瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴


■瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)

 

□肩書き

 作家 僧侶

 

□本名

 瀬戸内寂聴

 

□別名

 瀬戸内晴美

 

□生年

 1922(大正11)05.15(牡牛座)

 

□没年

 2021(令和03)11.09(享年99)

 

□出身地

 徳島県徳島市

 

□出身校

 徳島県立高等女学校

 東京女子大学国語専攻部

 

□略歴(満年齢)

 56年(34歳)処女作「痛い靴」発表。

 73年(51歳)中尊寺で得度(天台宗)。

 92年(70歳)「花に問え」で谷崎潤一郎賞。

 ※主な出演など:

  テレビ「徹子の部屋」「人生が変わる1分間の深イイ話」「TOKIOカケル」

  著書「夏の終り」「田村俊子」「女徳」

 

□趣味

 通販


■瀬戸内寂聴

 

□幼少時代〜

・実家は仏壇屋。

・母親は戦争の空襲で他界。

・姉がいる。

・子供の頃、食べ物の好き嫌いが多かった。

・小3の頃、将来小説家になりたい、と思った。

・小学校時代、担任に綴方(作文)の文章の剽窃を疑われ、

 母親が学校に乗り込んで猛抗議してくれた。

・高校時代、陸上部。

   3種競技(競争、走り高跳び、やり投げ)をやっていた。

・20歳の時に20日間の断食に挑戦。


■瀬戸内寂聴

 

□私生活

・好物…肉(毎日食べる)。フォアグラ。キャビア。アワビ。

 豆類。アップルパイ(大好物)。マカロン。イタリア料理。

・嫌いな食べ物…にんじん。トマト。

・酒が大好き。好きな酒は日本酒。自宅にBARスペースがある。

・健康法…水平足踏み運動を毎日300回。かりん酒。

 ブルーベリー(乾燥ブルーベリーをワインに漬けておく、飲み続けたら視力が回復)。

 フレッシュグレープフルーツジュース。

・白内障の手術を受けた(=03年頃)。

・胆のうがんの手術を受けた(=14年)。

・機械に弱い。FAX、携帯電話が苦手。よくFAXを誤送信する。

・整理整頓が苦手。

・テレビが好き。

・好きな作家…村上龍。

・住んでいる所…京都府京都市右京区嵯峨野(敷地面積500坪、7LDK=19.08現在)。

 自宅は「寂庵」と呼ばれている。庭に日本庭園を作った。

・京都御苑のそばに別宅(羅紗庵)がある(=14.03現在)。

・庭でお茶を栽培している。

・いきつけ…ステーキ「ぼるた」(京都=11.12現在)。

・ブランコが好き。

・若い頃によくバリに海外旅行に行った。

・好奇心旺盛。

・好きなタイプ…才能がある男性。ルックスが良い男性。

・夫の教え子の男性と不倫交際をして、3歳の娘を残して家を出た。

・「恋多き女」と呼ばれた。

・出家後は淫行(セックス)を断っている。


■瀬戸内寂聴

 

□人間関係

・横尾忠則…親友。「前世で横尾は息子だった」と信じている。

・萩原健一…友人。「お母さん」と呼ばれる。

 大麻事件の際に萩原に隠れ家を提供。

・石原慎太郎…友人。若い頃からの仲。

・藤原竜也…友人。

・中村美律子…中村のシングル「風まかせ」を作詞(歌謡曲の作詞に初挑戦=05年)。

・市川海老蔵…憧れている芸能人。追っかけをしていた。

・香取慎吾…憧れている芸能人。

・瀬尾まなほ…秘書。仕事・私生活を24時間体制で全面サポート。66歳年下。

 秘書の仕事を始めるまで瀬戸内の著書を読んだ事がなかった。

 ※「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演(=18年1月22日放送分)

・井上光晴…作家。不倫交際を噂された。

・元夫…北京大学講師。43年結婚、50年離婚。

 東京女子大学在学中に見合いで結婚。

・子供:

 長女…44.08.01誕生。北京で出産。

 ※ひ孫が3人いる(3人とも女児=19.11現在)


■瀬戸内寂聴

 

□エピソードなど

・戦時中は中国・北京に住んでいた。

・離婚を機に小説を書き始めた。

・小説「花芯」は多くの批評家から「ポルノ小説」「子宮作家」と批判され、

 その後数年間文壇から冷遇された。

・岩手県二戸市の天台寺住職を兼職、

 岩手と京都と往来して荒廃した寺の復興に尽力。

・女性からの相談をよく受ける。

・月に1回青空説法をする。

・湾岸戦争に反対する断食で意識を失って倒れて入院、

 2日後に意識を取り戻した時には戦争が終わっていた。

・原発再稼働に抗議して経済産業省前でハンガーストライキに参加。

・東北に足を運んで東日本大震災の被災者を支援。

・手書きの原稿は字が乱雑で読みにくいらしい。

・朝まで徹夜で仕事をする事がある(96歳時の発言)。

・執筆中にぽっくり逝きたいと思っている。

凡例:19.01現在=2019年1月現在