淡路恵子

淡路恵子


■淡路恵子(あわじ けいこ)

 

□肩書き

 女優

 

□本名

 井田綾子

 

□生年

 1933(昭和08)07.17(蟹座/AB型)

 

□没年

 2014(平成26)01.11(享年80)食道がん

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 戸越尋常小学校

 都立第八高等女学校中退

 

□略歴(満年齢)

 49年(16歳)映画「野良犬」出演。

 61年(28歳)ドラマ「若い季節」出演。

 63年(30歳)映画「新・夫婦善哉」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「櫂」「向島物語」「毒薬と老嬢」

  映画 「駅前シリーズ」「社長シリーズ」「ダウンタウン・ヒーローズ」

  ドラマ「春日局」「火の用心」「はるちゃん5」

 

□趣味

 料理 テレビゲーム 相撲観戦

 

□特記事項

・元夫は萬屋錦之介


■淡路恵子

 

□幼少時代〜

・父親は海軍の職業軍人。テニスのコーチをしていた。

・母親は助産婦、看護婦、和裁の先生。

・長女。兄が2人いる。

・子供の頃から負けず嫌いだった。男の子とケンカしても負けなかった。

・子供の頃、古い畳にのって近所の山を滑って遊んだ。

・小学校時代、成績優秀で運動神経抜群だった。

・小学校時代、国語の勉強が好きだった。

・小学校時代、休み時間に木登りや鉄棒をして遊ぶのが大好きだった。

・戦時中、3ヵ所に疎開した。小学校を5回転校した。

・母親に「医大に行って医者になれ」と言われて育った。

・戦時中、母親が世話をしていた妊婦を気遣って東京に残って仕事を続けた。

・高等女学校1年の時、父親が結核で他界。

・高等女学校時代、多摩川園の劇場でレビューを見てダンサーになる事を決意した。


■淡路恵子

 

□私生活

・好物…牛丼(チェーン店で持ち帰りする)。

 五目焼きそば。ステーキ(大好物)。

 刺身(大好物)。どじょうの丸鍋。生卵(毎朝食べる、お酒のつまみにする)。

 里芋(大好物)。ちりめん山椒。ぬか漬け。海苔。

 アイスクリーム。アイスコーヒー。

・嫌いな食べ物…甘いもの。

・得意料理…スペアリブ。きんぴらごぼう。こんにゃく炒め。里芋煮。チキンアドボ。

 ピカデリオ。

・基本的に1日1食(=12.12現在)。

・料理を作る時は買物、料理、飾り付け、後片付けまで全部自分でやる。

・ひとりようの小さな炊飯器を愛用。

・食材にこだわりがある。デパ地下が大好き。

・体重を増やす為に夜中に料理をして食事を摂る。

・タバコを吸う(=13.06現在)。

・健康法…お風呂でツボを押す。

・肩凝り性。

・好きなアーティスト…マイケル・ジャクソン(ジャクソン5時代から好き)。

・好きな俳優…イ・ビョンホン。

・好きなテレビゲーム…RPG(「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」、

 2日徹夜してやった事がある、腱鞘炎になった事がある、着信音はドラクエのテーマ)。

・ニュース番組、天気予報が大好き。

・ピーチジョンのふわもこ素材の服を愛用。

・ブランドや流行にこだわらない。

・普段はジーンズも着る。

・帽子とサングラスを愛用。

・住んでいる所…東京都・四谷(=13.06現在)。

・麻布十番に約10年住んでいた。

・いきつけ…

 喫茶店「西琲亜」(麻布十番=13.06現在)。

 スーパーマーケット「ナニワヤ」(麻布十番=13.02現在)。

・デパ地下が大好き。

・巨人ファン。負けた時はスポーツニュースは見ない。

・母親譲りの勝気な性格。人に気弱なところを見せるのが嫌い。

・メールは大嫌い。

・息子・萬屋吉之亮が淡路の自宅マンションにベランダの窓ガラスを破って侵入、

   淡路が住居侵入で告訴して実刑判決(=04年)。

・息子・萬屋吉之亮が自宅マンションで首つり自殺(享年36=10.06.16)。

・ビンボー・ダナオのフィリピンの妻子に仕送りをしてあげていた。

・ビンボー・ダナオと未入籍のまま11年間生活した。

・錦之介と結婚していた21年間は芸能活動を休止。

・錦之介は家にスタッフ・友人を呼ぶのが大好きで毎晩酒盛り。

 年末年始は何十人も泊まりに来た。全員分の料理を作っていたので毎日くたくただった。

・錦之介との結婚時代、家計は火の車だった。 

 酒代節約の為に高いウイスキーを安いウイスキーで割ってボトルに入れ直して出していた。

・錦之介がオーナーを務めていた中村プロが負債総額13億円で倒産と同時に、

 錦之介が重症筋無力症で長期入院(泊まり込みで看病した=82年)。

 借金を返す為にに六本木のクラブのママとして働いた。

・中村プロ倒産騒動の際、筋の良くない債権者に軟禁された。


■淡路恵子

 

□人間関係

・デヴィ夫人…友人。若い頃からの仲。50年以上のつきあい。

・内海光司…友人。ドラクエ仲間。

・春日宏美…友人。SKDの後輩。

・淡島千景…友人。子供の頃から憧れていた。淡島に憧れて芸名に「淡」をつけた。

 舞台「毒薬と老嬢」で共演。「お姉ちゃま」と呼ぶ。※故人

・黒沢明…初出演映画「野良犬」の監督。芸名「淡路恵子」の名付け親。※故人。

・森繁久彌…映画「駅前シリーズ」「社長シリーズ」で共演。※故人

・草笛光子、深草笙子…SKD時代に3人でスリーパールズとして売り出された。

・宮本亜門…母親は元SKDのダンサー。

・貴乃花光司…相撲界に入った頃から応援していた。息子と同じ学校だった。

・岩上水紀子(一般人)…喫茶店「西琲亜(セピア)」のママ。自宅に遊びに来た事がある。

 ※「誰だって波瀾爆笑」に出演(=13年2月17日放送分)

・ビンボー・ダナオ(フィリピン人歌手)…55年結婚、65年離婚(未入籍の事実婚)。

 女優やお手伝いさんと何度も浮気していた事を離婚後に知った。

・萬屋錦之介…俳優。66年結婚、87年離婚。※故人97.03.10他界

 映画「丹下左善飛燕居合斬り」で共演(=66年)。

 「子供を連れてウチに来て下さい」とプロポーズされた。

 役者としてかなわないと思ったので家庭でサポートする道を選んで女優を引退した。

 離婚の原因は錦之助の不倫(相手は淡路の親友)。

・子供:

 長男…島英津夫。61.01.05誕生。俳優。父親はビンボー・ダナオ。離婚後ひきとった。

 次男…照史。父親はビンボー・ダナオ。離婚後ひきとった。

 三男…小川晃広。俳優。交通事故で他界(享年22=90年)。父親は錦之介。

 四男…萬屋吉之亮。俳優。父親は錦之介。


■淡路恵子

 

□エピソードなど

・女学校を中退してSKD(松竹歌劇団)に第4期生として入団(=48年)。

   歌も踊りも全く習った事がなかったが20倍以上の難関を突破して合格(1000人中50人)。

・SKDのレッスンはとても厳しく終了後は立っていられない程だった。

・SKDの研究生時代に黒沢明監督作品「野良犬」にダンサー役で出演。

 黒沢明の映画を観たことがなく、映画に興味がなかったので選ばれても嬉しくなかった。

・SKDの初舞台で主役の1人に抜擢された。

・アメリカ映画「トコリの橋」に出演(和製モンローと呼ばれた=53年)。

・映画「女体は哀しく」でブルーリボン賞助演女優賞を受賞(=57年)。

・映画「男はつらいよ・知床旅情」で女優復帰(=88年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在