渡辺真起子

渡辺真起子


■渡辺真起子(わたなべ まきこ)

 

□肩書き

 女優 モデル

 

□本名

 渡辺真起子

 

□生年

 1968(昭和43)09.14(乙女座)

 

□出身

 東京都

 

□略歴(満年齢)

 99年(31歳)映画「M/OTHER」主演。

 07年(39歳)映画「殯の森」出演。

   20年(52歳)映画「浅田家!」出演。

 ※他の主な出演など:

  映画「愛の予感」「愛のむきだし」「最低。」

  ドラマ「まんぷく」「TOKYO MER」

 

□サイズ

 166㎝

 

□SNSなど

・Twitterフォロワー数約7600人(=21.09現在)

 

□エピソードなど

・18歳の頃からモデルとして活動。

・映画「バカヤロー! 私、怒ってます」で女優デビュー(=88年)。


■石井めぐみ

 

□幼少時代〜

・父親は警察官。

・両親が厳しかった。

 ルールを守らないとすぐ殴られた。

 中学入学後も20:00就寝だった。

・習いごと…そろばん。茶道。華道。ピアノ。歌。芝居。日舞。バレエ。

 放課後のスケジュールは習い事でいっぱいで友人と遊ぶ時間はなかった。

・中学時代、放送部。昼休みの校内放送でDJを担当。

・中学時代、落合恵子の深夜放送を聴いていた。

・高校時代、陸上部のマネージャー。

 土曜の午後は毎週のように競技場に行っていた。

・大学時代、友人と一緒に少女マンガサークル「おとめちっくクラブ」を設立。

・大学時代、シネマ研究会。

・学生時代、男性からの電話は取次いで貰えなかった。


■石井めぐみ

 

□私生活

・料理が大好き。

・健康法…野菜カルシウム酢。

・持病…腸閉塞。

・アレルギー体質。

・パソコン(Mac)を12台所有(=14.10現在)。

・収集…人形(30体所有、1体平均15万円=14.10現在)。

・住んでいる所…東京都国立市(4LDK、00年に7000万円で購入、リビング22畳=14.10現在)。

・長男の介護の為にほとんど次男の面倒を見る事ができなかった(離婚後の親権は夫)。

■石井めぐみ

 

□人間関係

・松崎しげる、国広富之…ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」で共演。

・ビートたけし、明石家さんま…テレビ「オレたちひょうきん族」で共演。

・元夫…映画監督。25歳の時に結婚、4年で離婚。初めて交際した男性らしい。

・近広史…テレビディレクター。90.01結婚、00年8月離婚。交際5ヵ月で結婚。

 離婚後もメールをやりとりする友人。

・子供:

 長男…優斗。92年誕生。先天性脳障害を患う重度障害児。※99年に出血性ショックで他界

 次男。


■石井めぐみ

 

□エピソードなど

・大学2年の時に自主映画「僕の青い鳥」に主演。コンテストで女優賞を受賞。

・映画「僕の青い鳥」を見た松竹のプロデューサーにスカウトされた。

・大学卒業後、商業映画やドラマに出演する傍ら、自主映画に出演。

・子供っぽく見られるイメージからの脱却する為に篠山紀信撮影でヌード写真集を出した。

・29歳の時に「オレたちひょうきん族」のコントでセーラー服の女子高生役を演じた。

・テレビ「ビデオギャラリー」「トライ&トライ」「くらべてみれば」司会。

・長男の成長を綴った著書「笑ってよ、ゆっぴい」出版(フジテレビ出版=96年)。

・ドキュメンタリー「ゆっぴいのばんそうこう」は25%の視聴率を記録、

 放映後に10万通を越す手紙が来た。

 明石家さんまナレーションを担当(ノーギャラ)。

・ドラマ「ウルトラマンダイナ」にゲスト出演(=98年)。

・障害児が暮らしやすい環境作りの為の活動に取り組んでいる。

 重度心身障害児の親の会「てんしのわ」に参加。

 全国各地で講演、資金作りの為にCDを自主制作。

・車イスバスケットをテーマにした映画「ウイニング・パス」に出演(=04年)。

・就職活動用証明写真のカメラマンをしている(=14.10現在)。

 志望する業態に合わせてメイクをする。合格率80%。料金15000円。

・人形をひとコマづつ動かして撮影してオリジナルドラマを制作(=14.10現在)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在