)

■片岡鶴太郎

 

□幼少時代〜

・父親は家具職人。

 父親が経営していた家具店が倒産。

・母親はパートや内職をしていた。

・父方の祖父は着物の下絵師。

・母方の祖父は羽子板の絵師。

・3歳年下の弟がいる。

・東京の下町、西日暮里で生まれ育った。

・父親は家庭をとても大事にしていて毎日18:00には帰ってきた。

・古いアパートの4畳半一間(台所・トイレ共同)に家族4人で住んでいた。

 アル中、宗教家、ゲイカップル、ヒモとホステスなど奇人変人ぞろいのアパートだった。

・父親は厳しかった。

 悪さをすると布団でぐるぐる巻きにされて押し入れに閉じ込められた。

・子供の頃、「お腹が空いた」と母親に言うと「昨日食べたじゃない」と言われた。

・子供の頃、弟と一緒にキャラメルを万引きして店員につかまって泣いた事がある。

・小学校時代、落語好きの父親が毎週日曜日に浅草の寄席に連れて行ってくれた。

 楽屋で落語家からサインを貰い、覚えたネタをクラスメイトの前で披露した。

・小学校時代、先生と動物のモノマネが得意でクラスの人気者だった。

・小学校時代、虫が大好きで、鈴虫を自分で孵化させた事もあった。

・小学校時代、女の子にモテてた。

・10歳の時、荒川少年少女合唱団に第1期生として入団。

・小5の時、動物のモノマネでフジテレビ「しろうと寄席」に出演。

 その当時ADだった横沢彪が一緒にネタを作ってくれた。

   ※横沢彪は「ひょうきん族」のプロデューサー

・小学校時代、将来芸人になる事を決意。

 卒業文集に「声帯模写を研究して芸能界に入りたい」と書いた。

・中学時代、「ニキビ」「油性」「剛毛」で女子から嫌われた。

 ニキビが多かったので「月面」と呼ばれた。

 女子に冷たくされたのをきっかけに女性コンプレックスになった。

・中学時代、張ってきたエラをひっこめたくて金槌で叩いた。

・中3の夏休み、都立高校進学の為に猛烈に受験勉強をやりはじめた。

 小6から勉強をやり直したらそれまで判らなかった事がどんどん判ってきた。

 時には12時間連続で勉強した。

 中3の2学期の後半にはビリから2番目から一気に10番以内になった

・高校は都内有数の進学校。

・高校時代、演劇部(部長)。

・高3の時、演劇部の女の子と初交際。


■片岡鶴太郎

 

□私生活①

・好物…寿司(光モノ)。雑炊。味噌汁(自分で毎朝作る)。

 ステーキ。シュウマイ。ふぐ。しめサバ(大好物)。

 落花生(茹でて食べる)。ひよこ豆。クルミ(大好物)。ナッツ。

 岩塩(刺身を塩で食べる)。

 果物。バナナ。グレープフルーツ(前日にカットして冷蔵庫に入れておく)。

 豆煎餅。ぬれ甘なっと。あんみつ。酒ケーキ。牛乳。

 甘いもの(大好物、特にあずきが好き)。

・食事は基本1日1食(朝食のみ=18.11現在)。

 旬の果物と野菜をたくさん摂る。

 自分1週間分程度を作り置きしておく。ほぼ菜食。

・ぬか漬けを漬けている。長いロケの時は持って行く。

・夕食は酒のつまみ程度。夜に食事会がある時はそれまで殆ど食べない。

・空腹でお腹が鳴るくらいの状態でないと眠れない。

・酒が好き。休日にはお昼過ぎから飲む。

 好きな酒はビール、日本酒(純米大吟醸)、芋焼酎。

 日本酒の純米大吟醸をワイングラスで飲む。

 悪酔いしないように酒と一緒に水を大量に飲む。

・健康法…薬石入りのミネラルウォーター(1日3ℓ)。玄米。

 微生物酵素。梅エキス。鼻うがい。ミストサウナ。古代インドヨガ呼吸法。

 スクワット。ストレッチ。ウォーキング。

   ボクシング(50歳から再開、疲れ過ぎないように30分、週5回)。

・毎朝4時間古代インドの呼吸法、ヨガ、瞑想をやる(12年頃から続けている=17.11現在)。

   古代インドの呼吸法でウエストが54㎝まで減った。

   瞑想をマンツーマンで10時間かけて教えて貰った。

 自分の意識で内蔵を動かす事ができる。

 ※インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定インストラクターを取得

・冷え性。冬場のロケの時に使い捨てのカイロを体中に貼る(股間にも貼る)。

・体重約43㎏(=18.11現在)。

・ボクシングをはじめて1年間で体重が65㎏から50㎏まで落ちた。

   酒量が減って自然に禁煙できた。ボクシングをはじめた当初は縄跳びもできなかった。

・20代半ばから髪の毛がうすくなり始めたが土俵際でふんばっている。

・左きき。字や絵を描く時は左手を使う。ボクシングも左構え。

・夕方に寝て1:00に起きて7時間かけて1日の準備をする。

 ヨガや呼吸法を2時間、頭と滑舌の鍛錬を1時間、瞑想1時間、食事2時間、身支度1時間。

 睡眠時間1時間でも瞑想をやった方がスッキリする。

・125歳まで生きたいと思っている。

・齒磨きに20分かける(以前は40分かけていた)。

・1日2回各1時間入浴して汗を出す。

・好きな作家…種田山頭火。

・ドキュメンタリー番組で人が頑張っているのを見ると泣けてしまう。

・お正月はなぜか毎年テンションが落ちる。

・電化製品の操作が大の苦手。ビデオの予約録画ができない。

・赤が入った服が好き。

・レディースの服を着る。

・ペット…

 ヒキガエル4匹(=13.08現在)。

 金魚6匹(テーブル型の水槽で飼っている=12.11現在)。

・住んでいる所…東京都新宿区(一戸建て、自宅)、東京都港区白金台(アトリエ)。

 基本的にアトリエに寝泊まりしていて自宅にはほとんど帰らない(=06.03現在)。


■片岡鶴太郎

 

□私生活②

・いきつけ…

 もんじゃ「大木屋」(西日暮里、800グラムのステーキ=13.12現在)。

 洋食屋「小川軒」(代官山)。

 寿司「おけいすし」(渋谷区神宮前)。

・ボクシングをはじめる前は夜中に寿司と焼肉をハシゴしてラーメンでシメる

 暴飲暴食の毎日でとても太っていた(最大65㎏)。

・32歳の時、肉体的精神的に余計なものをそぎおとそうと思って

 幼い頃から憧れていたボクシングを始めた。

・ボクシングをはじめて1年間で体重が約15㎏以上落ちた。

・ボクシングのプロライセンスを特別に獲得(=88年)。

・ボクシングのスパーリングで「もしかしたら殺されるかもしれない」

 という恐怖感を味わってから生放送の本番で全然緊張しなくなった。

・極度の方向音痴。もよりの駅から自宅に帰れない。

 自分が泊まっているホテルで迷子になる。スタジオから楽屋に戻れなくなる事がある。

 知らない所を散歩するとドキドキする。

・運転免許を持っていない(=09.03現在)。

・台本は移動車の後部座席でしか覚えられない。

   長台詞がある時はぐるぐる何時間も廻って貰う。

・現金を一切持ち歩かない(=17.10現在)。

・温泉が大好き。年末年始によく草津温泉に行く。

・ひとりでいる時より人と一緒にいる時に孤独を感じる。

・50歳からメールを始めた。

・父親は91歳、母親は86歳(=18.02現在)。

・弟は自身のマネージャー(=11.09現在)。

・長男がもつ焼き屋「のんき」を経営(2店舗=09.03現在)。

・長男はプロボクシングライセンスを持っている。

・仕事がブレイクした頃は毎晩女遊びをしていた。たまにひとりで寝るとホッとした。


■片岡鶴太郎

 

□人間関係

・ビートたけし…友人。売れない頃からの仲。

・笑福亭笑瓶…友人。若い頃によく六本木で一緒に遊んだ。

・ダチョウ倶楽部…友人。飲み友達。事務所の後輩。

・河口恭吾…友人。河口の「桜」を聞きながら絵を描く。

・さかなクン…友人。一緒に食事・温泉に行く。自宅に遊びに来た事がある。

・武豊…友人。飲み友達。

・西田敏行…友人。メール友達。

・福田彩乃…友人。よく一緒に食事する。

・タモリ…友人。以前月に1回一緒に飲んでいた。

・安倍晋三、石田純一、デーブ・スペクター、酒井ゆきえ、松任谷由実

 …友人。「昭和29年会」のメンバー。※04年発足

・古舘伊知郎、鎧塚俊彦、秋野暢子…友人。

・綾小路きみまろ…若い頃にキャバレーの司会で共演、司会向けのネタを教えて貰った。

 きまみろに紹介して貰った店で衣装を作った。

・高橋英樹…絵の弟子。NHK教育「趣味悠々」の企画で片岡を師匠に墨彩画に挑戦。

・田中好子、鳩山幸…絵の弟子。

・春一番…弟子。片岡の付き人をやっていた。

・松村邦洋…松村の芸能界入りの面倒を見た。 

・林家いっ平、林家正蔵…高校の後輩。

・神田正輝…同じ誕生日。

・恵俊彰…誕生日がちょうど10年違い。恵の最初の相方が片岡に弟子入りした。

・明石家さんま、島崎俊郎、島田紳助、渡辺正行、ラサール石井、山田邦子

 …テレビ「オレたちひょうきん族」で共演。

・とんねるず、松本伊代…テレビ「オールナイトフジ」で共演。

・秋吉久美子…映画「異人たちとの夏」で夫婦役で共演。

・大林宣彦…大林監督の映画「異人たちのとの夏」「SADA」の監督。

・渡嘉敷勝男…ボクシングの師匠。

・鬼塚勝也…元世界チャンピオン。マネージャーとしてセコンドを務めた。

 初めて会った時に「こいつは世界チャンピオンになるな」と感じた。

・畑山隆則…元WBA世界フェザー級チャンピオン。マネージャーを務めた。

・明石家さんま、奥田瑛二、池上季実子、大竹しのぶ、小川みどり、賀来千香子

 …ドラマ「男女7人夏物語」で共演。

 池上が幹事で「7人の会」を結成して朝まで一緒に遊んだ。

・美保純…デュエット曲「二人のメラメラ」をリリース。

・秋元康…秋元が作詞したシングルを多数リリース。

・梅沢昌代…高校の演劇部の1年先輩。

・片岡鶴八…師匠。高校卒業後に弟子入り。漫談と声帯模写で知られる芸人。

・村上豊…画家。墨絵、油絵の師匠。

・伊藤敏夫…小学校・中学校の同級生。家が近所だった。毎日一緒に遊んだ。

 ※「ウチくる!?」に出演(=13年12月1日放送分)

・渥美清…子供の頃から憧れていた。※故人

・比企理恵…片岡のファン。

・池上季実子…ドラマ「男女7人夏物語」で共演。交際を噂された。

・宮前真樹…交際を噂された。

・智子…一般女性。77年結婚、17年3月離婚。

   松山・道後温泉のホテルでショーの司会の仕事をしていた時の照明スタッフ。

   妻の両親(大衆演劇の役者)に結婚の挨拶をした時、義父が妻に

 「鶴ちゃんは芸人なんだからどれだけ遊んでも一切文句を言うな」と釘を刺した。

・子供:

 長男…貴匡(たかまさ)。35歳、飲食店経営(=17.11現在)。

 次男…31歳、現代アーティスト(=17.11現在)。

 三男…30歳、「銀座奥田」の料理長(=17.11現在)。

 ※孫が2人いる(=17.08現在)


■片岡鶴太郎

 

□画家としてのエピソードなど

・41歳の頃から絵を描き始めた。

・描きたくなったらいつでもどこでも筆を持つ。

 疲れた時や落ち込んでいる時には特にいいものが出来る。

・床に座って描く事が多い。

・魚、植物、風景を描く事が多い。描き終わった魚は刺身にして食べる。

・人物は殆ど描かない。

・墨絵が得意。

・中国の古い墨を愛用(値段は1本数百万円)。

・空腹状態な方が集中できるので絵を描く時は朝食だけしか食べない。

・棟方志功を心の師と仰いでいる。

・真鶴で取れる魚を描くことが多いので、毎年真鶴で絵画の展覧会を開いている。

・初個展を開催(=95年)。

・銀座で個展「鶴太郎・織と染展」を開催(=99年)。

 鶴太郎が布に描いた絵を西陣の技術で織り上げた作品を展示

・NHK「趣味悠々」絵画教室講師(=04年)。

・作品を展示する施設が全国4カ所ある。

 草津片岡鶴太郎美術館、福島片岡鶴太郎美術庭園、伊万里片岡鶴太郎工藝館、

 山中片岡鶴太郎工藝館(=05.03現在)

・アトリエを「素顔がイイねっ!」で公開(=05年5月21日放送分)。

・1年250点ペースで描く。

 焼き物、着物デザインなどをあわせると年間制作数は200点以上。

・空腹状態の方が絵を描く集中力が出る。

 時間がある時は朝8:00から昼食を摂らずに夕方まで10時間描き続ける。

・モネを心の師と仰いでいる。

・着物をデザイン。

・絵本「フルーツパフェ」を上梓(講談社)。

・筆跡がつくのが嫌なので指で油絵を描く。


■片岡鶴太郎

 

□エピソードなど

・高校の卒業式の日、その足で清川虹子の家に行き、

 朝まで待って土下座して弟子入りを志願したが断られた。

・松村達雄にも弟子入りを志願したが断られた

・片岡鶴八の通い弟子時代、友人の家のプレス工場でアルバイト。

   機械の音がうるさくて大声でモノマネの練習をするのに好都合だった。

・21歳から2年半、トランポリンを使ったアクロバットコントで全国を回った。

 ※コントグループ・隼ジュンとガンリーズに参加

・ガンリーズを辞める際に「この世界で生きられないようにしてやる」と言われた為、

 ほとぼりが覚めるまで知人のツテで松山・道後温泉のホテルで半年間ショーの司会をやった。

・売れない頃、スナック勤めで家計を支えてくれたにもかかわらず、

   売れないうっぷんを妻にぶつけていた。

 鼻が骨折する程殴りつけたり、頭を持って壁にガンガンぶつけたりした事もあった。

・東宝名人会のオーディションに合格(=78年)。

・モノマネのレパートリー…

 渥美清。金子信雄。具志堅用高。郷ひろみ。小林旭。近藤真彦。

 坂上二郎。小森和子。浦辺粂子。岡村勝正(リーブ21社長)。

・主なギャグ…「〜してちょんまげ」。ぴーよこちゃん。

・テレビ「オレたちひょうきん族」で様々な体を張った企画に挑戦。

 深さ4mの水槽に重りをつけて沈められて死にそうになった。

 海でイカダから落ちて沖合いにどんどん流されて偶然通りかかった漁船に救助された。

 あつあつおでんコントで口の中を火傷。

 収録中にウンコをちびった事があるらしい。

・一番忙しかった時のレギュラーは週12本。

 最高月収は現金で大きな紙袋1個分(数千万円?)。

・20代の頃は「寝たくない男」ランキングの常連だった。

・シングル「IEKI吐くまで」「酔うほどに…」をリリース。

・副業…タレントショップ「鶴太郎」(原宿→廃業?)。

・初出演映画「異人たちのとの夏」でキネマ旬報助演男優賞を受賞。

・映画「異人たちのとの夏」で演じた寿司職人は口調など全て父親をモデルにした。

・走行中のクルマの中で台本を覚える。

・晴れ男。

・ドラマの家庭内暴力シーンの撮影で腰椎を外した

 (相手の子役は小栗旬、接骨院で入れて貰った=00年頃?)。

・長男・貴匡が「素顔がイイねっ!」に出演(=05年5月21日放送分)。

・ライブイベント「片岡鶴太郎の『鶴やしき』第1回寄席あつめ」を開催(=19年)。

 約30年ぶりのライブ。エド・はるみ、彦摩呂、松村邦洋などが落語や漫談を披露。

凡例:19.01現在=2019年1月現在