渡部暁斗

渡部暁斗

■渡部暁斗(わたべ あきと)

 

□肩書き

 ノルディック複合選手

 

□所属

 北野建設

 

□生年

 1988(昭和63)05.26(双子座)

 

□出身地

 長野県白馬村

 

□出身校

 長野県白馬高校

 早稲田大学スポーツ科学部

 

□略歴

 14年(26歳)ソチ五輪銀メダル(個人ノーマルヒル)。

 18年(30歳)ピョンチャン五輪銀メダル(個人ノーマルヒル)。

 18年(30歳)W杯個人総合優勝。

 

□趣味

 登山

 

□サイズ

 173㎝

 

□特記事項

・世界選手権優勝

・五輪2大会連続銀メダル

■渡部暁斗

 

□幼少時代〜

・3歳年下の弟がいる。

・小学校時代、体育の授業にスキーが組み込まれていた。

 校庭にスキーのジャンプ台があった。

・小学校時代、ゲームが大好きだった。

・小3の時、長野五輪のスキージャンプ団体を会場で生観戦、

 会場の凄まじいエネルギーを体感してスキー選手になる気持ちが芽生えた。

・小学校の卒業文集に「ジャンプで世界一になる」と書いた。

 

□私生活

・健康法…座禅。

・夏の登山やバックカントリー(スキー)の最中に命の危険を感じた事がある。

 

□人間関係

・エリック・フレンツェル…ライバル。同い年。

 五輪2大会連続金メダル(14年、18年)。

・渡部善斗…弟。ノルディック複合選手。

・渡部由梨恵(旧姓・山崎)…14年結婚。フリースタイルスキー選手。ピョンチャン五輪代表。

 

□エピソードなど

・他の競技・運動を積極的にトレーニングに取り入れる。

 自転車、水泳、相撲、空手、古武術、ピラティス、ボルダリング、

 パドルボート、トレイルラン、マウンテンバイク、など。

 レベツアップの方法を徹底的に研究して取り組む。

 相撲の四股は体幹を鍛えるのに役立つ。

・W杯個人総合6シーズン連続3位以内(2位3回、3位3回=12年〜17年)。

・W杯4連勝(=18年)。

・W杯白馬大会前日の練習ジャンプで着地後に転倒して左肋骨を骨折(=18年)。

 白馬大会2連戦後の検査で骨折が判明、骨折を抱えた状態でピョンチャン五輪に出場。

 帰国後の会見で「試合には影響がなかった」「怪我をしてなくても勝てなかった」と話した。

・93年荻原健司以来2人目のW杯個人総合初優勝(=18年)。

・W杯通算19勝(日本人最多タイ=21.01.25現在)。

・世界選手権3位(日本人選手初の3大会連続表彰台=21年)。

・見ていて面白いレースをして勝つ事を目指している。

 クロスカントリーで駆け引きの為にスピードを落とすのは嫌い。

凡例:20.01現在=2020年1月現在