渡瀬恒彦

渡瀬恒彦


■渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 渡瀬恒彦

 

□生年

 1944(昭和19)07.28(獅子座/AB型)

 

□没年

 2017(平成29)03.14(享年72)多臓器不全

 

□出身地

 兵庫県淡路市(淡路島)

 

□出身校

 三田学園高校

 早稲田大学法学部除籍

 

□略歴(満年齢)

 80年(36歳)映画「震える舌」主演。

 83年(39歳)朝ドラ「おしん」出演。

 06年(62歳)ドラマ「警視庁捜査一課9係」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「友情 秋桜のバラード」「インスペクターコールズ」

  映画 「仁義なき戦い」「神さまのくれた赤ん坊」「敦煌」

  ドラマ「ちりとてちん」「十津川警部シリーズ」「おみやさんシリーズ」

      CM  「JAバンク」「セキスイハイム」

 

□趣味

 日曜大工 散歩 素潜り ゴルフ 

 

□サイズ

 174㎝

 

□特記事項

・兄は渡哲也

・元妻は大原麗子

■渡瀬恒彦

 

□幼少時代〜

・父親は日立製作所のサラリーマン→洋品店経営。

・3歳年上の兄がいる(渡哲也)。

・子供の頃、父親が脱サラして淡路島に洋品店を開店。

・父親は頑固一徹でとても厳しかった。

・高校は全寮制(兄と同じ高校)。

・高校時代、成績優秀でスポーツが得意でケンカも強かった。

 悪い事をしても処分が軽かった。

 渡哲也は「恒彦の兄」と呼ばれていた。

・予備校時代、新大久保の6畳1間のアパートに兄と一緒に住んでいた。

・大学時代、空手道部。

・大学時代、トリスバーに通っていた。


■渡瀬恒彦

 

□私生活

・好物…ラーメン。うどん。そば。スパゲティ。ゴーヤの塩昆布あえ。

・得意料理…みそ汁(前日から煮干しでだしを取る)。豚汁(現場で空き時間に作る)。

・酒はあまり飲めない。

・健康法…散歩(近所の川沿いを往復3時間歩く、途中の店のトイレで服を着替える)。

・胆嚢がんの手術を受けて投薬治療中と報じられた(日刊スポーツ16年5月26日号)。

・脳梗塞を患って一時半身麻痺になった(=94年)。

・旅先に必ずマイ枕を持って行く。

・スポーツクラブが苦手。

・ボーッと庭を見て何もせずに休日を過ごす事がある。

・日曜大工で子供のすべり台やブランコを作った。

・自宅の庭でゴーヤ、ヘチマを栽培(=13.09現在)。

・自宅の庭に来る野鳥にエサをあげる(肉の油身、ジュース、ヒマワリの種など)。

・子供の頃から犬が好き。

・ペット…

 犬(ラブラドールレトリバー、牝12歳、名前はディド=06.04現在)。

 鯉、鮒、金魚、熱帯魚(=時期不詳)。

・住んでいる所…東京都世田谷区成城(=13.09現在)。

・犬の散歩で成城から三鷹まで行く事がある(往復4時間)。

・素潜りが好き。シュノーケルで水深5m辺りまで潜る。

・振り込め詐欺の被害に遭いかけた事がある。

・よく家族でキャンプに行った。

・子供たちが学生のうちは必ず週に1回は家族そろって食事をとるようにしていた。

■渡瀬恒彦

 

□人間関係

・不破万作…飲み友達。

・松方弘樹…釣り仲間。

・高倉健…東映の先輩。腕時計をプレゼントして貰った。

・津川雅彦…一緒にボランティア活動をする。

・大信田礼子…大信田が高校生の時に家庭教師をしてあげた。

・伊東四朗…ドラマ「十津川警部シリーズ」で長年共演。

 同一俳優コンビによる共演回数最多記録を更新中(=13.09現在)。

・梅宮辰夫、北大路欣也、千葉真一、松方弘樹、山城新伍…昔からの映画仲間。

 6人でトムソーヤ企画を設立して映画「せんせい」を製作(監督は山城=89年公開)。

・石井輝男…デビュー作「殺し屋人別帳」の監督。

・錦織圭…遠い親戚(渡の祖母と錦織の母方の曾祖父がきょうだい)。

・阿久悠(故人)、上沼恵美子、大地真央、宮地真緒…淡路島出身。

・渡哲也…兄。俳優。ドラマ「あまくちからくち」で兄弟役で共演(=71年)。

・大原麗子…女優。73年結婚、78年離婚。

・妻…?年結婚。

・子供:

 長男… 渡瀬暁彦。TBS社員(=04年入社)。

 長女…ブライダル関係の会社に勤務(=04.09現在)。


■渡瀬恒彦

 

□エピソードなど

・1単位不足の9月卒業見込みで広告会社(電通PRセンター)に入社。

 入社後3年間授業料を払い続けたが結局単位は取れずじまいだった。

・浅丘ルリ子の相手役オーディションに内緒で兄の履歴書を送った事がきっかけで

 兄がスカウトされてニューフェースとして日活に入社、

 俳優の仕事を始めた兄への対抗意識から自分も俳優の道に進んだ。

・「大倉純」という芸名を付けられそうになったが気に入らなかったので断った。

・デビュー当初、暴力モノ、チンピラやくざモノなどのアクション映画に多数出演。

・映画「事件」で日本アカデミー賞助演男優賞(=78年)。

・映画「震える舌」でキネマ旬報主演男優賞(=80年度)。

・「子供の幸せを願う活動」を目的とする「サンクスの会」を発足(=90年)。

  市川猿之助、緒方拳、津川雅彦、谷村新司が発起人に名を連ねた。

・アマゾン川で乗っていたボートが転覆して同乗の番組コーディネーターが水死(=98年)。

・日本エジプト合作映画「ナイル」主演(=99年)。

・厳しい自然条件の中での仕事を多数経験。

 映画「南極物語」…北極(南極は商業撮影はNGなので北極で撮影)

 映画「敦煌」…モンゴルの砂漠

 映画「ナイル」…アフリカの砂漠

・トーク番組が苦手。

・2時間ドラマに多数出演。

・副業…ペンション経営(西伊豆・戸田)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在