瀬戸康史

瀬戸康史


■瀬戸康史(せと こうじ)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 瀬戸康史

 

□生年

 1988(昭和63)05.18(牡牛座/A型)

 

□出身地

 福岡県嘉麻市

 

□略歴

 08年(20歳)ドラマ「仮面ライダーキバ」主演。

 12年(24歳)ドラマ「眠れる森の熟女」出演。

 14年(26歳)映画「僕は友達が少ない」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「テニスの王子様」「八犬伝」「夕陽伝」

  映画 「となりの801ちゃん」「呪怨 黒い少女」「貞子3D」

      ドラマ「恋空」「江 姫たちの戦国」「あさが来た」

  テレビ「おはスタ」「スタジオパークからこんにちは」「あさイチ」

  CM    「大塚製薬 オロナミンC」「ネスレ ネスカフェエクセラ」

  

□趣味

 読書 マンガ 映画観賞 ゲーム 絵画 イラスト

 

□サイズ

 175㎝ B80W69H90 靴のサイズ26.5㎝

 

□特記事項

・妹は瀬戸さおり

・妻は山本美月

■瀬戸康史

 

□幼少時代〜

・3人きょうだいの長男。妹がふたりいる。

・街灯がない超田舎で育った。

・目立ちたがり屋でやんちゃな子供だった。

・子供の頃、よく女の子に間違われた。

・習いごと…習字。サッカー。水泳。

・小学校時代、トラックに轢かれそうになった時に

 何かに後ろに引っ張られて時間が巻き戻るような体験をした。

・小学校〜中学時代、サッカー部。

・中2の時、昼休みに渡り廊下で告白してOKを貰った。

 放課後一緒に帰って彼女の玄関の前で初キス。

 高1まで交際して向こうからフラれて泣いた。

・友人と一緒に洋服をリメイクした。

・反抗期が全くなかった。反抗期が激しかった妹を親に替わって叱った。

・将来獣医になりたいと思っていた。


■瀬戸康史

 

□私生活①

・好物…卵かけご飯。釜飯。カップヌードル(カレー味)。

 さつまいも。芋ようかん。

 甘いもの(和菓子、洋菓子両方好き)。

・料理を全くしない(=11.09現在)。

・食事のデリバリーをよく利用する。

・酒は全く飲めない。

・筋肉がつきにくい体質。

・夜中の0:00になると眠たくなる。

・マスクをしないと眠れない(使い捨てマスクを使う)。

・寝る前に必ずシャワーを浴びる。

・掃除、整理整頓が好き。毎日掃除機をかける。

・好きなアーティスト…

 ビッグワン(韓国人男性5人組)。

 ワンダーガールズ(韓国人女性5人組)。

・映画のDVDを多数所有。

 ジャケットを見て気になった作品を購入する。

・ディズニーソングが好き。

・お笑いが好き。

・無心になりたい時はiPadで絵を描く。

・帽子、Tシャツ、メンズスカートが好き。

・収集…「ワンピース」グッズ。

・インドア派。

・妄想が好き。


■瀬戸康史

 

□私生活②

・東京の人混みが怖い。渋谷が大嫌い。

・テンションを上げたい時は「テンションが上がっている自分」を演じる。

・時間に余裕を持って行動する。

 待ち合わせ時間の1時間前に着く。

・子供の頃から霊感がある。

 父親以外の家族全員が霊感がある。

 北乃きいと一緒に霊を見た事がある。

 緑山スタジオでよく霊を見る。

・頑固・短気でマイペースな性格。

・10代の頃は人見知りが激しく、人付き合いが苦手だった。

・家族ととても仲が良い。

 上京する時に家族から貰った手紙を常に財布にいれてある。

・上京後2〜3ヵ月ホームシックでひとりで泣いていた。

・好きなタイプ…古風な感じの女性。

・好きな女性に自分から直接告白する。

・女性に告白して断られた事がない(=11.09現在)。

・デートプランは彼女に決めて貰いたい。

・彼女にフラれた事がある。

・「東京の女性」が怖い。

・以前は30歳までに結婚したいと思っていた。

・マンガ、イラストは夫婦共通の趣味。


■瀬戸康史

 

□人間関係

・高橋一生…友人。「こうちゃん」と呼ばれる。舞台で兄弟役で共演。

 よく高橋の自宅に遊びに行って手料理をふるまって貰う。

・長谷川博己…友人。何度もふたりで食事。ドラマ「まんぷく」で共演。

・栗原類…友人。映画「僕は友達が少ない」で共演。

・瀬戸康史…友人。仕事の悩み相談に乗ってあげる。

 映画「寝ても覚めても」で共演。

・草刈民代…ドラマ「眠れる森の熟女」で草刈の相手役を務めた。

・豊川悦司、山里亮太…尊敬する先輩。

・オードリー、しずる、はんにゃ、ロッジ…好きなお笑いタレント。

・稲川淳二…稲川の怪談LIVEに何度か行った。

・瀬戸さおり…妹。モデル、女優。

・山本美月…20.08.07入籍。同郷。


■瀬戸康史

 

□エピソードなど

・母親が申し込んだ第2回D-BOYSオーディションで準グランプリ(=05年)。

 オーディションの自己アピールで福山雅治の歌を歌った。

・初のドラマ出演の際、連日監督からダメ出しをされ毎日泣いていた。

・17歳〜20歳の頃、事務所の寮に住んでいた。

 先輩と共同生活で自分の生活スペースは2畳だった。

・お金がなくて1日1食しか食べられない事があった。

・井上陽水、タラちゃん、ドナルドダッグ、スーパーマリオのモノマネができる。

・自作の紙芝居をイベントで披露する。

・スタッフの飲み会に参加した事がある。

凡例:20.01現在=2020年1月現在