渡辺えり

渡辺えり


■渡辺えり(わたなべ えり)

 

□肩書き

 女優 演出家

 

□所属

 劇団300(78年〜97年)

 

□本名

 土屋えり子

 

□旧芸名

 渡辺えり子

 

□生年

 1955(昭和30)01.05(山羊座/O型)

 

□出身地

 山形県山形市

 

□出身校

 山形西高校

 舞台芸術学院

 

□略歴(満年齢)

 96年(41歳)映画「Shall we dance?」出演。

 13年(58歳)朝ドラ「あまちゃん」出演。

 14年(59歳)映画「舞妓はレディ」出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「青春かけおち編」「いこかもどろか」「カンゾー先生」

  ドラマ「春よ、来い」「元禄繚乱」「OUT」

  テレビ「バイキング」「スタジオパークからこんにちは」

 

□趣味

 写真

 

□サイズ

 160㎝


■渡辺えり

 

□幼少時代〜

・父親は教師。

・弟がいる。

・30世帯しかない小さな村で5歳まで育った。

・両親がGHQの指導に忠実に従って欧米人並みの栄養を与えてくれたので太ってしまった。

・切手を集めていた。

・弟とはげしい兄弟げんかをよくした。

・子供の頃、遠くに光が見える街が東京だと思っていた(実は山形市)。

・子供の頃、お誕生会などのイベントで自分で脚本を書いて泣きながら練習。

・小学校低学年の頃、いじめられっ子だった。

・小5の時、謝恩会で劇「光る黄金の入れ歯」を上演(作・演出・主演)。

 初めて書いた本格的な戯曲(同級生と共作)。

・中学時代、演劇部がなかったので合唱部に入った(部長)。

・中学時代、教室でスカートが落ちてみんなにパンツを見られた事があった。

・高校時代、演劇部。

・高校時代、フォークグループ「終着駅」を結成してフォークジャンボリーに参加(3位)。

・高1の時、舞台「ガラスの動物園」を観て「芝居がやりたい」と猛烈に思った。

 楽屋訪問をして長岡輝子に「どうしたら役者になれますか?」と訊いてアドバイスを貰った。

・舞台芸術学院の学生時代、おでん屋「酒処おでん やま」(東京都豊島区)でアルバイト。

 おかみさんは誰よりも数多く渡辺の舞台を観てくれた。


■渡辺えり

 

□私生活

・好物…寿司。コハダの握り(大好物、30カン食べた事がある)。

   インスタントラーメン(大好物)。おでん。ハンバーグ。

   ウニ。ホヤの酢の物。あわ紅豆腐。温野菜。ナスの浅漬け。ふきのとう。

 食用菊。あけび。パイ菓子「里の山」。

・嫌いな食べ物…赤飯。タルタルソース。

・得意料理…芋煮。

・食べる事が大好き。太りやすい体質。早食い。

・好きな酒…日本酒の熱燗。飲みに行くと途中で帰らない。

・禁煙外来に通ってニコチンパッチを使って3ヵ月かけて禁煙した。

 禁煙以前は1日100本のヘビースモーカーだった(30年間喫煙)。

・健康法…イチョウの葉エキス(認知症予防)。オリーブ茶。玄米。

・約50種類のダイエットに挑戦して全て失敗した。

 ダイエットの為のサプリメント、器具を多数購入。

・泣き虫。

・肩凝り性。

 仕事の時に必ず肩に湿布を貼る(湿布を貼らないと思った言葉がすぐに出てこない)。

・ひとつの舞台脚本を書く為に50〜60冊の本を読む。

 自宅に3000冊以上の本がある。

・喉が痛い時は漢方の飲み薬を飲む(日本には売っていない)。

・小学校時代から低血圧。

・超夜型。深夜に絶好調になる(深夜に脚本を書く)。朝6:00〜8:00頃に寝る。

・神経質。時計の音が聞こえると絶対に眠れない。

・お風呂が好き。毎日じっくりつかる。新聞を読みながら1時間入浴する。

・風呂上がりに全裸でフラダンスを踊るのが好き。

・ホラー映画が苦手。怖過ぎて映画の途中で劇場を出た事がある。

・通販が好き。

・片付けるのが苦手。

・2歳の時に観た映画を覚えている。

・新しもの好き。

・花柄などかわいい感じのモノが大好き。

・ペット…

 犬2匹(親子、名前は愛子と笑子=05.10現在)。

 猫1匹(名前は夢彦=05.10現在)。

・住んでいる所…東京都世田谷区(二世帯住宅を購入してリフォーム、

   20畳のけいこ場がある=05.10現在)。

・いきつけ…

 おでん「やま」(池袋)。

 「徳家」(大阪・千日前、大阪公演の度に行く、クジラのハリハリ鍋がおいしい)。

・カラオケの十八番…沢田研二「時の過ぎゆくままに」。

・ペンギンが大好き。

・浅草が好き。

・深夜営業のスーパーが好き(原稿書きに煮つまると行く)。

・おみくじでよく「凶」をひく。

・道を覚えるのが得意。

・電車で人間観察をするのが好き。

・プライベートで旅行に行く時は事前にガイドブックを熟読する。

・ひとり旅でルーマニアの田舎(マラムレシュ)をまわった事がある。

・根は人見知り。

・社交辞令が嫌い。

・父親から毎週手紙が来る(全部保存してある)。

・母親が介護施設に入っている(=16.03現在)。

・処女を失うまでは霊感が強かった。

・21歳の頃、彼氏に「俺を取るのか芝居を取るのか」と迫られて「芝居を取ります」と答えた。

・20代前半の頃に交際中の彼氏と結婚しようと思ったが親に反対されて諦めた。

 その男性と30歳頃まで約8年間交際して結局別れた。

・失恋して9㎏やせて自殺を考えていた時に夫と失恋の相談をして酔った勢いで仲良くなった。

 交際当初は周囲にバレないようにこっそり会っていた。

・劇団員に対して「劇団員同士の恋愛は禁止」と言っていたので示しがつかないので結婚した。

・新婚の頃に夫が「世界で一番かわいい」と言ってくれた。

・新婚の頃はよく夫とベタベタしていた。

・キレて文句を言ったら夫が料理を作ってくれるようになった。

 それまでは家事は一切してくれなかった。

・夫と「ツッチー」「えりちゃん」と呼び合う。

・夫は佐渡島出身。

・夫と一緒に海外旅行に行くと毎回現地でケンカになる。


■渡辺えり

 

□人間関係

・中村勘三郎(故人)…親友。同い年。仲人。

 会うとひたすら芝居の話をした。

 酔ってケンカして馬乗りになって中村の首を締めた事がある。

・風吹ジュン、根岸季衣…友人。

   3人で集まってお茶1杯で朝まで盛り上がる。

・藤真利子…友人。独身時代はしょっちゅう一緒に飲んでいた。

・大竹しのぶ…友人。

 舞台でアドリブの応酬で悪口を言い合って仲良くなった。

・キムラ緑子…友人。よく電話で話す。

・宇梶剛士…友人。売れない頃に渡辺が主宰する劇団300の舞台に出演。

 舞台の稽古を巡って言い争いになり顔面をビンタした事がある。

・ケーシー高峰、ウド鈴木、トモ(テツandトモ)、三浦昌朗(ロケット団)

 …友人。同郷(山形県出身)。

・斉藤暁、波乃久里子…友人。

・田中美佐子、飯島直子、伊藤英明…ドラマ「OUT」で共演。

 4人で東京ディズニーランドに行った。

・柄本明…飼っている犬の子供をあげた。

・もたいまさこ…舞台芸術学院の同級生。

 もたいの実家で時々食事をごちそうになった。

・豊川悦司…劇団300に在籍、演出助手をやっていた。

・テツ(テツandトモ)…劇団300に在籍していた。

・美輪明宏…美輪の舞台の演出助手をやっていた。

 美輪のアドバイスで芸名を「えり子」から「えり」に改名。

・深沢敦…ボイストレーニングの先生。

・あき竹城…顔が似ているとよく言われる。

・沢田研二…小6の時から憧れている。

 修学旅行で京都に行った時に沢田の実家に行って庭の松の木の枝を記念に折ってきた。

 沢田に会いたくて芸能界を志して東京に出て来た。

 学生時代にタイガースの解散番組の山形での放送を求めて署名活動をした。

 沢田の60歳記念ライブでサインボールをゲットした。

・弟…中学の国語教師。

・土屋良太…俳優。劇団300の劇団員。95.07.07入籍、19.04.07離婚発表。12歳年下。


■渡辺えり

 

□エピソードなど

・上京して最初に住んだ部屋は3畳一間共同水道共同トイレ。

・上京したての頃、パン屋でアルバイト(時給120円)。

・アルバイト先のパン屋で貰った2個のパンだけで1ヵ月暮らした事がある。

・上京に際して母親から「絶対に人からお金を借りるな。何か困った事があったら交番に行け」

 と言われていたので、交番に行って「カツ丼を食べたいから500円貸して下さい」と言ったら

 「そんな事の為に貸せない」と断わられて号泣しながら帰った事がある。

・共同トイレ・共同炊事の風呂なしアパートに30歳過ぎまで11年間住んでいた。

 エアコンがなかったので夏場は信用金庫の客用の机で原稿を書いた。

・6畳一間のアパートに住んでいた時に泥棒に入られて2000円を盗まれた。

・「ゲゲゲのゲ」で岸田國士戯曲賞を史上最年少で受賞(=83年)。

・30代半ばの時に初めて風呂付きの部屋に住んだ。

・週に3日おでん屋でアルバイトをして他の日に食事代を削って舞台や映画を観た。

・売れない頃にホステスのアルバイトをした。

 客にセックスを迫られると「結婚するんですね?」訊いた(全員逃げた)。

・ドラマ「おしん」に出演した時、あまりにも山県弁が自然だったので

 「女優ではなく地元の女性が出ている」と言われた。

・ドラマ「おしん」のギャラで滞納していた家賃を払った。

・演劇界の男女差別をなくす為に男性の3倍働いた。

・勝新太郎の芝居を観た後で悪気なく勝新太郎本人に駄目出しをした事がある。

・自宅にけいこ場を作るまではホールの抽選に外れると公園で稽古していた。

・舞台の本番前に毎回緊張する。

・嘘をつくと鼻を触ってしまう癖がある。

・シャンソンのライブを開催(=98年)。

・CD「風が吹いてきたら」をリリース(=99年)。

・劇団宇宙堂を旗揚げ(=01年)。

・「イラク攻撃と有事法制に反対する演劇人の会」を結成して

 イラク戦争をテーマにした反戦朗読劇「あきらめない−演劇は非戦の力」を上演(=03年)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=05年10月15日放送分)。

・美輪明宏の助言で芸名を「渡辺えり子」から「渡辺えり」に改名(=07年)。

・日本劇作家協会副会長に就任。

・役作りで減量する為に断食道場に行った事がある。

・講演の仕事が多い。

・年2〜3回コンサートを開催。

・渡辺えり演劇塾を主宰(=15年現在)。

・毎日新聞で人生相談を担当(=17年)。

・両親が「メレンゲの気持ち」にVTR出演(本人撮影=17年9月16日放送分)。

・主な著書:

 戯曲   「ゲゲゲのげ」「タ・イ・ム 夢坂下って雨が降る」

 エッセイ集「こんな女になってみたい」「うたた寝のジュリエット」

 童話集  「屋根裏部屋のハミング」

凡例:19.01現在=2019年1月現在