沢松奈生子

■沢松奈生子(さわまつ なおこ)

 

□肩書き

 テニス選手

 

□本名

 沢松奈生子

 

□生年

 1973(昭和48)03.23(牡牛座/O型)

 

□出身地

 兵庫県西宮市

 

□出身校

 デュッセルドルフ日本人学校

 私立夙川学院中学校

 私立夙川学院高校

 松陰女子大学卒業

 

□略歴(満年齢)

 91年(18歳)全仏オープンベスト16。

   95年(22歳)全豪オープンベスト8。

 98年(25歳)現役引退。

 ※主な出演:

  テレビ「ちちんぷいぷい」「素顔が一番」「ひるおび!」

  ラジオ「かんさい土曜ほっとタイム」

 

□趣味

 スキー

 

□サイズ

 168㎝

 

□特記事項

・叔母は沢松和子

・WTA世界ランキング14位(最高位)


■沢松奈生子


□幼少時代〜

・父親は元テニス選手。ウィンブルドン混合ダブルスベスト16。

・母親は元テニス選手。ウィンブルドン女子ダブルスベスト8(=70年)。

・母方の叔母・和子は元テニス選手。ウィンブルドン女子ダブルス優勝(=75年)。

・曾祖父は大阪貿易の創始者。

・祖父は元テニス選手。関西テニス協会副会長。

・弟がいる。

・JR西宮駅から徒歩5分、敷地700坪、11部屋の大豪邸に住んでいた。

 自宅の庭に曾祖父が作ったテニスコートがあった。

 ※阪神大震災で倒壊(家族は無事)

・子供の頃、同居していた叔母(当時はまだ現役選手)が自宅のテニスコートで練習していた。

・テニスを始めた頃、打ち返した球が相手コートに入ると両親が「うまい! 奈生子は天才だ!」とほめてくれた。

・子供の頃、テニスをやるのは当たり前だと思っていた。

・家族全員が22:00までに寝て5:00には起きていた。

・5歳から10歳まで父親の仕事の都合でドイツ・デュッセルドルフに住んでいた。

・6歳の時、両親と一緒にウィンブルドンを生観戦、「ここでテニスをやりたい」と思った。

・ドイツ時代、サッカー、水泳、スキーをやり、「自分は団体スポーツに向いてない」と感じた。

・ドイツ時代、地元の州のテニスの大会で優勝。

・ドイツ時代、ドイツ人の友達とドイツ語で話していた。

・ドイツ時代、日本人学校の野球チームに参加(エースで4番)。

・ドイツから帰国後、専門のコーチをつけて本格的にテニスを始めた。

 朝5:00から2時間練習、午後は基礎体力作り、土日は1日中コートに立った。

・中学時代、成績優秀だった。

・中3の時、生徒会長。

・両親から一般常識に関して厳しく躾られた。テニスに関しては怒られた事はなかった。

■沢松奈生子

 

□私生活

・好物…レモンパイ。

・テレビの時代劇が好き。

・現役引退後、テニス以外にジョギング、スキーなど色々なスポーツをやっている。

・いきつけ…

 レストラン「みやす」(三宮、神戸牛ステーキがおいしい)。

 ケーキ屋「エルベラン」(夙川駅前、子供の頃から利用)。

 大丸デパート神戸店。

・好きなタイプ…おおらかな性格の男性。